2017年04月27日

公文が中学受験に役立つところ、イマイチなところ



やってて良かった、公文式。


って、いつ本人がそう思うんかな〜って感じですが、
中学受験勉強に際して、公文が役立つところ、イマイチなところを挙げてみます。


★役立つところ
・算数の計算力
算数の計算力は基本的な算数筋力がついている状態です。
どんな問題でも計算は必ずつきまといますし、
計算が苦でないというのは公文のおかげだと思います。


・国語の教材で文章読むのに慣れている
公文の教材で大量のいろんな文章を読んできています。
時々「続きが気になるから本読みたい〜」という時もあります。
最近では辻仁成の「そこに僕はいた」を読みたがりました。
中学受験に限らず良いですね〜。
国語の基礎力は養われると思うので、続けてもいいかな〜と思います。


★イマイチなところ
・計算以外の図形や文章題がない
計算以外の問題は自力で頑張りましょう〜って感じです。
中学受験しないなら公文式で計算力に特化して力をつけておくのはアリです。
でも中学受験勉強に、と考えると、そこはカットして
図形や文章題に力を注ぎたいと思ってしまいます。


そんな感じで、国語は中学受験にも役立つ、算数は微妙、と思います。


公文で計算力を高めつつ中学受験勉強もしたいけど、
中学受験に関係ない計算問題をやるのも何となくストレスです。


中学受験勉強のために公文やめようかな〜〜〜と揺れています。







posted by くもんママ at 13:57| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

自宅学習での中学受験勉強の進捗状況(4月初旬スタート)



サクラサク中学受験 勉強法ベースでの中学受験勉強の進捗状況は
こんな感じです。


P4220259.jpg


オリジナルの表は4教科で作られているのですが、
うちは算数と国語の2教科で作り直しています。
(国語は少し教材追加あり)


この表がすべてシールで埋まると基礎学習が完了、
中学受験対策の勉強に進みます。
(別に表があり、教材も変わります)


こういう形でシールを貼ると成果が目に見えてわかるし、
シール50個ごとにご褒美を設定しているので
ご褒美のために頑張ろう!という気持ちも湧きます。


毎日国語と算数ひととおりやるようにしていますが、
算数が遅れがちですね。
(国語は教材が3つに分かれているのでシールが貯まりやすい)


引き続き頑張っていきます〜〜〜




サクラサク中学受験 勉強法


posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

公文式をやっている子は百ます計算を何分で解けるか?



サクラサク中学受験 勉強法で百ます計算が採用されているので、
最初の頃は毎日やっていました。
(最近はタイムクリアしているのでサボりがちですが・・・)


公文式を続けているうちの子は計算が早い方です。


百ます計算だと、
足し算・・・最高:1分4秒、最低:2分
引き算・・・最高:1分20秒 最低:2分13秒
掛け算・・・最高:1分8秒 最低:1分39秒

という感じです。
※ちなみに間違えると1問+5秒でタイム記録します


最低タイムでもサクラサク基準はクリアしています。
わり算については目標タイム設定されておりません。
(問題数が多く結構時間がかかるし、足し算・引き算・掛け算に比べて難しい)


公文の子でもっと早い子も遅い子もいるかもしれませんが、
参考に載せてみました。



百ます計算
タグ:百ます計算
posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

公文から塾へだいたいいつ頃変わるのか?&塾と公文の算数の違い


うちの子はまだ公文を続けていますが、
同じ公文教室に通っていた同級生たちはどんどん公文から塾へ変わっています。


だいたい、小4〜5年くらいで転塾の子が多いです。


公文から塾に変わった子の話を聞いてみると、
塾に変わったばかりの頃は公文の貯金があり
結構塾でもいい成績が取れる
そうですが、
だんだんと貯金がなくなると成績が落ちてきたとの事でした。
(でもちゃんと勉強できた時は成績があがる!)


あと、算数の計算の場合、
公文では理屈がわからなくてもどんどん計算するけど、
塾の場合は理屈から論理だてて説明→計算になるようなので、
理屈を学習したら分数の計算ができなくなった、とも聞きました。
(その後ちゃんとできるようになったので問題なしですが)


どっちがいいんやろうな〜という話をしていて、
それぞれ良い面、悪い面はあるかなと思います。


私は個人的には公文式の「理屈がわからなくてもいずれわかる時が来る」
という方が好きですね。


理屈を理解するには、それを理解できる地頭が必要だと思うからです。


とは言っても、公文式は計算ばかりなので、
それ以外の図形や文章題はボロボロだったりもしますし・・・
(歯がゆい〜〜〜〜〜)


塾でも計算力は問われるので百ます計算はするように言われているそうですし、
計算力は基礎かなと思います。


中学受験勉強をするにあたって、公文で培ってきた計算力で
何とかなっている部分もあります。
(解き方わからなくても力技で計算できる。ただし効率悪いのでミスしやすい)


結局、どこを取るかかな〜〜〜と思います。


ただ、塾に変わった時に公文の貯金で成績良かったという話は、
公文生には嬉しい話です。


塾に変更する場合、塾の宿題や塾での学習の取りこぼしをなくす
(自宅で間違ったところを徹底的にやり直しさせる)をすれば、
どんどん成績UPすると思います。


公文の場合は100点取らないと次に進めないので、
それをしないでいいのは楽だなぁ〜と思います。


公文にしても塾にしてもせっかく通わせているので
成績UPにつながってほしい!と強く思います。


posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

自宅学習で中学受験:ほとんどの人が中学受験勉強には使わない教材(全学年向け)


自宅学習で
サクラサク中学受験 勉強法にて勉強をスタートしましたが、
自宅学習で中学受験した方のブログも参考にいろいろ読ませていただいています。


自宅学習での勉強の基本は、問題集をやり、間違えたところは何度もやり直し、
基本的には同じ問題集を何度もやる、という形です。


でも、どの問題集を選べばいいかわからないので、
みなさん体験者のブログを読んだりしながら研究されているようです。


各自いろんな教材をご紹介されていて、それぞれ良い教材なのだと思いますし、
教材うんぬんより、この教材で!と信じた教材で頑張る方が大事だとも思います。


国語はコレで、算数はコレで・・・という感じでご紹介されていますが、
どの方の自宅学習で中学受験体験談を読んでも使われていない、
でも、サクラサクの勉強法では取り入れられている教材
があります。


その1つがコレです↓


宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編


サクラサクの勉強法では、息抜きの教材としてパズルドリルがあります。


さぁ!勉強しようか!と言ってもいきなり問題解きたくない時、
このパズルドリルだとやろうかなという気になる時が多いです。


入門編は簡単なので小学校低学年の子でも解けると思いますし、
親子でチャレンジするのも楽しいです。
(逆に親がわかっていて口出ししてしまうとめちゃ険悪な雰囲気に・・・・)


問題集を解くのはもちろん1番大事だと思うのですが、
問題集ばかりというのも結構ツライものです。


サクラサクの勉強法を知らなければ絶対にやらせなかった教材です。
個人的に、この教材があるから勉強が続けられているような気がするほど
助けられています。




サクラサク中学受験 勉強法

posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「宿題やりなさい!」より、ほんの少し効果的な声掛け



子供の宿題、


「宿題やりなさい!」とか
「宿題先にやりや〜」とか
「夕飯までに宿題終わらせてね」とか、


だいたいそんな感じで声かけていたのですが、
当たり前だけど宿題しない。


ついつい後回しになって怒られてから始め・・・


「だから先にしろって言ったやろ!」


って感じの無限ループでした。


でも、中学受験の勉強を付き添うようになってから、
声掛けが


「さぁやろか!○○にする?△△にする?」


に変わり、宿題への導入もスムーズになりました。


「(中学受験用の)○○にする?学校の宿題を先にしとく?」


という感じですね。


一緒にやる(と言っても横にいて口出したりうっとおしい存在ですが)
という事で、命令ではなく仲間になった感じです。


誰かと一緒だからできるって仕事でもありますよね。


私の場合は自営業なので、誰かがいないとサボりがちですよ(^^;)
誰かの目があって頑張れるので、カフェやマクドで仕事したりもしていました。


カフェで仕事って「カフェで仕事ってかっこいい!」ではなく、
誰か他人の目がなければ仕事さぼってしまうから、なんですよ。


親の目があると、宿題もやらざるを得ないかなぁ〜〜〜


今の問題点は勉強のスタートが遅いので(夕食後)、
寝るのがどんどん遅くなってしまっている事。


学校から帰ってすぐ勉強したくない、遊びたい、ダラダラしたい、
と、無駄に時間が過ぎていき、母が横につける夜からやっとスタート。
(時には夕食の準備せずに夕方から横について勉強みたり・・・)


本当に怒られて怒られてやっと宿題や公文をやっていたので、
スムーズに勉強するようになったって結構画期的な出来事だと思います。




オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」〜塾に頼らず2週間で成績UPする学習法〜




posted by くもんママ at 09:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

やっぱり宿題の答え、丸写しで提出していると思う〜〜〜


中学受験の勉強をスタートしてから、
日々の学校の宿題も解いているところから見るようになりましたが、
ちゃんと解けているか怪しすぎる・・・・


春休みの宿題なんか、自分で○つけして、直しも自分で青○つけて
提出しているんだけど、めちゃ○が多くて疑惑いっぱい(^^;)


間違っている漢字にも○がついていたりもするので
ちゃんとやっているのかな〜って気もしますが怪しい〜〜〜


正直なところ、毎日夕方から勉強に付きっ切り(夕食の準備&食べる時は除く)
だと他の事は何もできないんだけど、9か月だけだからとすると決めました。


で、付きっ切りで見ていると学習のアラがどんどんわかり、
結構腹が立つ(^^;)


子供の「ちゃんと自分でやってるで」は本当に怪しい。
嘘ではないんだろうけど、やり方が適当で甘すぎる。


やり直しって答え写すだけちゃうねんで〜〜〜〜〜


でも、そういう事が今、小6の段階でわかって良かったと思う。


面倒でも、他の用事ができなくても、勉強に付き添った方がいいと思う。
大きくなってきたらだんだんうっとおしいと思われるし。
(今もすでにそう思われているけど、反抗期前だしまだOKかな〜)


付き添って勉強させて自分1人でできなくなったらあかんのとちゃう?
って思うかもしれませんが、付き添わずに適当な宿題処理のまま
学年がどんどん進んで難しくなっていくとやばいかもしれない。


もし宿題のプリントやドリル、できたのだけ見ているのなら、
一度解いているところを見てあげてください。


逆にスイスイ解いていて&答えが合っていて安心する、
という事もあるかもしれません〜〜〜
(そういう部分ももちろんあります!)




サクラサク中学受験 勉強法


posted by くもんママ at 09:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

中学受験にチャレンジすると決めて良かった事


うちの場合は、身近な6年生(今中一)の子が
近所の私立中学に進学して今やっているスポーツを部活で続けていく、
という話を聞いてから、今やっているスポーツの部活がある中学の
中学受験について検討し始めたのが2月上旬。


いろいろ調べてみたものの良く分からなかったので、
候補の中学3校へ電話して見学できないか問い合わせたところ・・・


A校は部活練習も参加もできるという事で電話の2日後に訪問。
※テスト期間で他の部活がほぼお休みの中、その部活だけは
 試合前なので練習をしていました。
 成績が悪い子はテスト期間の部活に参加させてもらえない、
 というところにも好感が持てました。


B校は学校的に忙しい時期だった事と、3月下旬に軽い説明会があるので
それに参加したらどうか?&その時に部活見学もできたら?
と勧められ一旦そこでストップ。
→説明会に参加して学校見学はしましたが、部活の練習は急遽なくなり
 4月以降にあらためて部活見学&話を聞く時間を取る事に。


近所のお兄ちゃんが行っているC校は、電話問い合わせしたところ、
学校は見学できないけど、部活はやっていれば見れるので
守衛さんに声かけて入ってください、との事でした。
→その後3月上旬に学校説明会に行ってきました。


そんな感じで3校の情報が揃ったのが3月下旬で、
学校はA校かB校かな?やっぱり公立より私立がいいなぁ〜
と思いはじめ、本人が中学受験してみようと決めたのが3月末。


4月から中学受験のための問題集を購入してやらせてみました。


自分で決めた後だから問題集もやってみようという気になりましたが、
問題集のレベルが高すぎて四苦八苦。


素人がやみくもに問題集をやらせてもあかんという事がわかり、
また、どんな問題集をどれくらいのペースで進めていけばいいかも
よくわからず・・・(基礎のやり直しという事はわかりましたが)


受験まで9か月しかないので無駄な動きは極力したくないという事もあり、
思い切って「プロのノウハウを使おう」と決めました。
サクラサク中学受験 勉強法


サクラサクのノウハウに沿って予定表を本人に考えて作ってもらい
毎日の学習をスタート!


今のところ毎日コツコツ続けられていますし、
勉強が当たり前、という雰囲気になっています。


今まで学校の宿題などの声掛けは、
「宿題やった?くもんやった?」という感じだったのですが、
それでは全然ダメで・・・怒られてからやっと宿題を始める毎日でした。


中学受験の勉強については、
(1)自分で受験すると決めてからスタートした
(2)毎日どれくらい勉強するか自分で考えた

という事と、


私の声掛けが、
「さあ、○○しようか!それとも??から始める?」
という感じで、やるやらないではなく、
やる事を前提にした声掛けに変わりました。


○○と??については、子供が嫌なのと、やってもいい(楽なのとか)を
比べさせると、楽なのを選んでやってくれます。


おやつがあるけど、おかきにする?ケーキにする?って感じ(笑)
どっちにしてもおやつは食べるんやね。


こういう事って、中学受験にチャレンジすると決めなかったら
ずっと「宿題やった?くもんやった?」のまま進んでいたと思うので、
今行動修正できて良かったと思っています。


だから、もしこのまま勉強を進めていったのに受験しなかったとしても、
不合格だったとしても、やっぱり受験する事にして良かったと思います。


あと、プロのノウハウってすごいです。
知らないより知っておいた方が学習をショートカットできます。
何冊もどんどん問題集を買って何周もループしなくて良い。
※やり直しはしっかりさせますが


まだスタートしたばかりで中学受験合格するかもわからないけれど、
「サクラサク中学受験 勉強法」には本当に感謝しています。


中学受験に向けての毎日の自宅学習のやり方が、
将来、大学受験の時の自宅学習に役立つ、と手ごたえを感じています。




サクラサク中学受験 勉強法



posted by くもんママ at 08:25| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

中学受験、学習スタートは小3の2月から(塾の場合)ってどうなんでしょう?



さすがにうちの子のように
小6の4月からの中学受験勉強スタートは遅すぎるような気もしますが、
小3の2月から(塾の場合)っていうのはどうなんでしょう?


小3の2月からって事は、それまでに学校見学に行ったりして
「私立中学に行きたい!」と子供が決心できるって事だと思います。


とりあえず「私立の方が公立よりいいよ〜。だから勉強しておこうね。」
というのは何だか腑に落ちません。


特にやりたい事もないし、将来のためになるべく勉強させたい!
という親の気持ちは本当によくわかるのですが・・・


大人でもしっかりとした目標がないと勉強に身が入らないものです。
勉強はじゃまにならないとはいえ、強要してしまうと勉強嫌いになってしまう・・・


何とも歯がゆいです。


うちの場合は、続けたいスポーツの部活が近所の公立中学にないから
中学受験を検討しはじめた
のであって、公立中学に部活があれば
中学受験なんて考えもしなかったです。


もちろん、今やっているスポーツが嫌になって辞めてしまう
という事もあるかもしれないし、もっとやりたい事が出てくる
という事もあるかもしれません。


でも、何となく、「私立の方がいいから」とか、
「将来いい大学に入るために」とか、「ここの学校だと進路の幅が広がる」とか、
どうなっているかわからない未来に焦点をあてた選択をしながら、
今しかできない事を捨ててしまっているかもしれない
、というのはもったいない。


だから私の場合は、子供がやりたい事が一番がんばれる中学を選びたいし、
逆にやりたい事がなければどこの学校でもいいんとちゃうかなと思っています。


公立は不良が多くて悪いらしいし嫌だ、くらいの理由なら却下。
社会に出たらいろんな人に出会うので、公立でいろんな子にもまれて欲しい
と逆に思ったりもします。


あとで医学部に行きたいと言われても間に合わない!
って思うかもしれませんが、本気ならそう思った時に死ぬ気で勉強しはじめる
と思います。


小さい子でも将来お医者さんになりたいって思っている子になら
「お医者さんになるためにこんな勉強が必要だよ」って説明できる。


いい大学行っていい就職先に就職できるように今から頑張るって言っても、
いい就職先ってどんな会社でしょうか?


給料が良くて安定している規模が大きい就職先で
子供は幸せになれるのか?
(やりたい事と一致すれば幸せだと思う)


小3の2月に何かやりたい事がある子ってほとんどいないんちゃうかな〜
高校3年でも大学3年でもやりたい事ない子がほとんどだと思う。


何かスポーツをやっていてそれが楽しいとか、
絵を描くのが好きだとか、ファッションに興味があるとか、
ゲームや漫画が好きだとしても、それを何か生きた学習でできないものか?


小学生くらいだと親が言う事が正しいと思っているし、
その通りに動いてくれたりもするけど(親のために受験勉強をする)
ずっと将来のために頑張らせるってなんだか悲しい。


大人になっても、将来のために資格をとらないと、とか、
何かを身につけないと失業した時に困る、とか、
ずっとずっと起こっていない未来のために頑張るのか?


もう少し、今を大事にしていきましょうよ。


逆に本気で中学受験するって本人が決めたんだから、
受験までの9か月は自分の事がしないで本気でサポートする
と決めました。


小6の4月からだと、中学受験勉強は人生のうちのたった9か月です。
小3の2月からだと、ほぼ丸3年。


小4・小5と有意義に過ごしていないし、無駄に過ごしたかもしれないけど、
小6の4月から9か月なら集中して頑張れる。


だから、早ければいい、というわけでもないんとちゃうかな〜と思っています。




サクラサク中学受験 勉強法

タグ:中学受験
posted by くもんママ at 13:29| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

子供の宿題、解いているところ見ていますか?



子供の宿題、解いているところ見ていますか?


私は宿題を解いているところ全然見ていなかったです。
たまにチェックするけどちゃんと書いているかだけ見ていました。


宿題プリントは裏面に答えがあるので、
自分で○つけして学校へ持っていくんですけど、
やる気なければ、わからなければ写して終わりでもOKですよね。


そんな感じなのでずっと適当に宿題をやっていただろうし、
間違えてても「あ〜〜〜間違えた!」で終わり。


当てモノゲームちゃうねんで。


さらに学校の宿題プリントの悪いところは、
答えだけが書かれていて解き方が書かれていない。


市販の問題集だと答えの解説が丁寧な問題集を選べば
もし親がわからない問題だったとしても一緒に解き方を確認できる。


あと、宿題を解いているところを見ていると、
文章題で安易に数字を抜き出して適当な式を作るのが一目瞭然。


その場で「問題にこう書いてあるからここの数字を使うんやで」とか、
「問題の●●のところは1問目の問題の答えを使うんやで」と
アドバイスできます。


これをやるには子供の横につきっきりになるし、
我が子やから説明もきつくなったりするので
(こんなんもわからんの?なニュアンス)結構お互いうっとおしい。


でも、学校の宿題と市販の問題集を使って、
子供の横にいながら勉強させたら塾はいらんと思う。


逆に塾ではこんなきめ細やかな対応をいちいちできないと思う。
個別指導の塾ならしてくれるのかな〜?


うちは公文だから100点になるまで進めないし、
公文でやった事はそこそこできているんだと思うけど、
他の部分は超適当〜(^^;)


ママ塾が最強ちゃう?と思う今日この頃です。




サクラサク中学受験 勉強法


タグ:宿題
posted by くもんママ at 09:24| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ


中学受験どうしようかな・・・と思っている時に
本屋さんで見つけた「中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ」。


子供が結構何度も読み返しています。


中学受験で合格した話だけではなく、途中で受験をやめた子の話や、
不合格だった子のエピソード、第3志望の中学に合格した子など
中学受験と言っても家庭ごとにいろんなドラマがありますね〜


受験までにみんな相当な努力をしているという事がわかり、
勉強なんかやりたくないっ!と泣いた後に読み返して
心が落ち着いたり・・・


どの子も本当によく頑張っていて「みんながんばれ!」って思います。


この本によると、
小3の2月頃〜中学受験対策に塾に通い始めるのが一般的なようで、
受験まで3年間も勉強優先でがんばっているんだなぁと
驚きました。


このマンガは私もよく読み返していて、買って良かったと思っています。
おすすめです(^^)



中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

posted by くもんママ at 18:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

塾に通っていても、塾に通わずに自宅学習でも落ちてしまっている落とし穴


中学受験に向けて
サクラサク中学受験 勉強法に基づき
やっと本格的に自宅学習を始めたところですが、
今まで自宅でうまく学習ができていないかったなぁ・・・とガックリしています。


それは、間違った問題のやり直しをしていないところです。


塾に通っている場合でも、塾で習ってわからなかったところは
その日のうちに見直してわかるようにしておく、
学校のテストが返ってきた後、点数見て一喜一憂しているだけではなく、
間違ったところをしっかりお直しする、という事です。


うちの場合は公文に通っているので、
公文のプリントは毎日5枚づつ自宅学習していて、
間違ったところは100点になるまで進めないので
お直しもしっかりできているはずなのですが、
公文以外の学校の勉強についてはノータッチでした。


去年の個人懇談で「宿題忘れが多い」「漢字の点数が落ちている」
と言われるほど、宿題や面倒な漢字などサボりまくりでした。


中学受験する気もなかったし、
宿題を忘れても学校で嫌な思いをすればやるようになるだろう



って思っていたのですが、去年の担任の先生は優しくて
宿題を忘れても怒られないんですよね(^^;)


順調に学校の成績(通知簿)は悪くなっているように見えました。


学校のテストもいい成績のものは見せるけど
悪い成績のテストは見せない。


学校の忘れ物や宿題をいちいちチェックして管理するのはどうだろう?
って思っていたのですが、中学受験の自学学習については
今のところ横についていちいち声掛けしたり内容チェックしています。


親がご飯を作ったり用事をやっているうちにやっておきや〜では
絶対にやらないし勉強の中身も適当なんです。


適当に解いて丸つけして間違った問題の答えを赤ペンで写して終わり。


それだけではダメで、その間違った部分がわかるようになっているか
確認(再度問題を解かせる)したりして、ちゃんとできるようになるまで
何度もやらせます。


公文式はそれが教室でしてもらえるので良いのですが、
それ以外の勉強(公文式に通っている教科でも算数の図形など公文でやらない箇所)は
親がチェックしてやり直しをさせたり、時には参考書を見ながら
説明をしてフォローしなければなりません。


塾の中でも100点になるまで進めない学習をしている塾があるのですが、
息子は1か月通ったもののものすごく嫌がり結局公文に戻りました。


同じ問題を何回もする意味がわからないし、間違えた問題なんて
二度と見たくもないから
です。


塾がそこまでフォローしてくれるならそれでいいじゃないか?
と思われるかもしれませんが、塾で習っている以外の教科は
結局家でフォローしなければいけません。


結局、本気で学力アップしようと思ったら、
できないところの穴を埋めて基礎を完璧にしていくために、
塾に通っていても家庭でのフォローは不可欠です。


逆に塾に通っている方が、学校の宿題の他に塾の宿題などもあり、
勉強量が多く大変だと思います。


そんなわけで、
塾に通わずに自宅学習でも落ちてしまっている落とし穴は、
やり直しの自宅フォローができていないところ。


日々忙しい親にはそんな時間ない、って思いますが、
今回の中学受験勉強で良かったな〜と思う点は
落とし穴がわかったところです。


毎日子供の勉強に付き合うのは結構大変ですが、
ついつい放置になっていた子供とのコミュニケーションが
取れるようになったのは良いと思います。


中学受験を決めたら、塾への送迎や塾弁を作ったり
お金以外の労力の面でも親の負担が大変ですが、
それに比べると家で勉強に付き合うのは楽だと思います。


ただし、親が用事をしながらでは今のところダメですね(苦笑)
子供のために時間を取って子供のためだけに時間を使う
それでやっと勉強も宿題もちゃんとできている状態です。


それも中学受験までのたった9か月の事です。
人生のうちの9か月、子供最優先にしようと決めました。


この中学受験勉強で、間違えたところをやり直しする癖を
しっかり身につけさせたいと思っています。


もし中学受験に不合格だったとしても、
高校受験・大学受験にこの勉強法が役立つはずです。




サクラサク中学受験 勉強法






posted by くもんママ at 18:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ドラゴン桜×サクラサク中学受験勉強法


自宅学習での中学受験勉強にあたり、
サクラサク中学受験 勉強法に沿って勉強を進めているのですが、
ドラゴン桜を読み返すと共通点が結構ありおもしろいです。


中学受験と大学受験なので学習内容は大きく違うと思っていたのですが、
主人公の水野と矢島は小4〜のドリルからスタートだったので、
初めの方は百ます計算したり漢字ドリルをしたり・・・と
勉強内容も意外とかぶっています。


全ての教科の基本は国語力(読む力・書く力)にあるという事も、
小学生でも高校生でも基本だと思います。


中学受験勉強で読む力・書く力をつけるための教材も使っていますが、
ドラゴン桜のマンガを見せながら「芥山先生もそう言っているで〜」
と言う方が親しみを感じるし説得力があります。


子供が大学受験終わるまでは置いておこう、と思い
断捨離せずに置いていたドラゴン桜ですが、
読み返してみると深くてやっぱりおもしろいです(^^)




ドラゴン桜

posted by くもんママ at 18:22| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

中学受験対策で百ます計算


中学受験の勉強のため、
サクラサク中学受験 勉強法のマニュアルを見ながら
いろいろ問題集を準備していますが、
そのうちの一つが有名な百ます計算。


計算の正確さとスピードは基本のようで、
サクラサクのマニュアルでは●分を切ったら合格
(間違った場合は+5秒)という感じで目標タイムがあり、
毎日計算しています。



百ます計算


計算力も大事だけど、百ます計算はだんだんとタイムが上がって
成果が目に見えるし自信をつけるのに良い感じです。


使う教材の中で一つでも自信ついたものがあればやる気につながるなぁ
と思いました。



百ますが多い場合は、プレ百ます計算から始めます。
※高学年の子でも計算苦手な場合はプレがおすすめ


勉強のウォーミングアップ的な感じで、
学校でもやっていたと思うのですが、結構燃えるので
やっぱり良い教材だと思います(^^)




サクラサク中学受験 勉強法







posted by くもんママ at 18:01| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3歳から中学受験対策まで使えるパズル


4月から
サクラサク中学受験 勉強法で中学受験の勉強をスタートしましたが、
サクラサクで図形が苦手な子用にパズルが2つ紹介されていました。


その一つがこれ↓



賢人パズル


3歳〜できるんだけど、結構難しい!
届いた日に息子が夢中になって遊んでいました(笑)


図形が得意な子は立体のパズルはやらなくていいんだけど、
うちの子は立体の計算の時に、


縦×横×高さ(奥行)なのに、縦×横×縦で計算していたり、
ホント怪しい・・・(^^;)


3歳から中学受験対策できる教材があるってちょっとすごいかも!
と思いひとつ紹介させていただきました♪


もっと詳しく知りたい方は
サクラサク中学受験 勉強法でご確認くださいね。
※小4〜6年向けのマニュアルです


楽しい教材も間に挟みながら、何とか勉強続けています。


中学受験しない場合も、教材や勉強法・スケジュールの立て方を知れば
普段の生活や勉強にかなり生かせます。




サクラサク中学受験 勉強法






posted by くもんママ at 17:38| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

6年生4月からの中学受験勉強で塾なし自宅学習を選んだ理由



「やっぱり中学受験にチャレンジする」と子供が決め、
親も「お金もかかるけど何をしてでも私立中学に行く事をサポートする」
と覚悟を決めた5年生の3月末。


ネットで学習でも中学受験合格した人のブログをいくつか見て、
おすすめの問題集を買ってみたり、本屋さんで問題集を探して買ってみたり。


親子で膝をつきあわせながら問題を解いたりしてみたものの、
いきなり中学受験勉強しても問題が解けないし、
あまりにできないと「もう無理」と一気にやる気ダウン・・・


小学5年生6年生の基礎学習をしっかりしないとダメだと思ったんだけど、
どの問題集を選んでどう進めていけばいいかわかりません。



公文式で現在中一レベルの問題を解いているので、
基礎学力少しはあるのですが、漠然と問題集を解いても
本当にそれでいいのかわからないし、
スタートが遅いからこそ確実に進めていきたい
歯がゆい思いをしていました。


塾も一応考えたのですが、自宅近くに中学受験コースがある塾がなく、
電車バスで通うとなると、片道45分、往復で90分通学に時間がかかります。


プラス塾の授業時間と自宅で塾の宿題や復習をするというのは、
かなりハードスケジュールです。
塾通いで中学受験勉強されているご家庭の大変さがわかります。


塾に通うと、どう計算しても寝るのが遅くなるので睡眠時間が少なくなる。
結果的にしんどいばかりで学習効率が悪くなる可能性もあります。


あと、中学受験のため塾に通っている子は、5年生の3月までに
6年生の基礎の学習はすべて終わっていて、受験対策をスタートしていると思います。


そんなところにいきなり入っても、塾では落ちこぼれですし
授業についていけず、わからない→やりたくない になると思うのです。


公文式をやっていたメリットとしては、計算の基礎力がついているので
そこは飛ばせるのと、国語教材でいろんな文章を読んできているので
文章を読んで問題を解くのはそれほど苦痛じゃないという事です。
(国語の中学受験対策用の問題をやってみたら間違えだらけですが)


個別学習塾だとそのあたり個別で対応していただけると思うのですが、
それだったら自宅でもできるのではないか?と思ったのでした。


そして、中学受験のブログなどいろいろ見ているうちに、
坂本七郎さんのブログを見つけました。





私が自分で本屋さんで見つけた上記問題集の筆者の方でした。


坂本さんのブログで、
坂本さんが中学受験勉強法の教材を販売されている事を知り、
「塾通うより安いし、自宅学習すると決めたから、坂本さん方式でやってみよう」
と、下記勉強法で学習する事を決めました。



サクラサク中学受験 勉強法


勉強のやり方、使う教材、教材の順番、勉強計画の立て方など、
教材の事だけではなく、それ以外の大切な部分についても
丁寧に書かれています。


息子と一緒に勉強法のマニュアルを音読して読みましたが、
やる気になり、1日のスケジュールを早速作っていました。


まだ教材がないからできないよ〜と言っているのにやる気満々です。


とは言っても、やっとやっとスタートラインです。
基礎学習が他の子よりもスタートが遅れているけど、
夏休みまでに基礎完了を目標に進めていくことにしました。


無理はしたくないので理科・社会は捨てて、
国語・算数だけで受験できる学校を目指します。


毎日勉強大変だけど、この勉強法を身につける事ができたら
大学受験の時に自力で勉強できるはずです。


静かにワクワクしています(^^)



サクラサク中学受験 勉強法





posted by くもんママ at 10:24| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

公文式の算数〜中学受験問題にチャレンジ


公文式の算数はやっているので計算は得意だけど、
図形が苦手な息子。


図形がわからないから、と、
中学受験用の図形の問題集↓(でる順シリーズ)を買ってみたものの
難しすぎて解けません(^^;)





解説があるからいけるかな〜と思ったけど、
ある程度図形問題を理解していないと解説読んでもわからんね。


ただでさえ苦手なのに問題が難しすぎると
全く何もできないので、得意な計算からチャレンジしてみる事にしました。


選んだ問題集はこちらのらくらくシリーズの計算↓



らくらく算数 計算 (2週間でつかめる受験算数のコツ)

初めに買った図形の問題集(でる順シリーズ)は、
塾なし自宅学習で受験勉強した人のブログで紹介されていて
良さそうだなぁ〜と思って購入したのですが、
今の段階では大失敗です。


買いなおした「らくらくシリーズ」は本屋さんで見つけたのですが、
例題があって、それに対する解説が細かく書かれている横に
類似の問題があり、例題を見ながら解けるようになっています。
(公文っぽい感じですよね)


中学受験の計算問題なのでテクニックが必要な問題が
いろいろ載っているのですが、問題集自体が薄いので
「これからできそう」っていう気持ちになりやすい(笑)


息子は初め、
受験計算問題をテクニックを使わず真正面から計算問題解いていて、
それでも解けるのですが、問題がややこしいので計算ミスしやすいんです。


1問につき最低5回くらいは計算しないといけないので、
途中で+−×÷を間違えたり、計算ミスをしたり結構ツライ。


テクニックを使うと計算が単純になるのでミスしにくくなるんですね。
(どのテクニックで解けるか、パッとみてわかるようになったら良いと思う)


そして、コツがつかめてきたらちゃんと解けます。
受験の計算問題のように1問で何度も計算しないといけない問題も、
公文で嫌というほど計算問題解いてきたので、
計算自体は苦痛じゃない感じです。


公文は中学受験に通用しない、と思われていると思うし、
公文だけでは確かに無理なんだけど、
公文で培ってきた計算力のおかげで意外と解ける
という事にちょっと感動しました。


実際、この問題集を始める前に受験する中学の算数を解いてみて
ほとんど解けなかったのだけど、問題集を何ページかしてから
再度チャレンジすると解ける問題がでてきました。
(しかも問題集より受験問題の方が簡単だったり)


そうなってくると、勉強すれば大丈夫や、と思えますね。


しばらくこのらくらくシリーズで、中学受験問題の基本を
勉強していこうと思っています。




らくらく算数 計算 (2週間でつかめる受験算数のコツ)

posted by くもんママ at 17:08| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

子供の未来を先取りしすぎていないか?



昨日子育て系の講座に行ってきました。


うちの子の場合は今5年生でもうすぐ6年。
今やっているスポーツの部活がある学校へ行くかどうか?


というところが問題になっています。


親としては、もし本気でやりたいならそれをやって欲しいな〜
お金も何とかするしかないかな〜


という感じで思うのですが、
それはうちが一人っ子だからこそできそうな発言で、
兄弟多くてそれぞれお金がかかるスポーツをしていたら
子供の要望に応えるのは無理です。


ポイントしては、


★親ができる事とできない事を明確にする


というところが大事だそうです。


本気で子供がやりたかったら、自分でもできる方法を考えるし
そっちの方向へ進んでいくのだそうです。


親が「こっちの方がいいんじゃない?」という選択は
まさに中学受験だと思うんです。


高校受験くらいになったら、もう少し考えられると思う。


早くやってた方がいいんとちゃうん?という親心なんだけど、
本人がどちらでも良い事を親が大金だしてお膳立てする必要はない。


でも、小学生だから決めれないわけでもないと思う。
野球のイチロー選手のようにしっかり決められる子もいると思う。


子供に自信がなくて「どうせできないだろうし・・・」
と思ってしまっているなら、それもなんだかもったいない気がします。


それは世間や親の洗脳やね〜


それでもやりたいならやればいいと思う。
息子の本気はどれほどのものなのか?


とりあえず「研修旅行のハワイがいいなぁ〜」くらいでは
私立中学に行かせようとは思えないよ。


タダならともかくお金がかかるもんね。
費用対効果(やる気)で冷静に検討したいと思っています。




posted by くもんママ at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

何で勉強するんだろう?


うちの息子は小5です。
勉強もだんだん難しくなってきています。


勉強は大事です。
いい高校・いい大学目指すのは良いと思います。


でも、将来やりたい事がすでにあるのに、
5教科の勉強に力を入れすぎて、将来やりたい事のためにできる事が
後回しになるのはもったいないなぁと思います。


中学受験して受かったら高校はエスカレーターで行ける、
大学も付属だったら大学までエスカレーターで行ける、
それはいいけど、その受験に使わなくても良くなった労力を
子供たちは何に使うのだろう?


将来何かになりたい!という目標があって、
そのために受験なしで浮いた労力を使える!というならいいけど、
特に何もなく受験なしでラッキーくらいな考えで、
普通に過ぎていくだけちゃうかな〜


そのために中学受験&私立中学というコストをかける価値があるのか?
将来楽したいから、という理由なら何となく不十分だし、
普通に公立中学に行ってから高校受験で十分じゃないのか?


結局目指す学校で何をやりたいか、が大事やなぁと思う。
私立中学の特色がある教育もいいと思う。
子供がそれを望んでいるならね。
でも、そんな事何も考えていないと思う。
与えられたらそれが当たり前やと思うもんね。


親としていい環境を与えてあげたいという気持ちもわかるし、
そのためにちょっと無理してもがんばろうとも思う。


でも、本当にそれ(いい教育)が望みなのか?
本当にそれ(いい教育)が必要なのか?
受験勉強にお金・時間というコストをかける価値あるのか?
何で勉強するんだろう?


親も正直なところよくわからないと思う。
子供もさらにわからないと思う。
何となく勉強は必要でしとかなあかんし、って感じやね。


でも、わからないなりにも
今できるベストな選択をしていきたい、とは思うし、
常識を外していきたいなぁ〜と思う。


posted by くもんママ at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

デキタスよりスマイルゼミが良いと思うところ


先日デキタスを申し込みましたが、
スマイルゼミの方が良い!と思うところをまとめてみます。


(1)専用タブレットであること
うちの場合は専用タブレットを断捨離してしまった事もあり
デキタスにしたのですが、普通のタブレットだと機能が弱いな〜
と思う部分がありました。


まず、普通のタブレットだと画面が小さい事(大きめのタブレットならOK)、
タブレットに他のアプリも入れているため、
勉強のために渡しても違うアプリで遊んでいる・・・(怒)


スマイルゼミの場合は勉強時間に応じて遊べるので、
勉強せずに遊んでしまうって事がないんですよね。


だから、普通のタブレットを使う場合は、勉強専用にして
遊びのアプリを入れないようにするなど工夫が必要です。



(2)タッチペンで学習できる
漢字などタブレットの上からなぞるように学習できるのはいいです。
デキタスの場合はなぞって書く教材はないですね。
漢字の読み方やどの漢字が正解か、という感じです。




(3)遊びのアプリも豊富
自分のキャラクターを作ったり、ゲームができたり、
勉強以外の機能を使って結構遊んでいました。
でも、勉強になるゲームだったりするので(計算など)
遊びながら学習できるのは良いですね。

逆にデキタスは教科書に準じた内容で結構まじめ
というか本気な内容。

デキタスは結構勉強っぽいので(というかモロ勉強)、
遊びながら〜という雰囲気で学習させていきたい場合は
スマイルゼミの方がとっつきやすい
と思います。





◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!







posted by くもんママ at 22:18| Comment(0) | スマイルゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする