2017年09月21日

(高校)スポーツ強豪校もいろいろ


うちの子の志望校はスポーツ強豪校ですが、
高校になると、学校によって、


・ほぼスポーツ推薦の子ばかりで固めている学校
・一般の子も部活できるけど特進クラスの子は部活できない
・特進クラスの子でも毎日部活に参加できる学校
・誰でも部活参加できるけど週3日



という感じで、学校によって全然違うので
部活もできるかどうかチェックした方が良さそうです。


強豪校の場合、
高校からスポーツ推薦でうまい子が入ってくるので
中学あがりの子は高校で部活を辞めたり、
辞めてなくでもレベル差で試合に出られなかったり・・・


中学からその学校に入ったとしても
活躍できるかどうかはわかりません。


活躍できなかったとしても参加だけでもしたい、
という場合でも、初心者×の学校もあるかもしれません。


うちの子の志望校はスポーツ強豪校ですが、
高校からうまい子たちがたくさん入ってくるだろうけど、
初心者も入部OKで、特進クラスの子も部活OK(その代わりに部活時間は短め)
中学生と高校生が一緒に練習する(うまい子ばかりで練習しない)
という懐の深さが魅力です。


個人的には「勉強ばかりではどうなんやろう・・・」
と逆に部活できず勉強オンリーな環境の方が
ストレスたまらないかと心配になってしまいますが・・・


うちの子のように基本的には勉強嫌いな子が
勉強三昧な学校に行ってしまうと逃げ場がないような気がします。


部活を辞める理由は「受験勉強のため」が定番ですが、
頑張ってみて無理だったら辞めればいいんだし、
部活やりたいのに「入れない」というのは寂しいですね〜〜


部活あるけど週3日だけ、というのも
勉強に力を入れるために必要な措置かなとは思うのですが、
「部活で勝利を本気で目指さないんですね?」
という感じで何となく寂しい・・・


私は、部活本気で頑張ってみて青春してほしいな〜〜〜
ってめちゃ思います(笑)




(登美丘高校ダンス部はほんまにすごい!)



●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 14:36| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登美丘高校ダンス部のバブリーダンスPVにはまっています♪


すみません、公文や中学受験勉強ネタじゃありませんが・・・
登美丘高校ダンス部のバブリーダンスPVにはまっています♪





登美丘高校ダンス部は、
「登美丘高校ダンス部の動画を見て、
 こんなダンスしたいと思って勉強して入った!」

という生徒さんが多いそうで、
全女子生徒の1/7の90名がダンス部だそうです。


やりたい事だから頑張れるのかな〜。


準優勝で悔し泣きの涙を流していた彼女たちがまぶしいです。




●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

(高校・大学受験)スポーツ推薦ってどうなの?


上のお子さんをスポーツ推薦で私立高校・私立大学へ進学させた方に
スポーツ推薦について聞いてみました。



Q1:スポーツ推薦って学費はどうなるの?

スポーツ推薦と言ってもいろいろで、
学費無料の場合もあるし、全額支払う場合もあります。

学費無料の場合は、
そのスポーツができなくなった時点で退学の学校や、
退学まではいかないけれど何か運動部に所属していれば卒業はできる
という学校など、学校によって条件がいろいろです。

だから条件はしっかりチェックする必要があります。
怪我しにくい競技なら無料スポーツ推薦もありかも?

学費無料でも万一怪我で退学となったら困るので、
推薦の話が来ても普通に受験して入学してスポーツする子も多く、
その場合は怪我でスポーツできなくなっても退学という事はありません。



Q2:ぶっちゃけ学費は払ったの?

その方の場合、実は払わなかった(無料)そうです。
大学についても高2で声がかかり推薦&学費無料で決まったそうです。

でも同じスポーツをしていてスポーツ推薦の子でも
学費を払っている家もあるそうで、基本的には口チャックです。

だから、学費無料でスポーツ推薦の場合は、
実は早くに(高2あたり)で決まっているようです。



Q3:学費無料のスポーツ推薦を狙うにはどうすればいいの?

上記の事から、学費無料でスポーツ推薦を狙う場合は、
高2までの実績で決まる、と言っていいと思います。

セレクションで選ばれるなど、そのスポーツで目立つ(顔が売れる)
事も必要かと思います。(中学から目立っておくこと!)

また、あまり人気がなく競技人数が少ないスポーツは
選手取り合いになるので、かなり有利です。

ちなみにその方のお子さんの場合は「陸上競技」でスポーツ推薦です。
現在関東の大学に通っているそうですよ。



うちの子がやっているスポーツの場合も、
中学でセレクション→高校推薦を狙っている子がいます。

学力がイマイチ・・・なので、とか、
セレクション狙いのために強豪私学には行かない、という感じです。



同じスポーツをしていても、望まれて無料で進学する子と、
声はかけてもらったけど学費払って(=お客さん)というのとで
待遇の差がかなりあるのは切ないですね・・・


受験塾でも成績良い子は特待生(無料)で、
それ以外の子の学費でその子の分を支えている、というのと同じです。


あ〜でも、特待生で学費無料って本当にありがたいですよね。
親孝行なお子さんやなぁ〜と思います。



●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

ラベル:スポーツ推薦
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする