2017年03月13日

子供の未来を先取りしすぎていないか?



昨日子育て系の講座に行ってきました。


うちの子の場合は今5年生でもうすぐ6年。
今やっているスポーツの部活がある学校へ行くかどうか?


というところが問題になっています。


親としては、もし本気でやりたいならそれをやって欲しいな〜
お金も何とかするしかないかな〜


という感じで思うのですが、
それはうちが一人っ子だからこそできそうな発言で、
兄弟多くてそれぞれお金がかかるスポーツをしていたら
子供の要望に応えるのは無理です。


ポイントしては、


★親ができる事とできない事を明確にする


というところが大事だそうです。


本気で子供がやりたかったら、自分でもできる方法を考えるし
そっちの方向へ進んでいくのだそうです。


親が「こっちの方がいいんじゃない?」という選択は
まさに中学受験だと思うんです。


高校受験くらいになったら、もう少し考えられると思う。


早くやってた方がいいんとちゃうん?という親心なんだけど、
本人がどちらでも良い事を親が大金だしてお膳立てする必要はない。


でも、小学生だから決めれないわけでもないと思う。
野球のイチロー選手のようにしっかり決められる子もいると思う。


子供に自信がなくて「どうせできないだろうし・・・」
と思ってしまっているなら、それもなんだかもったいない気がします。


それは世間や親の洗脳やね〜


それでもやりたいならやればいいと思う。
息子の本気はどれほどのものなのか?


とりあえず「研修旅行のハワイがいいなぁ〜」くらいでは
私立中学に行かせようとは思えないよ。


タダならともかくお金がかかるもんね。
費用対効果(やる気)で冷静に検討したいと思っています。




posted by くもんママ at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: