2017年04月24日

公文から塾へだいたいいつ頃変わるのか?&塾と公文の算数の違い


うちの子はまだ公文を続けていますが、
同じ公文教室に通っていた同級生たちはどんどん公文から塾へ変わっています。


だいたい、小4〜5年くらいで転塾の子が多いです。


公文から塾に変わった子の話を聞いてみると、
塾に変わったばかりの頃は公文の貯金があり
結構塾でもいい成績が取れる
そうですが、
だんだんと貯金がなくなると成績が落ちてきたとの事でした。
(でもちゃんと勉強できた時は成績があがる!)


あと、算数の計算の場合、
公文では理屈がわからなくてもどんどん計算するけど、
塾の場合は理屈から論理だてて説明→計算になるようなので、
理屈を学習したら分数の計算ができなくなった、とも聞きました。
(その後ちゃんとできるようになったので問題なしですが)


どっちがいいんやろうな〜という話をしていて、
それぞれ良い面、悪い面はあるかなと思います。


私は個人的には公文式の「理屈がわからなくてもいずれわかる時が来る」
という方が好きですね。


理屈を理解するには、それを理解できる地頭が必要だと思うからです。


とは言っても、公文式は計算ばかりなので、
それ以外の図形や文章題はボロボロだったりもしますし・・・
(歯がゆい〜〜〜〜〜)


塾でも計算力は問われるので百ます計算はするように言われているそうですし、
計算力は基礎かなと思います。


中学受験勉強をするにあたって、公文で培ってきた計算力で
何とかなっている部分もあります。
(解き方わからなくても力技で計算できる。ただし効率悪いのでミスしやすい)


結局、どこを取るかかな〜〜〜と思います。


ただ、塾に変わった時に公文の貯金で成績良かったという話は、
公文生には嬉しい話です。


塾に変更する場合、塾の宿題や塾での学習の取りこぼしをなくす
(自宅で間違ったところを徹底的にやり直しさせる)をすれば、
どんどん成績UPすると思います。


公文の場合は100点取らないと次に進めないので、
それをしないでいいのは楽だなぁ〜と思います。


公文にしても塾にしてもせっかく通わせているので
成績UPにつながってほしい!と強く思います。


posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: