2017年11月18日

受験の神様


中学受験をテーマとしたドラマ「受験の神様」を
観ています♪






まだ途中までしか見ていませんが、
ざっくりとあらすじを書くと、



主人公の広くんは、野球をやっている同級生が
野球が強い私立中学の早田に行きたいため
野球をやめて塾に通い勉強頑張っている事を知り、
自分も早田中学に行くために中学受験したい
とお父さんに言います。


「ならやってみろ!」とお父さんは応援するんだけど、
その話が出てきたのが小6の4月。


今まで塾に通っていない広の模試の結果はボロボロで、
お父さんは広に勉強を教える事もできず・・・


私立中学で野球をしたい!という広の想いをくんで、
簡単な試験で入学できるけど莫大な寄付金が必要な
函館の中学に入学させようと、自分も転職活動したり
深夜に工事現場でバイトをしたり。


でも、広はどこの学校でも良いのではなく
早田だからこそ行きたいのであり、
模試で全然解けなかった問題をどうやって解くのかが知りたいし、
勉強を頑張りたいって思っているのです。


そういう状況の時に、受け持った受験生は100%合格させる
家庭教師がいる事を知り、何とか広の家庭教師になってもらおうと
必死で探し・・・


その家庭教師が「受験の神様」と言われている、
中3の女子中学生、菅原道子。


何とか家庭教師を引き受けてもらったものの、
生徒としてクビになってしまったり、
紆余曲折があり、続きが気になるドラマです。


我が家の場合は、小6の4月〜受験勉強を始めたので
主人公の広君と同じ状況で感情移入してしまいますが、
塾に通っているけど成績が伸びない女の子や、
御三家を目指しているけど塾のクラス落ちをした男の子など、
登場人物のどこか何か「うちもそうなの!」という状況が
あると思います。


最後まで観てみたいドラマです(^^)


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ドラマ「ドラゴン桜」が面白い!


ドラゴン桜のマンガは子供のために取っていて、
自宅にある&子供も読んだことがあるのですが、
TSUTAYAでドラマのドラゴン桜DVDがあったので
まとめて6巻借りてみました!


まだ1話と2話しか見ていないのですが、
マンガでは東大目指す子が2人だったのだけど、
ドラマではたぶん6人(2話の段階では4人)で、
登場人物も多く、マンガとかなり違う感じです。


ドラマの中では水野が「努力してもいい事がなかったし、
それなら最初からやらない方がいい」
と言っていて、
お母さんがやっている小料理屋のお客さんにも、


「偏差値36の龍山高校の生徒がどこの大学に入れるんだ!
どこの会社が雇ってくれるんだ!」



と言われたり。


龍山高校の先生たちも「この学校の子が東大に入れるわけがない」
と、桜木先生をやめさせようと画策したりしていて、
大人も子供もみんなあきらめムードなんです。


そしてそこから這い上がっていくのだけど、
進学した学校によって人生が変わるというのは、
偏差値とか学力の問題ではなく、
周りの環境のよるところが大きいなぁ・・・
と思いました。


どんなに熱血な先生がいたとしても、
まわりが冷めていれば熱血な先生でさえも
「どうせオレ一人頑張っても無駄」と思うだろうし、
なんだか悲しいです。


そういう意味では、公立中学より私立中学の方が
「どうせ・・・」な子が少なそうな気がしますし、
いろいろ頑張れる環境があるのかなぁ・・・


もちろん「いい学校=いい人生」というわけでもないし、
学校で判断されるのはどうかと思いますが、
このドラマから12年後の今も、勉強できない子が
個性で輝ける社会にはなっていないと思うのです。



ドラゴン桜 DVD-BOX


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

子供のリクエストで「ビリギャル」借りました




Amazonオンデマンドで見た事があったのですが、
子供のリクエストで「ビリギャル」借りました。


底辺の学力のギャルが勉強して慶応に合格する
というお話ですが、彼女の学校の先生やお父さんは
彼女を「クズ」だと言い、彼女は何をしてもダメな奴だと
思っているし口に出して彼女に言っているんですね。


でも塾の坪田先生だけは
「ダメな子はいない。ダメな指導者がいるだけです」
と、彼女の事を馬鹿にしないし、彼女を応援してくれる
お母さんがいる。


途中でくじけそうになりながらも勉強を続け、
「やっても無理な事があるんだ」と野球をあきらめる弟に、
慶応C判定の模試結果を見せるさやか。


周りの反対があってもやり遂げられるか?
というのはお試しのような感じもしますが、
結局本人が続けられるか、周りも彼女を信じてあげられるか、
本人も周りも「どうせ無理なんだ」と思ってしまうのは
もったいないなぁ〜と感じます。


やっぱりビリギャルいい映画ですね(^^)
受験生が見ると元気がでると思います♪



●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

ラベル:ビリギャル
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする