2014年12月18日

2062年では英語は全く重要でない



最近2062年から来たという未来の人(通称:2062氏)の
予言?を見つけたのですが、おもしろいので教育の部分だけ
一部転載させていただきますね。
http://matome.naver.jp/odai/2135864379268336501?&page=4より)


個人的には英語の部分が衝撃的で、


Q.国際化するにつれて英語が重要になってくると思いますが
未来でも地味に勉強して習得していますか?

A.まったく重要ではない。



という答えの通り、母国語で充分だとの事です。


あと、


・(2062年では)応用力が重視されている

・Q.男女交際において何がもっとも重要視されるか
A.脳



というのもおもしろいな〜と思いました。


2062年だと自分の孫〜ひ孫世代かなと思いますので、
今の子供への教育はやっぱり英語いるのかなぁ?と思ったりもしますが・・・


テクノロジーが進化して、母国語がしっかり話せれば、書ければ、
勝手に翻訳してくれる技術ができるのかもしれませんね。


あと、個人的に気になる予言としては、


・書籍を大切に


との事で、データが消失する危機があるのか?
あと、緑化計画のため新しい紙の生産が中止になり、
紙が貴重になるような感じです。


だから、紙の本は流通していないし、今ここにある本というのは、
48年後に貴重なものになっているようです。


おもしろいので、もし興味ありましたら、
「2062氏」で検索してみてください(笑)


タグ:2062氏
posted by くもんママ at 16:49| Comment(0) | 2062氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: