2018年02月24日

入学する私立中学の高校受験:専願が募集人数より多かった


入学する私立中学の高校受験状況ってどんな感じだろう?
とふと思い、私立中学高校連合会のサイトを見てみました。


私立中学・高校各校の募集人数・応募人数などが
一覧になっているPDFが公開されていて、
倍率は計算すればわかる、という感じです。


うちの子が入学する私立中学の場合、
高校で中学の人数の1.5倍くらいの人数を募集しているので、
高校では中学の倍以上に人数になります。


高校受験の場合、専願と併願のそれぞれの出願者人数も出ていたのですが、
専願で普通科出願者が募集人数を上回っていてびっくりしました。
(専願倍率=約1.5倍、併願も入れると約3倍)


でも英数コースの専願受験者は募集人数の半分(約0.5倍)で、
併願人数がとても多い(併願だけで募集人数の4倍強)という感じでした。


頭のいいコースを受験する子は、難関公立が第一志望で
滑り止めで私立中学を受験、という感じでしょうか。


逆に普通科は専願と併願の子とが半々くらいですが、
専願の子だけで募集人数の1.5倍なので、
併願の子はさらに厳しい戦いになったと思います。


専願の子が多いというのは、「ええ学校やで〜」と言われたようで
ちょっとうれしくなったのでした。
(受験は大変ですが・・・)



●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

(私立高校)外部からの子の方がよくできる


進学校(私立)に中学受験で入った人の話ですが、
高校から入ってきた子の方がよくできるので、
難関クラスに残れるか・・・という話をしていました。


私立中学で先取り学習しているけれど、
高2からは内部からの子と外部からの子が
ごちゃまぜのクラスになるので、
外部からの子は高1〜一気に先取り分を追い上げてきます。


私も公立だけど一応進学校出身なのでわかるのですが、
高1の途中で高2の数学に入ったので
進度がかなり早くめちゃしんどいと思いました。


だから私立中学で先取りしておいた方が楽だと思うのですが、
高校受験組の子の方が、高校受験で勉強エンジン全開状態なので、
意外とドンドン進めやすいのかも、とも思いました。


だから、公立中学でも上位に位置して進学した方が、
大学受験まで学力がどんどん上がっていくのかも・・・
(めちゃ大変だけど)


ちなみにその話をしていたおうちの場合は、
お姉ちゃんが私立(進学校)で、
弟は公立中学に進学予定。


男だからいろいろ揉まれて欲しいし、
塾に通いつつ勉強も頑張って高校受験して欲しい。


我が家の場合も、そこのおうちの校区なら部活できるので
公立中学〜高校受験ルートを選んでいたし、
大学受験に焦点を合わせると公立ルートも意外といいと思うのでした。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

サクラサク中学受験勉強法と高校受験勉強法の大きな違い


サクラサク中学受験勉強法で日々の学習を進めていますが、
子供が「公立にしようかな〜」とも言っていたので、
ちょっと気が早いかもしれませんが、サクラサク高校受験勉強法も
購入しました。


中学受験勉強法と高校受験勉強法の大きな違いは、
高校受験対策のほとんどが「定期試験対策(中間・期末)」
というところだと思います。


いくら小学校のテストでいい成績でも
中学受験にほとんど影響がありませんが、
高校受験については、試験の範囲=全定期テストの範囲
という事と、内申書対策も兼ねて、
かなり定期テストに力を入れているマニュアルです。
(マニュアルの半分は定期テスト対策、
 あと半分は3年からの受験勉強対策となっています)


だから、もし中学受験して私立中学に行く事になっても
活かせる内容ですし、進度の早い中高一貫性向け対策も
載っているので、購入する事を決めました。


あと、全体的な印象ですが、
中学受験勉強は「楽しく学習」するという感じで、
高校受験勉強は「人生を変えるために勉強しよう」
と、語りかけています。


今まで勉強してこなかった子向けの、
入試2か月前でも成績アップのマニュアルもついていますが、
そのマニュアルには平日は最低1日4時間、
休日は1日8時間は「集中して」勉強すること、
と書かれています。(塾は半分の時間で学習時間に入れられます)
※早くから学習している子のマニュアルには書かれていません


定期テスト対策の学習も基本的には毎日やるものなので、
学校の宿題以外の学習でコツコツ力をつけたら
かなり差が生まれてくると思います。


どこの中学に行く事になったとしても、
塾には行かず、引き続きサクラサク高校受験勉強法で
家庭学習を続けていくつもりです。





サクラサク中学受験 勉強法



サクラサク高校受験 勉強法


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by こあら(旧くもんママ) at 12:00| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする