2017年07月26日

(悲劇)割合と百分率、忘れてしまってるーーーーー



割合=比べられる量÷もとにする量


比べられる量 = もとにする量 × 割合
もとにする量= 比べられる量 ÷ 割合



というのが割合の公式ですが、
比べられる量ともとにする量を逆にしたり、
とっても怪しい状態です(汗)


せっかくDVDでも学習したのに・・・またやり直しか・・・?


とガックリしつつ、
拡大縮小コピーしてみるのはどうかと思い付き、
過去問の赤本コピーを子供と一緒にしてみようと思っています。


例えば、
解答用紙の元(もとにする量:B5サイズ)をB4サイズにする場合、
紙のサイズ(短辺の長さ)で計算すると、
257mm(B4)÷182mm(B5)=1.4120879・・・
なので、百分率にすると、
1.41×100=141%


もっと大きくB5→A3に拡大する場合は、
297÷182=1.63186・・・ で163%


逆に元のサイズに縮小する場合はどうなるんだろう?
という感じで、コンビニコピー機の前で電卓で計算しつつ
コピーしてみようと思っています。


ちょうど赤本の解答用紙を拡大コピーしたいと思っていたので
結構いいアイデアだと思うのですがはたして。


下剋上受験の桜井さんも、桜井さん、うちの子受かりますか?
の本の中で書かれていましたが、
うちの子も日常生活に即した数値の感覚が弱いと思います。


説明すると理解しているようだし計算もできるけど、
例えば、「30gの25gに対する割合」って、
1より大きくなる
って感覚的にわかりますよね?


●の1/3は●より小さいはずだし、
80%しかはねないボールは、どんどん跳ねる高さが小さくなる。


感覚的に大きいな、小さいな、ってわかれば
「あれっ?おかしいな?」と思わないかな・・・という戦略です。


こういう割合の感覚を養う事を小さいうちからやっておくといいですね。


ケーキを5等分すると小さくなるね。
半分に切ってしまったら5等分できないね。
5等分するには角度は何度になるの?(360÷5)


お金だと結構わかっているのかなぁ。
税込でいくらになるの?(元の値段より高くなるっ)とか。


今(小6夏休み)こんなレベルで大丈夫なのか・・・と不安になりつつ、
コピーしまくります(^^;)


●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


ラベル:百分率 割合と比
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: