2018年06月16日

地震と保護者連携のありがたさ




記事の日付は6月16日ですが、6月20日にこの記事を書いています。



6月18日の朝、大阪で震度6弱の強い地震がありました。



学校に通っている時間帯の地震だったのですが、
学校に到着しているか通学途中(駅や道など)という感じで、
子どもたちも怖い思いをしました。



我が子が学校にいるのか?駅にいるのか?
というところが一番気になるところなのですが、
スマホを持っている子が多く、LINEで確認できました。



スマホを持っていない子もいるのですが、
部活同じ子に「そこに○○くんいる?」という感じで
確認してもらって無事確認できました。



こんな事が可能だったのは、部活お母さんグループLINEで
連携がとれたからなのですが、もしこのグループがなければ
本当にみんな孤独で不安でいっぱいだったと思います。



遠くから通わせている子も多いのですが、
方面が同じお母さんたちが連携して車で送ってあげたり
という事もしていました。



それも部活に入っていたから、
保護者LINEでコミュニケーションが取れていたから
可能だったのですが、入学したばかりですし
他の保護者に知り合いがいなければ迎えに行くなども
ひとりですべて対処しなければなりません・・・



連携はあったものの方面が違う子は、
親が仕事だったという事もありなかなか家に帰れず
帰りたくても帰れない、という心細い思いもしています。



学校から対応についてメールで連絡はありましたが、
保護者同士でやり取りできたという部分は
心強くとてもありがたかいです。



公立中学で近くだったら歩いて帰ってこれるけど、
遠くから通学していて電車の子も多く、
地震後学校に通わせるのも不安になります。
(また電車止まって帰れなくなるのではないか?など)



私立だから学校が遠いからこそ、
何か保護者のつながりを作っておくことが大切だと思いました。



保護者会でもいいですし、部活つながりもおすすめです。



●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村





【関連する記事】
posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 私立中学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: