2018年12月10日

私立中学でスポーツ推薦ってあるの?


うちの子が通う私立中学はガチ系運動部が多いのですが、
スポーツ推薦、というか、部活の顧問の先生に声掛けられて受験を決めた
という子もいます。



学校によっても、スポーツによっても、
顧問の先生の熱意によってもいろいろなのですが、
めちゃ強豪校で何もせずに強い生徒が集まる学校の場合は
わざわざスカウトというのはしないようです。
(ただし、スポーツ枠で受験は形だけ、というような待遇は
 学校によってあるかもしれませんが・・・)



うちの子の部活の場合は、強豪校という事もあり?
顧問の先生の方針か?特に推薦というのはなさそうで、
どんなにうまい子でも各自受験して入学しています。
(高校はスポーツ推薦ありますが・・・)



他の部活の子で顧問の先生に声掛けられて、という子もいますが、
受験については他の子と同じように受験しています。
(学力試験なしとかそういう待遇はありません)



受験する子の熱意によって、
合格できるように合格点が低くなる可能性はありますが、
最低限の学力がないと入れないという形のようです。



遠方からスカウトされて入学した子もいるのですが、
そんな感じなので受験勉強は普通にして合格して入っていると思います。


高校受験だと、中学時代に活躍していた実績などで
学力ではなくスポーツ能力で入学許可をもらう子が
各学校いると思いますが、中学については結構謎だったのですが・・・



スポーツの種類によっては中学からの青田買いもある、
学校によって受験の方針が違う、という事くらいはわかりました。



高校のスポーツ推薦でも、学費免除の子もいるし
普通に学費払って通っている子もいるし、
受験もスポーツでだから学力スルーな子もいるし、
怪我して活躍できなくなった場合怖いから普通に受験する子もいます。
(※部活できなくなったら退学になるなどきつい処遇になってしまう学校の場合)



うちの子の通う私立中学の高校の場合は、
スポーツ推薦はあるけど学費免除なし、寮もなし、
という事になっています(裏は知りませんが〜〜〜)



中学から上がった子は高校で使ってもらえない、
学校によってはコースが違うから部活できない、という事もあるので、
私立中学でしっかり部活やっていたからといって優遇はないし
スポーツの世界はシビアです。



先生としては中学から育てて高校で活躍してほしい、
という思惑でしょうが、先生によっては、
「中学上がりの子はハングリーさがないから使えない」
と、評価が低い場合もあります。



だから、
「中学のうちから私立に行ってしっかりやっていたら使ってもらえるだろう」
というような打算がある場合は私立中学強豪校はおススメできません。




そのような場合は、
公立中学に通いながらクラブチームで頑張って県代表になるとか、
実績を作った方が使ってもらえる確率が高いと思うからです。



中学とはいえ、部活のために学校に入ってそれぞれ頑張っているので、
普通の子は埋もれてしまいます。
そして、クラブチームに残っていても埋もれていると思います。



高校から私立で部活を頑張る方針の方が、
「強豪校が厳しそうだから3番手の学校を狙ってみよう」
とか、その子の実力やキャラクターにあった学校が選べると思うのです。



部活のために私立に中学から入ってみたけど合わないから学校を変える、
というのも、学校は推薦書を一切書いてくれないけどありでしょう。



地元の公立中学にはそのスポーツの部活がないし、
あったとしても満足に練習できないから私立を選んだ、
というおうちがほとんどです。



そのスポーツで活躍してほしいから、という場合は、
私立で埋もれてしまい部活も学校も辞めてしまう場合もあるようですよ。



子どもに「高校からでいいやん」と何度も聞いてみて、
それでも「私立中学に行きたい」と言うなら検討してみてもいいと思います。



私立は部活関係、やっぱりいろいろ充実していますよ。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 部活(ガチ系運動部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

アイツは金で私立中学に入ったんじゃないか!?



私立中学でスポーツ推薦の記事も書きますが、
「あいつは○○(スポーツ)推薦で入ったらしい」
という話が子供たちの間でまわっているようです。



実際は確かにスカウトはされているんだけど、
受験勉強して普通に受験して入学しています。



たぶん、公文の推薦?と同じような感じじゃないかなと・・・



公文の推薦?の場合は、公文所定のテストで合格したら
受験する私立中学に公文のテスト結果や進度が記載された
推薦書のようなものが学校に送られるようです。



その書類を出せば合格する!という保証は何もない
「こんな子がいるよ」という調査書のようなものですね。



学校によって、スポーツ推薦同様に受験免除というのも
あるのかもしれませんが、うちの子が通う私立中学の場合は
推薦書があっても普通に受験でした。



推薦なので専願である、入りたいという熱意がある、
という事が伝わりやすいというのはありますね。



人気校でなければ定員割れの私立中学も普通にありますし、
それなら「その学校に入って頑張りたい!」という子に
入ってもらいたいですよね。



そんな感じのうちの子が通う私立中学ですが、
お金持ちの子は、
「アイツは金で私立中学に入ったんじゃないか!?」
と噂されているようです(^^;)



その子はテストの成績がかなりヤバいようで・・・
(スポーツ推薦の子も結構ヤバいようですが・・・)



お金で私立中学に入れるかどうかは謎ですが、
スポーツ推薦は顧問の先生にすごく気にかけてもらえるので
すごく良いですよーーー
(部活だけでなく成績も気にかけてもらえるので!)



推薦でなくても部活していたら
担任の先生と顧問の先生の連携が密なので、
本当に手厚いしありがたいなぁ・・・と思います。



要は、子供の事を気にかけてくれる先生が多いとお得なんですよ。



先生も人間なので生徒の好き嫌いやひいきも多少あると思いますが、
自分たちが通った公立と比べると先生との距離が近いように感じます。



学校に多額の寄付をしてくれる生徒にはそりゃ優しいんじゃないかと(笑)
※そんな事実があるかどうかは知りませんよーーー



公文の推薦の場合は、中学受験担当の先生と
公文を通してのパイプができるんですよ。



最終的に受験は学力で決まりますが・・・



推薦=受験を応援してくれる人が増える という感じかな?
と思いました。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

女子が少ないからって女子みんなモテるわけじゃない!


女子が少ない中高一貫校に通っているうちの子ですが、
女子は約3割で残り7割は男子です。



モテる子は本当にもてていて、入学直後から告白されたとか
いろいろあったようですが、今は彼ができ落ち着いているようです。



女子が少ないから、1年生だけではなく
2年生・3年生の先輩男子からも「●●ちゃんと繋いで」など
アプローチがあったようです。



そんなモテモテ女の子ですが、
「LINEではなく直接面と向かって告白してきた男子」と
お付き合いするようになったようです。



今どきはLINEがあるから軽い告白も多いようですし、
別れる時もLINEだったり・・・



中学生になり「(誰でもいいから)彼女が欲しい!」
と思っている男子も多いようですね。



進学校ではなく、体育会系中高一貫校という事もあり
肉食系男子も多いのかもしれません(笑)



同級生の女の子のママは
「うちは全然もててないで!
 彼氏ができたら絶対にわかると思うけど。」

と言っていたけど、すごくかわいい子なのでうちの子に聞いたら
やっぱりモテているようです(^^)



でも、



女子が少ないからって女子みんなモテるわけじゃないで!
 男子も女子をチェックしているよ。
 特に特進クラスの女子は全然モテてないよ。




と言っていました。



スポーツやっていて、かわいくて明るくさっぱりした女子が
モテている感じですね。



特進クラスは勉強厳しいせいか?
クラスの雰囲気もあんまり良くないようで・・・
(女の子は普通にかわいいと思うのですが)



そんな感じなので、リア充な男子(彼女がいる子)は、
先輩から目をつけられやすいようですね。



男子が多いからうちの子がリア充になるのはいつの事か・・・



中学生のお付き合いは話に聞く限り、登下校待ち合わせて行くとか
お互いに部活があり忙しすぎるのでかわいい感じです。



先生としても、それ(異性とのお付き合い)が張り合いとなって
いい方向にいく場合もあるので反対はしていないようです。




posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

中学受験、トップ入学の彼女はトップ継続中です



うちの子が通う私立中学の場合、
定期試験(中間・期末)の上位5位(5教科+各教科)が
各教室に貼りだされるので、
授業参観に行ったらチェックしているのですが、
トップ入学の女の子は首位を守っています。



順位表は配られないので、子供がiPadで写真を撮るとかしないと
親のところまで情報がやってきませんが、
トップ継続はすごいなぁと思います(^^)



トップの彼女のお母さんに「勉強好きなの?」と聞いてみたら、



「勉強好きではないけど、中学受験の時に勉強方法が身についたみたいで
 勝手にやっている」




と、これまたとんでもなく羨ましい優等生な回答が返ってきました(笑)



うちの子が通う学校は中堅以下だと思うので、
成績イマイチでも入れてしまった子も多そうな雰囲気ですが・・・
(親御さんの話を聞いていると)



中学受験を通じて勉強方法と勉強習慣が身について、
中学以降自力で勉強できるようになれば最強だなぁと思いました。



トップの彼女は校風が気に入って通学に2時間もかかるのに
うちの子も通う中堅以下の学校に入ったのですが、
楽々合格なので精神的にも余裕があると思います。



関西の場合、人気校以下は定員割れの私立中学がほとんどだと思うので、
学校を選ばなければどこかに入れそうな雰囲気です。



そして、中堅以下とはいえ私立はやっぱり色々手厚いですし、
成績悪くても手を差し伸べてくれる、というか構い倒して
テスト前に子どもを別室に拉致して勉強させてくれる先生も
いたりもします。



どの先生も「わからなかったら質問に来いよ」
と常に声かけてくださっているようで、提出物がちゃんと出されていたり、
先生つかまえて質問できる子は成績も良いようです。



先生の生徒構い度は、同じ学校でも先生により変わってくるのですが、



中学受験は無理がない範囲で
しっかり学習方法や学習習慣を身につける




という方針もありかなと思うエピソードでした。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

(私立中学生活)学校の宿題では勉強量が足りないという話



うちの子が通う私立中学は入ったのが普通科という事もあり
宿題が少ないです・・・



私は子供が家で勉強しているところをほとんど見た事がありません(汗)



どこのお母さんも、というか成績が良い子のお母さんもわざと?
「うちの子、家で全然勉強しないよ」と言うと思うのですが、
本当に本当にほとんど見た事がないのです。
(ちなみに私は在宅で仕事しているので、不在で見ていないというわけではありません)



うちの子の場合は宿題をなるべく学校で済ませているようなので、
他の普通科のお母さんに聞くと「今の宿題でも結構きつい・・・」
言っていますが、それでも担任の先生に聞いてみたら
「小学校の時より少ないと思います」と言われていたので
やはり全体的に少ないのだと思います。



実際、授業参観の時に英語の先生が、



「学校の宿題だけでは勉強量足りないから、宿題以外の勉強も考えてするように。
 わからない所があったら聞きに来いよ。聞きにくる奴はやっぱり成績いいよ。」




と言われていました。



「ほんなら宿題だけで足りるように出して欲しい!!!」



と思ってしまいますが、成績いい子と悪い子の差が激しいから
足りない部分は各自で補った方が効率いいですよね。



とりあえず、
せっかく私立中学に入ったのに全然家で勉強していないんですけど・・・
なうちの子ですが、この学校の方針は個人的に好きなので歯がゆいところです(汗)



高校1年生の進級できるか怪しい成績の子たちも、
1人1人面談して成績上げるために必要な勉強時間を各自考えてもらって、
「じゃあ部活の時間減らさないと時間足りないね。」
など、1人1人自分で考えさせているそうです。



自分でできる子には最高の環境なのですが、
自主性に任せると楽な方にほとんどの子が流れてしまうので、
早く本人が気づいて欲しいと思います。



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

部活で高校入学した子たちの国語力と、スポーツの世界では生きていけないという話



うちの子が通う私立中高一貫校には、
高校からスポーツで入学してくる子たちがいます。



たぶん一芸入試みたいな感じなので学力的には低いのかな?
と思っていましたが、国語の先生によると国語力は
中1の子といい勝負のようです。



このままスポーツを頑張って、
大学もスポーツで行く事を目指す事になるでしょうから
学力低くても大丈夫かもと思うのですが、
「もしケガしてスポーツできなくなったら終わりちゃうん!?」
という心配もあります。



うちの子の通う学校の場合、
部活のために中学から入って頑張っている子が多いのですが、
高校になったら才能ある子が入ってきて埋もれてしまいます。



だから勉強ちゃんとやっておかないと、成績悪いと厳しいです。



中高一貫だから高校進学はできると思いますが、
進級できるかはまた別問題ですし、
まして大学はどうなるん?と思ってしまいます。



スポーツの世界は普通の子には厳しいので、
勉強の世界で頑張ってほしいと思ってしまうのでした。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 部活(ガチ系運動部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

(私立中学生活)同じクラスから退学者が出ました



この4月に私立中学に入学し、
入院したり休みがちながらも何とか学校に通っているうちの子ですが、
同級生で退学者がでたという事で何とも悲しいです・・・



理由は家庭の事情という事でよくわかりませんが、
時々問題行動を起こしつつも学校にはちゃんと来ていた子です。
(同じクラスで学校来ていない子もいるのですがその子ではなく)



親が厳しすぎて精神的に不安定な子だとも聞いていますが、
何となく問題を起こすたびに、



「次問題を起こしたら学校やめさせるよ!!!」



というやり取りがあったんじゃないかなぁと推測しています。
今までは坊主頭にするで免除されたりしていたのだけど・・・



私立中学退学の場合は、辞めても公立に行けるという安心感がありますが、
手厚く気にかけてくれる私立を辞めて公立で大丈夫なんやろか?
と心配になります。



高いお金を払って学校に行かせているから、
うちも「そんなんやったら公立にしといたら良かったんちゃうん!!!」
という事はありますよ。
(辞めてしまえとは言いませんが)



うちの子も休みがちでいつ不登校になってもおかしくない、
という感じにも見えますが、休みがちでも義務教育やし
私立やから進級できるやろという安心感はあります。



中3で不登校になった子は、高校受験を控え親も子も不安でいっぱいです。



機嫌よく学校に通ってほしい、
ただそれだけなのにだんだんと子供への要求も高くなります。



どうせならいい成績を取って欲しいし、部活も頑張ってほしい。
せっかくいい環境なのに本気でないのでもったいないなぁ・・・
と思ってしまうのです。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

早速くもん貯金切れか!?中間テストすべて再テストで帰ってきた



10月の中間テストの結果が返ってきましたが、
早速くもん貯金切れか!?国語数学を含め
5教科すべて再テストで帰ってきました(^^;)


家で勉強全くしていないから当たり前やろ、
っていう感じですがやっぱりガッカリです。


数学は比例反比例でつまずいているのかな?
公文でやったことないところは全然ダメダメです。


再テストで合格点取れば補習にならないから、と
最初から高得点取る気もなく補習にならなければいい、
とすべてにおいて意識が低いです。


今回の試験前は親は一切関与してしていません。
(提出物やってる?と聞いたくらいですね)


テストの結果もだけど、やる気のなさ、
意識の低さが気になります。


どこの子もそんなものかもしれませんが、
すべてにおいて能動的なんですね。


楽しい事(ゲームなど)をやって生きていたいという感じ。



ゲーム中毒というわけではないけど、
スマホは制限がないとずっと触っているし
どこの子もそんな感じのようです。



親はいつまでもいるわけではないよ、
将来自由になるために今はしっかり勉強して
1人で生きていけるようになりなさい、
と言っていますが、中学生にはピンとこないですよね。



自由=やりたい事だけをできる というわけではないし、
自由だからこそすべて自己責任です。
うまくいかない事を、何かのせい誰かのせいにできません。



そんな感じで勉強については
一緒にやろうかと言っても大丈夫と言われるので
一緒にやってと言ってこない限り放置すると思いますが、
それも経験かなぁ・・・と。



中学生は小学生の時のように一緒にやってくれないですね〜〜〜
中学受験の時のようにべったりはできないし、
いい感じで声がけできればいいなぁ・・・と思っていますが
その辺は母もいろいろ勉強しないとです。



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

不登校専門カウンセラーのセミナーに行ってきました



以前に書いた
不登校専門カウンセラーのセミナーに行きます
のセミナーに行ってきました!



懸念した通り、最終的には高額セミナーへの誘いなのでその辺はもやっとしましたが、
内容は良かったし子供は今現在不登校であれば高額でも申し込んだと思います。



不登校は学校のカウンセラーさんに相談しても解決しません。
とりあえず様子を見ても行くようにはなりません。
いろんなサイトを見ても解決しません。



なぜ学校に行けないのかというと、
学校が安心安全な場ではないからです。



なぜそう思うのかと言うと、自己肯定感が低いからです。



自己肯定感が低いのは
親からちゃんと共感されていないから、です。
(私は共感しているという人もほぼできていないそうです)



つまり、親のせいなのです。
親が変われば子供の不登校も解決していきます。



そうは言っても、一日中ゲームやスマホで遊んでいるのに共感できないし、
ついついその「行動」について注意してしまいますが・・・
そこに「子供の心」は加味されていません



子どもが「無条件に」生きている意味があると思えると、
学校に行き始めるようです。



不登校の子は自分は役立たずでクズでゴミだと思っています。



よく「褒めるといい」と言われていますが、
褒める=褒められる自分に価値があるから褒められない自分はダメだ
という感じで思うので×です。



優しくしても、愛情をかけても、心配しても不登校は解決しません。
なぜならそれは親本意だからです。



お子さんがどんな状況でも「この子はこれでいいんだ」と思える
共感が腑に落ちればお子さんも変わっていきます。



それには、


(1)ホンモノ共感を学ぶ(ほぼすべての人の共感は偽物です)
(2)親の自己肯定感を高める(親も自己肯定感が低いです)
(3)心の対話を学ぶ(子供の集団適応力を高める)


と良いそうです。



自己肯定感の低い子は、親も自己肯定感が低いです。
仕事をしない自分だったらダメだと、
家事をしない自分は受け入れてもらえないだろう、
役立たずと言われないように頑張っているでしょう。



あと、みんな強烈に洗脳されている部分があり、
マイナスの会話は共感できず、勝手にプラス変換してしまうようです。



生きていく中で枠組みがあり、



・迷惑かけてはいけない
・普通でなければならない
・楽しい事のために嫌な事を我慢しなければならない
・人に甘えてはいけない
・しっかりしなければいけない
・マナーがなっていない人はダメ



などなど。



弱音を吐いたら「そう言わずに頑張っていこうよ」とか、
とにかくプラスの事を言わないと思ってしまいます。
弱音を否定していますよね。



こうしてみたら?あーしてみたら?とか解決策を言ってしまって
吐いた弱音を何も聞いていないし無視しています。
(「そうやね、しんどいんやね」などが正解です)



失敗してはいけないと親が思っていて、
子どもが失敗しないように教えるのでチャレンジできなくなります。




・ゲーム課金はダメなこと
・先生から評価される事は良いこと
・悪い友達と付き合いをやめさせなければ・・・



この枠組みを取れますか?
自力では無理でしょう・・・
だって枠組みにすら気づいていないからです。



そうは言っても親は子供を「ちゃんとした大人に育てる義務がある」
と私は思っていますし、悪い事ダメな事は注意しないとダメじゃないの?
と思います。(だから私もホンモノ共感できていません)



じゃあ具体的にどう声がけしていけばいいの?
という内容については高額セミナーで、という事になるのですが、
自分はできていない、という事に気づけただけでも良かったです。



そんなわけで、もし興味ありましたらこちらをどうぞ。
http://jisinkodomo.com/




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

公立中学、学校で習っていないような難しい文章題が定期テストに出るってどういう事?



昨日は久しぶりに、子供同級生ママたちとおしゃべりしてきました。


うちだけ私立中学、他のお母さん2人は公立中学に行かせているのですが、
公立中学の定期テストの難しさが話題になりました。


公立中学の数学のテスト問題で、
どう考えても学校では演習していないような問題、
しかも父母が解こうとしても一見で解けない、
中学入試問題の文章題のような問題が3問も出題されたそうです。


2次方程式を使えばすぐに解けそうな問題だけど、
学校で習っているのは1次方程式までなので、
どちらかの数字をXとして式を立てた場合、
もうひとつの数字をXとして式を立てた場合を考えて・・・
など、一筋縄ではいかないような問題だそうです。


なぜ、そんな解けないような問題を出すんやろ?
と考えた時、やはり定期テスト対策(過去問を配って解かせる)を
してくる塾に行かせている子対策
かなぁと。



評定5は非常に人数が少ないし、5と4を定期テスト対策塾の
上位者で奪い合いをしているようです。



普通のテストを出して100点続出だと評定つけにくいから、
わざと難しい問題を出しているのかも・・・という話でした。



普通の学校レベルの授業では解けない問題を出す公立中学もどうかと思いますし、
それで全然ついていけないと自信をなくしている、という話もしていました。



中学入試算数をかじっている子なら見た事があるような問題なのですが、
中学からいきなりそれはツライと。



とにかく文章題の文章が読めない、と言っていましたが、
うちの子も最後まで結局文章題の文章を図に書くことはできませんでした。



公文式に通っているだけでは計算だけでそういう技術は身につきませんし、
我が家も最後の最後まで困った部分でした。



だから、小さいうちから「どんぐり倶楽部」させれば良かったかなぁ・・・
と私は思いましたし、
小さい頃から文章題をしっかり考える力をつけてくれる塾があればなぁ・・・
と公立に行かせているお母さんもつぶやいていました。



公文の計算力にはすごく助けられていますし、
実際前回の定期テストでは学年2位を取っているうちの子ですが、
文章題は中学に上がってからも出てきますし、
やっぱりそこでつまづいています。
(ちなみに最近の食塩水の小テスト0点でしたよーーーーー!
 全部忘れている(^^;)ひどすぎる・・・)



文章題が解ける=国語がよくできる とも違いますし、
まさか公立中学の数学テストにそんな罠があるなんて、という話でした。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 公立中学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

私立中学のPTAってどんな感じ?



私立中学のPTAってどんな感じ?
と公立中学に行かせているママさんから聞かれました。



簡単に言うと、うちの子が通っている学校の場合は、
「学校ファンクラブ」です(笑)



保護者会(PTAのようなもの)の活動費は自腹で、
会議に出席したり、学園祭でカレーを作ったり、
いろんなイベントがあったり、と労力も使います。



お金を払ってボランティア活動している感じですね。



役員をやるメリットももちろんあるのですが、
いわゆる金銭的なメリットや子どもの評定につながるという事は
ありえません。



子どもが通っている学校ってどんな学校?
どんな先生?学校として今どんな事をしているの?
災害時の被害はどうだったの?施設の老朽化の対策は?
など知る事ができる情報が多い事と、
先生(校長などトップ)との距離が近いので
保護者の意見を伝えやすい、という感じでしょうか。



普通に学校生活をすごす分にはやっていなくても何の不自由もありません。
正直なところ面倒な上にお金もかかるという理不尽な感じです。


でも、公立のPTAと違って嫌々やっている人がいないので
みんな楽しんでやっています(^^)
楽しんだもの勝ち!という感じです。



子どもが通っている学校なんやから全力でサポートしようじゃないか!



という感じですね。



いろんなイベントを通じて、同級生パパママさんと親しくなれるし、
先輩ママさんの経験談はものすごく!!!参考になります!!!



公立だったら誰か知り合いがいるし、何かの形で情報が入ってくるけど、
私立の場合は部活をやっていれば部活のママ経由、
もし何もやっていないとママつながりはないと思います。



お子さんが部活をやらないなら私立のPTA活動はおススメかなと思います。



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

ガチ系運動部、レギュラーはテスト前も練習あり!だから・・・



そろそろ中間テストですが、
ガチ系運動部のうちの子もテスト前1週間は部活休みで
のんびりしています。
(勉強しいや!って感じですが(^^;))


でも、レギュラーの子たち(2年・3年生)は部活ありなので、
テスト前勉強するヒマがない、そして成績が・・・
というジレンマがあります。


レギュラーになれずテスト前は部活休みというのも何とも切ないし、
勉強できないのも困るし・・・


文武両道!って事あるごとに言う学校ですが、
そんなん言っても勉強やる暇ないやんって思うところもあります。


しかし、1年生の準レギュラーの子を見ていると、
勉強できるコースで成績上位者が名を連ねているのです。
(まだ1年生だから簡単だし、というところもあると思いますが)


勉強する暇ないというのは本当に言い訳でしかありませんね。
うちの子は部活レギュラーはまだ雲の上という感じですが、


家で机に座って勉強したくないやろうし、
試験前も部活になれば余計に家で勉強できないから、
なるべく学校や隙間時間でやっておきや



と声かけています。


実際、家で宿題しているところはほとんど見た事ないのですが、
学校でほぼ終わらせているようです。
(宿題少ないからできるという部分もあると思います)




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 部活(ガチ系運動部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

遠距離通学の私立中学、高校に向けて引っ越しするかしないか?



ガチ系運動部のママ会で、遠方から通わせているご家庭で、


高校に向けて引っ越しするかしないか?


という話題が出ていました。


高校無償化で学費無料になるなら引越しもアリかな?と。


残念ながら年収の制限があるので、
私立中学に通わせられるご家庭の場合、該当しないご家庭も多いかも?
と思いますが・・・


中学はともかく、高校の部活はさらにハードで帰りも遅く、
学校のバス利用の場合は帰りのバスがないので、電車で遠回りで帰って・・・
と、相当ハードになります。


寮に入れるといいけれど、基本的に遠方からのスカウト者を入れるので
近隣の通える範囲だと基本的に入れないようです。


それならいっそのこと、寮のある田舎の私立高校の方が楽かもしれません。


我が家の場合は近隣なのでそういう悩みはありませんが、
学校が遠くてガチ系部活をしているとそういう悩みが出てくるようです。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村



posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 部活(ガチ系運動部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

五ツ木模試、ひどい結果が返ってきた!



先日、子供の部活のママ会があったのですが、
そこで模試結果の話になり返却されている事を知りました(^^;)


あまりに・・・な結果だったので隠していたようですが、
ママ会であっさりバレました。
(学校のサイトにも記事あがってきたのでどうせバレましたが)


あまりにひどかったのは理科ですが、
偏差値20台って久しぶりに見ましたよーーーーーーーー


その他4教科は偏差値50前後なのでほぼ平均でしたが、
勉強全くしていない結果がしっかり出ました。


これでもう少しやるようになって欲しいのですが・・・


私立中学とはいえ勉強に力を入れているコースではないので
本当に宿題も少ないしゆるいです。
公立中学の子の方が勉強しているんとちゃうのーーー?という感じ。


宿題がないと、塾にいかないと、強制力がないと勉強ってやらないですよ。
自主性に任せたいけど、なるべくやりたくないって感じですね。


しかし!勉強しっかりやるコースの成績上位の子たちが
部活でAチーム、Bチーム(うまいチーム)入りしている
んですよね。



勉強ってやろうと思えばできますし、すべてにおいて意識が違うんですね。
だからスポーツも上手いんだと思いますよ。(体格もいいですが)


自信がある、結果が出ているという事で、好循環ですね。


勉強でも部活でも本当に何でもいいのですが、
本気で取り組んでほしい、と願っています。


そして、やっぱり普通の子は勉強の方が結果が出しやすい、とも思ってしまいます。



だからつい教育パパママになってしまうんだけど、
勉強じゃなくても何か1つ頭1つ出てきてほしい、と思うのです。



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

お金を使うって覚悟を決める事だと思う



中学受験は塾なしだったので
一般的な受験生よりはお金がかかっていないけれど、
「サクラサク中学受験勉強法で合格しよう!」と決め、
一般的な市販の本に比べて高額な買い物をしました。



それなりに高いお金を払ったのだから成果を出す!
合格する!という決意は、塾に行かせている親御さんと
同じだと思います。
(でも塾代が高いほど後に引けないし想いも強くなりますね)



私立中学に行かせるのもそうで、学費+運営費などで月7万円
+定期に月1万、合宿があれば5万円、など
公立中学にくらべてお金を使っています。
(公立中学+塾より高いと思うので・・・)



我が家の場合は、お金があるから中学受験したのではなく、
充実した中学生活を送ってほしいから私立中学という感じでした。



私立中学に行かせたからには何としても学費を払う!
という親の決意で行かせているのに、子供がやる気なければ
「そんなんなら公立中学に行け!」と言ってしまったり・・・



親子の熱意の温度差からそうなってしまうのだけど、
子どもは自分の懐が傷んでいないから学校をさぼろうと平気だと思う。



頭のいいお子さんや、親の気持ちを汲み取ってしまう子は、
「お父さんお母さんがたくさんお金をだして行かせてくれているから
 精一杯がんばろう」
と思ってくれるのかな。



あまりに親の気持ちを汲み取って、
自分は我慢して親のいいなりになってしまうのも
のちのち大問題に発展しそうで怖いですが・・・



でも、やっぱり、お金を使っているから親の方が熱くなるのは当たり前ですよね。


「だって私は別に受験なんてどうでもいいんだもん」
というのが本音だとしたら空回りですよね・・・



子どもが本気でやりたい事にお金を使わないと無駄な気がする
今日のこの頃です。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

子どものために転職して親戚の家に下宿して私立中学に行かせる、という選択



全国レベルのガチ系運動部に所属しているうちの子ですが、
遠方から通っている子も結構います。



1人、いくらなんでも通えない距離だなぁ・・・
という子がいるのですが、親戚の家に下宿させてもらって
通っているそうです。


びっくりしたのが、お母さんがこちらに転職して母子は私立中学付近で生活、
お父さんとお兄ちゃんは遠方で生活、と別居生活なところです。



「うちの子はすごく小さいので・・・」とお母さんが言うように、
うちの子もそうですが小さい子って期待されないんです。



「ぜひうちでやりましょう!」という感じでもないかな。
先生はもちろんそう言ってくれるけど戦力ではないのね。



すごくうまいから、期待されているから、という子はほとんどいなくて、
ごく普通の子たちが部活やろうと決めて受験して入学しています。



将来モノになりそうだから、この学校に行けば安泰とかそういうのではなく、
純粋に子供を応援できますか?子どものために転職って本当にすごいですよね。



何というか、うちの旦那もそうなんだけど、
自分の都合があえば応援しよう、という感じなんですよね。



合宿も試合も遠方だろうと応援に行く。
家から通えなければ下宿させてもらえばいい、転職する。
そこまでできる親御さんは本当にすごい。



覚悟が決まれば意外と何でもできてしまうものだと感じています。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 部活(ガチ系運動部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

息子と同じ年の子がジュノンボーイにチャレンジ!応援お願いします!



息子と同じ年の子(12歳、中一の男の子)
ジュノンボーイにチャレンジ中です!


名前は「長島 悠真(ながしま ゆうま)」くんです。


長島お父さんが書いている熱いFacebook記事で知りました。


CHEERZ(チアーズ)というアプリを入れ、
悠真くんを検索→チアする というのが応援の基本ですが、
恐ろしい事に課金してチアできるんですよ(汗)


ジュノンボーイの敗者復活戦にチャレンジしているのですが
はじめは万年7位。


もう無理かも・・・と諦めモードも出ていたようですが
お父さんが一念発起してFacebookで応援を呼びかけます。


初めは投稿見た人は「なんで?」と困惑していたと思うのですが、
じわじわと応援する人が増えていき、徐々に順位が上がり・・・
2位まで浮上!!!


これは結構いけるかも!?とみんなが希望を持ち始めましたが、
敗者復活戦の予選の最終日、下位3人が猛烈に課金して5位に転落・・・
ギリギリ首の皮がつながったまま、次の敗者復活戦にチャレンジしていきます。


敗者復活戦の予選は1組5名x3名=15名が通過し、
その中でさらに敗者復活戦をしてトップの1名が本戦突破です。


10月6日〜10月17日までが投票期間なので、
ぜひ応援していただけませんか!



やり方はこちらの方のブログ記事がわかりやすいです。
(勝手にリンク申し訳ありません・・・)
https://www.jinzai-biz.co.jp/blog/2291/


中学受験は課金ゲーム、というのは二月の勝者のフレーズですが、
ジュノンボーイも課金ゲームか!?
子どものためなら課金上等!という気持ちめちゃわかる( ;∀;)


普通に応援は課金せずできますので、どうぞよろしくお願い致します。
仮面ライダーになる夢、ぜひ応援してあげてください!



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

子どものiPhoneのOSバージョンアップして利用時間制限をかけました


中学入学の時にキッズ携帯からスマホ(iPhone)になったうちの子ですが、
ヒマがあればiPhoneかiPadで遊びまくりです。



家庭学習は一切していません。
宿題も少ないので本当にたまに宿題をやるくらい。



部活もやっていなかったら、さらにスマホのためだけに生きていて
もっと悲惨だったと思います。



うちの子はスマホ中毒ましな方だと思うのですが、
LINEマンガを読みながら夕食を食べていたり、
YouTubeを入れたらTVがわりに見まくりです。


家庭学習をした時間と同じだけスマホで遊んでもいいよ
(1時間勉強して1時間遊ぶ とか)



と言っていましたが無視。



あまりにスマホ触っているので、
家に帰ってきたらiPhoneとiPadをママに返すように言っていますが
それもなっかなかできず、充電必要になる寝る前に返すという感じです。



普段から、



「うちはスマホを電話として持たせている。
 ゲームじゃないし遊び道具じゃない。」




と口を酸っぱくして言っていますが、
ヒマな時間は全部遊びに使いたい、遊びたい、
ダラダラしたい、という感じでヒマつぶしに使われています。



そんなわけで、iPhoneOSアップデートして利用時間制限をかけてみました。



全体的な利用時間は、6:00〜21:00まで。
LINEは1日1時間、ゲームは1つだけ1日1時間、
乗り換え案内は終日OK など、アプリごとに設定できます。



YouTubeとブラウザアプリは削除、
LINEのURLとYouTubeのURLはブロック
という感じでコンテンツの制限を入院中に解除していましたが
さらにきつくしました。
(LINEのURLブロックしてもメッセージだけは見れるはずです)



学校で使っているiPadはそういう事が勝手にできないので、
ブラウザで検索したりYouTubeも見まくれますが
学校帰ったら親が預かる形にして制限かけています。
(毎回バトルで大変なんです・・・)



これでちょっとはマシになるだろうか・・・
スマホに支配されスマホのために生きているようなうちの子でした。




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

不登校専門カウンセラーのセミナーに行きます


ブログご無沙汰しておりました。
表題の通り、不登校専門カウンセラーのセミナーに行きますが、
子どもは不登校ではありません。



でも、体調が悪くなることが多くストレスに弱い子です。
7月期末試験前日からの虫垂炎〜手術、
先日は胃腸炎になり体育祭を欠席しました。



体調なので仕方がないと言えば仕方がないのですが、
小学生の頃からちょくちょく体調が悪くなり学校を休んでいました。


学校嫌いで家にずっといたい、というような子です。
ほっておいたら引きこもり一直線かも(^^;)



学校生活は普通に頑張っているようです。
部活も体調良い日は参加しています。



成績はそれほど悪くもなく良くもなく普通、
部活は虫垂炎で体力が落ち試合に参加できず
他の子に引き離されていますが仕方がありません。



「学校行かずに勉強せず部活もせずゴロゴロしたい」
という願いは虫垂炎になる事で叶えました。



とにかく前向きではないし、日々やりすごしている感じです。
私立に行ってこれだから公立だともっと悲惨だったかもしれません。



ちなみに不登校の原因の1つと言われている親子関係については良好です。



ママ大好きで反抗期とは無縁です(今のところ)。
母がお出かけする時「俺も行く」と言う事が多いです。
面倒な事も結構つきあってくれます。



声掛けも気をくばっているつもりですが、
性格が慎重で後ろ向きなので積極性に欠け・・・
一歩間違えれば不登校になりそうな子なのです。



不登校にお悩みの方にセミナーの事をお伝えしたくて
久しぶりにブログを書きました。東京と大阪であります。



詳しくは下記リンクをどうぞ。
http://jisinkodomo.com/





●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

(夏期特別講習)新学期スタート!&メルカリにはまっています


今日から夏期特別講習が始まり、
ほぼ新学期スタートです!


授業は午前中のみですが、午後から部活なので
お弁当持って「重い〜〜〜〜」と言いながら出かけていきました。


学校も仕事もないお盆休みはだらけてしまって
ブログも更新せずダメダメ母でした。


子供もヒマだからと言って勉強することもなく、
宿題だけは終わらせて、という感じです。


お弁当があるから母も早起きするし頑張れますね。
子供がいなかったらさらに堕落していただろうなぁ・・・


8月はメルカリ出品にはまっていて、
ヒマがあればあまり使っていないものを探して
せっせと出品していました。


メルカリで買い物もするのですが、
出品した売上でポイント購入して支払できるので
物々交換みたいな感じでおもしろいです(^^)


子供のきれいな靴とか置いておけば良かったなぁ〜
今までさんざん断捨離して捨ててきたので
「売るものなんてないわ」って思っていたけど
結構ありますよ!


使いかけの化粧品が売れるのは衝撃でした(笑)
(それも捨てまくってた!)


メルカリ出品しつつ仕事部屋の模様替えもしたので、
心機一転今日から母も頑張って行こうと思います!



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする