2018年02月21日

中学受験、途中で辞めないだろうなぁ・・・と思う理由


我が家の場合は自宅学習で中学受験にチャレンジしましたが、
中学受験勉強をスタートしてから、子供に手間かけるように
なりました



「公文やっときや〜」で終わっていた家庭学習ですが、
勉強時間に付き合って○付けして・・・


そのために仕事時間を短縮して、
晩御飯の時間を早めたりもしました。


子供にべったりだし、べったりでなくても
子供の勉強については得手不得手など
じっと観察していました。


塾に通わせているお子さんの場合も、
塾弁を作ってあげたり、受験勉強しているからこそ
かなりいろいろ手間ひまかけてあげている状態だと
思います。


もし中学受験を辞める事にしたら、
これらの親からの手間やお金をかける事が
スパっとなくなってしまいます。


塾に通われている場合は、塾の友達ともお別れだし、
中学受験塾に通っているという賢いステータスも
なくなってしまいます。


公立中学に行くなら必要のない勉強や
親の手間ひま・お金をかけてあげている事で
親の愛情を感じているし、熱心なご家庭の場合、


賢い学校に入る=親の愛情をもらえる
バカな学校に入る=親に見放される



とお子さんが思っているかもしれません。


そりゃ、もし親に「受験辞めたら?」と言われたとしても
受験を辞めるとは言わないでしょう。


受験が終わってからも、受験前ほどではないけれど
問題集をコピーしたり○つけしたりしていますが、
勉強に限らず試合があれば観に行ってあげるとか、
手間かけてあげないとあかんねんなぁ・・・と思う
今日この頃です。



●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: