2018年01月24日

過去問国語(初見)の正答率推移


国語は公文のおかげで、
中学受験勉強を始めた直後の5月(模試を受けた時期)や
7月(サクラサクの基礎学習が終わった頃)も
正答率50%(合格者平均点)を取っていましたが、
その後、じわじわと正答率が上がりました。


11月のプレテストでは正答率75%と1.5倍に。
入試直前も正答率70〜80%を維持していました。


ちなみに国語については11月以降は漢字と
問題集1冊を1日2ページペースで学習するくらいで
ほとんど力を注いていませんでした。
(それ以前は問題集がもう1冊ありました)


「やってて良かった!公文式」
を地でいったのは国語、
計算力は助けられたけど苦戦した算数、
という感じになりました。


国語の過去問演習は、
テストのように時間を測って解くのを数回しただけで、
ほとんどやりませんでした。


国語の読解問題の場合、過去問を解いたら解けるようになる
というものではないので、市販の問題集で学習で良かったようです。


サクラサク中学受験 勉強法のおかげで、
国語は公文だけの時より安定したようでした。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: