2018年03月07日

才能がすべてではない


子供がやっている習い事(スポーツ)で
ママさんたちとお話ししていた時に、


「うちの子は水泳の方が絶対に才能あると思うんやけど、
 本人が習い事のスポーツの方が好きみたいで・・・
 ほんま下手やけど好きやし楽しいみたい。」



と言っているお母さんが2人いました。
(どっちの子も選手コースに行けるレベル)


うちの子は水泳は本当に苦手で、
クロール25m合格するのにどれだけ時間かかったか・・・
というレベルなので、水泳の才能あるってすごいなと思います。


ある塾の先生の話ですが・・・
灘中目指せる素質のある男の子がいたんだけど、
本人は野球選手を目指したいという事で、
中学受験を辞めたという話を聞いた事があります。


本当にもったいない!!!


って、誰もが思うだろうけど、
勉強って本人がその気になれば後からでもできるし、
勉強を後からでもやっていける素質がその子にはあるんですね。


それならやりたい事を先にやってみた方がいい、
という感じでしょうか・・・


うちの子はやっている習い事のスポーツについて、
特別うまいわけでもなく身体も小さいしごく普通の子です。


もしかすると運動より勉強の才能の方があるかもしれない?
(あくまで母の希望的観測です、笑)


でも、スポーツって、それで食べていける人は少ないけど、
中高生時代なら子供の半分くらい運動部かも?というくらい、
スポーツやっていたりします。


それなら、才能がなくて?挫折して?嫌になって?
将来スポーツを辞める事になるかもしれないけど?
だれもがやりやすい中高部活でやった方がいいと思います。
(やりたい事があればです!)


学校行ってスポーツ部活ができる、という事は、
公立であっても恵まれていると思うのです。


健康でないとできないし、できる環境がないとできない。
(うちの校区の公立中学はやっているスポーツの部活がないので・・・
 他のスポーツをすればいいのですが何となくもったいない)


そんなわけで私立中学にご縁がつながっていくのですが、
才能ある子の灘中ルートを外してあげた親御さんは偉いなぁ
と思うし、才能がすべてではないと思うのでした。


ただし、才能がある事をやると、
思いっきりスムーズに物事が進んだりします。


子供に特にやりたい事がなければ、
才能を伸ばす方向が良いと思います。


今やっている何かが何であっても、
やっているうちにうまくなる→好きになる
という事も多いと思います。


何かについてずばぬけた才能を持っている人はごく一部だと思います。
勉強できる子だって初めから天才の子はごく一部でしょう・・・


何かに打ち込むから才能が開花するし、
大した努力もせずに結局面倒な事をやりたくないから
才能のせい(才能ないから無理という感じ)にする事もあるでしょう。


才能のせいにしてないで、まずはやってみましょうよ!
そして、どうせやってみるなら、
好きな事・楽しい事をする方が幸せやなぁ〜と思うのです。


スポーツだってチームプレーの場合めちゃ頭を使うので、
勉強的な才能も必要だと思いますよーーー
(習い事のスポーツもアホではできないという話をよく聞きますし、
 野球の桑田選手もバリバリ頭を使って投げていたようです。)




●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 習い事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: