2017年06月07日

芸大受験対策も低年齢化が進んでいる



大学で芸大に行く場合、デッサンなど実技試験対策のため
専門学校に通う必要があり
、私たちの時代は高校1年から通う
というのが一般的だったようなのですが、
最近では中学生の頃から専門学校に通って対策をしているようです。


一般の国語・数学なども地道な学習が必要ですが、
デッサンなど絵を描く技術を身につけるためにも、
毎日の練習が必要です。


まず基礎を身につけて、行きたい芸大に合わせた作風に対策していく、
という事は、普通の大学受験対策と同じですね〜。


「芸大なんか行ってどうするの?なんの仕事するん?
普通の大学に出て経理とか普通の職業がいいんとちゃうん?」



と、私の時は言われましたけど、
今も似たような認識じゃないかなぁ。
(だから職につながりそうなデザイン系学部にした)


逆に普通の大学出て、みんながする仕事を探したら
高学歴な人に負けてしまって就職できないよ・・・

と思いました。


芸大でも4大卒の人は憧れの会社に勤められるかも?だけど、
短大だとそういう夢のような道はないですね。
(普通の就職活動と同じやね)


お子さんがもし芸術的な事に興味があるなら、
早めに対策した方がいい
ですよ〜


学力同様、実技の能力も身につけるのに時間かかります。


センスがなくて、という心配もあるかもしれませんが、
逆にどんなにセンスが良い子でもむちゃくちゃなデッサンだったら
実技試験で落とされるでしょう。


数学でも天才的なセンスがある人はいるけど、
そういう人はひと握りだし、結局ほとんどの場合は
普通の人が努力で数学できるようになっているんとちゃうかな。


だから、結局やりたい事やろうと思った事を
諦めずに続けられた人が夢を叶える
のだと思うし、
いろいろやっていくうちに夢も変化していくので、
今やりたい事を精一杯やれば思わぬ展開があるかも?


だから、もし子供が中学受験を辞めたとしても
精一杯頑張っての結末であれば、それが最高最善な結果なのだと思います。


でも、できれば進学が将来やりたい事(仕事)につながるように、
大学受験(するかしないかも含めて)の時にはしっかりと考えて欲しいなぁ
と願っています。



●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


ラベル:芸大受験対策
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

難関中学受験生が大学受験でも先頭を走る理由


2020年大学入試改革の記事でも書きましたが、
記述式の問題が多くなる?今後の大学入試って
何となく「難関中学」と普通の中学の違いのように感じています。


難関中学の入試問題を見ると、基礎学力・知識という基本があり
そこから意見を述べるような問題がありびっくりします。


中学受験の小学生時代からそこまでに対応できる学力がある子供たちは、
大学入試でも、そのような形式の問題が増えてくれば
そのまま有利に進めると思います。


知識がある=暗記 ではなく、それってどうなの?というところまで
意見を聞かれて答えられるのか?



初めは暗記かもしれないけれど、やっぱりそれは知識があってこそ
語れる話でしょう〜


学校で習った事って社会で役立ちそうにない事も多いけれど、
やっぱり(暗記力ではなく思考力な)学力は必要ですね。


将来社会に出て、指示された事だけしかできない人になるのか、
指示されたことから発展させて考えられる社会人になるのか



2月に志望中学の部活見学させていただきましたが、
部活でのコーチの指示が
「走っている時もひたすら考えろ!適当に走るな!」
だったんですね。
(漠然と走って漠然とパスではなく・・・漠然はバレバレ)


それを聞いて「あ〜、ここでお世話になりたいなぁ・・・」
と思ったのですよ。


志望中学で考えさせる教育をされているのか?
そこが知りたい〜〜〜と思った今日この頃です。
(アクティブラーニングはどうなんやろ〜???ぴんとこなかった)



●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

2020年大学入試改革に振り回されるな




オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」〜塾に頼らず2週間で成績UPする学習法〜のYuki先生のメルマガで
大学受験についての事が最近ずっと配信されていたので、
まだ子供は中学生にもなっていないのに大学受験にも関心を持っています。


2020年大学入試改革については、記述式がメインとか情報がいろいろありますし
受験対策はどうするん?と不安になる部分あります。


でも結論を言えば、大学入試改革でどんな変化があったとしても、
受験の基本的な部分は変わらない、との事です。


今までもいろいろ改革があり、私たち親が大学受験をした時代と
だいぶ入試事情が変わっている部分あるはずですが、
極端な話、数学がなくなる!とか、国語がなくなる!とか
そういう事は絶対にありませんし、枝葉は変わっても学習の基本は変わらない
ようです。


記述式が多くなるんだって?考える問題が増えるってどうしよう!
という部分は枝葉の部分なので、幹(基本学力)はしっかり学習を進める
必要があります。


逆に幹がしっかりしていなければ、枝葉もボロボロでしょう・・・


昔から定番の参考書は改訂しながらずっと使える参考書として存在していますし、
最新版を使う、という部分を気をつければ受験の頼もしい味方であり続けている
はずですし、良質な参考書で正しい学習を続けていけば実力つくはずです。


★中学生向けだけど大学受験にも役立つ学習法
オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」〜塾に頼らず2週間で成績UPする学習法〜



●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする