2018年01月20日

模試を受けなくても偏差値がわからなくても・・・



我が家の場合、5月に模試を受けてから受験までに
模試を1回も受けず、どれだけ偏差値が上がったのか、
(または横ばいなのか)もわからないけれど、
無事志望校(1校)に合格して中学受験が終了しました。


受験した志望校の偏差値は、
日能研のR4予想35、
五ツ木駸々堂模試で43〜48で合格圏内、
と、中堅校よりも偏差値的に下の学校です。


うちの子の場合、5月の段階で、
日能研の偏差値 26.6(2科)
五ツ木・駸々堂偏差値 34.4(2科)
だったので、10くらいアップしたのではないかと
思います。(レベルが低くてすみません)


模試は受けませんでしたが、
8月と11月にプレテストを受けましたので、
プレテストを模試の位置づけで利用しました。
(無料だったのもありがたかったです)


プレテストでも点数や偏差値はもちろん、
苦手分野や正答率も目で見てわかるグラフ付きで、
合格圏内かそうでないかもわかる分析シートが
ついていました。


模試で苦手分野(穴)をチェックする方が多いと思いますが、
過去問演習で対応できました。


模試で良く出る問題でも、
志望校では出題されにくい問題もあると思いますので、
過去問の方が苦手分野(穴)をチェックするのに
適切なような気もします。
※志望校が決まっていればですが・・・


テストの場慣れとしての模試も、
プレテストの方が実際の受験に近いです。


志望校が特に決まっていない場合は、
模試をしっかり活用すれば良いのではないかと思いました。


ちなみに我が家でお世話になった
サクラサク中学受験 勉強法では、
3か月に1回程度、模試を勧めていました。
(でもプレテストでも代用できるとも言われました)



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: