2017年04月22日

「宿題やりなさい!」より、ほんの少し効果的な声掛け



子供の宿題、


「宿題やりなさい!」とか
「宿題先にやりや〜」とか
「夕飯までに宿題終わらせてね」とか、


だいたいそんな感じで声かけていたのですが、
当たり前だけど宿題しない。


ついつい後回しになって怒られてから始め・・・


「だから先にしろって言ったやろ!」


って感じの無限ループでした。


でも、中学受験の勉強を付き添うようになってから、
声掛けが


「さぁやろか!○○にする?△△にする?」


に変わり、宿題への導入もスムーズになりました。


「(中学受験用の)○○にする?学校の宿題を先にしとく?」


という感じですね。


一緒にやる(と言っても横にいて口出したりうっとおしい存在ですが)
という事で、命令ではなく仲間になった感じです。


誰かと一緒だからできるって仕事でもありますよね。


私の場合は自営業なので、誰かがいないとサボりがちですよ(^^;)
誰かの目があって頑張れるので、カフェやマクドで仕事したりもしていました。


カフェで仕事って「カフェで仕事ってかっこいい!」ではなく、
誰か他人の目がなければ仕事さぼってしまうから、なんですよ。


親の目があると、宿題もやらざるを得ないかなぁ〜〜〜


今の問題点は勉強のスタートが遅いので(夕食後)、
寝るのがどんどん遅くなってしまっている事。


学校から帰ってすぐ勉強したくない、遊びたい、ダラダラしたい、
と、無駄に時間が過ぎていき、母が横につける夜からやっとスタート。
(時には夕食の準備せずに夕方から横について勉強みたり・・・)


本当に怒られて怒られてやっと宿題や公文をやっていたので、
スムーズに勉強するようになったって結構画期的な出来事だと思います。




オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」〜塾に頼らず2週間で成績UPする学習法〜




posted by くもんママ at 09:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: