2018年03月04日

(中学受験算数)論理的でない図形問題の解き方


うちの子は図形の問題が苦手だったのですが、
図形の角度を求める問題の解き方を見て
めちゃびっくりした事があります。


なんと!角度がわからない箇所の角度を
「図を見た感じで適当〜に入れていた」のです(汗)
(だいたい40度くらい、という感じで・・・)


上下平行な線だから、左右対称な図形だから、
二等辺三角形だから・・・など、
何かその角度になる理由があるはずなのですが、
ものすごーーーーく適当(勘?)。


その解答を見てから、図形の見た目に惑わされずに、
書かれている数字や記号だけを信じるように
言いましたが、
これって意外と小学生アルアルな解き方かもしれません。


ちなみに図形問題の基礎については、
IINA算数教室の算術プリントに
めちゃくちゃお世話になりました。
(手持ちの参考書よりわかりやすかったです!)


受験した学校では図形の問題がほとんど出題されないのですが、
図形の角度を求める問題だけは絶対に出題されますし、
図形はやはり避けて通れません。


中学受験勉強を通じて、
目をそむけたくなるほど子供がわかっていない部分が
いろいろと炙りだされたのでした・・・



●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: