2017年08月03日

中学受験やめますか?それとも人間やめますか?



サクラサク中学受験 勉強法に基づき、
自宅学習で中学受験勉強を進めていて、
学習自体は進みが早くないけれど順調だとは思うのですが・・・


我が家の中学受験は「部活をがんばる」という理由なので、
「やっぱり部活はやりたくないかも・・・」という心の動きがあり、
勉強はしているけど公立に行く可能性も高いです。


じゃあ、中学受験をやめる、ってどんな感じなんだろう?
と思い、検索して見つけたのが、どんぐり倶楽部を実践されている方のブログでした。


中学受験やめますか?それとも人間やめますか?小4で受験をしないと決めた我が家の場合。


中学受験の勉強の最後の仕上げであるパターン学習は、
思考力を奪ってしまう危険な学習のようですが、
公文式も同じやなぁ・・・と思いました。


中学受験の算数問題を進めていて、
子供に「イメージ力がない」という事に気づいたのですが、
まさにパターン学習の弊害だと気づいてしまいました。


12歳までの思考力を確立する時期にパターン学習は逆効果のようですが、
うちの子はあと数か月で12歳になります・・・


うわぁ・・・取り返しがつかない事を強要してしまったかもしれない


と思いましたが、
中学受験勉強をしたからこそ気づいた、とも言えるので、
学習については「なるべく演習を少なく、考える事重視で解いていく」
という方向性で続けることにしました。


今から「どんぐり倶楽部」やらせようとしたとしてできるかなぁ・・・
わからなくて発狂するんとちゃうかな、と子どもを見ていて思うので、
どんぐり倶楽部については、低学年のうちからスタートした方がいいと思いますし、
思考力がつけば中学受験の問題でも余裕で解けるだろうなぁ・・・と思いました。


そんなわけで、低学年からの先取り学習は危険かもしれません。
もしやるなら、思考力鍛える系の教材を使うのがベストだと感じています。


逆につめ込みは12歳以降にがんばればいいのかも。
その理論でいけば、公文式は小6か中1くらいからでもいいかも。


なるべく考える、思考力をつける形で、中学受験にこだわらず
学習をしっかりやっていこう、という気持ちです。


●みなさんの中学受験はどんな感じでしょうか?
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: