2018年10月28日

不登校専門カウンセラーのセミナーに行ってきました



以前に書いた
不登校専門カウンセラーのセミナーに行きます
のセミナーに行ってきました!



懸念した通り、最終的には高額セミナーへの誘いなのでその辺はもやっとしましたが、
内容は良かったし子供は今現在不登校であれば高額でも申し込んだと思います。



不登校は学校のカウンセラーさんに相談しても解決しません。
とりあえず様子を見ても行くようにはなりません。
いろんなサイトを見ても解決しません。



なぜ学校に行けないのかというと、
学校が安心安全な場ではないからです。



なぜそう思うのかと言うと、自己肯定感が低いからです。



自己肯定感が低いのは
親からちゃんと共感されていないから、です。
(私は共感しているという人もほぼできていないそうです)



つまり、親のせいなのです。
親が変われば子供の不登校も解決していきます。



そうは言っても、一日中ゲームやスマホで遊んでいるのに共感できないし、
ついついその「行動」について注意してしまいますが・・・
そこに「子供の心」は加味されていません



子どもが「無条件に」生きている意味があると思えると、
学校に行き始めるようです。



不登校の子は自分は役立たずでクズでゴミだと思っています。



よく「褒めるといい」と言われていますが、
褒める=褒められる自分に価値があるから褒められない自分はダメだ
という感じで思うので×です。



優しくしても、愛情をかけても、心配しても不登校は解決しません。
なぜならそれは親本意だからです。



お子さんがどんな状況でも「この子はこれでいいんだ」と思える
共感が腑に落ちればお子さんも変わっていきます。



それには、


(1)ホンモノ共感を学ぶ(ほぼすべての人の共感は偽物です)
(2)親の自己肯定感を高める(親も自己肯定感が低いです)
(3)心の対話を学ぶ(子供の集団適応力を高める)


と良いそうです。



自己肯定感の低い子は、親も自己肯定感が低いです。
仕事をしない自分だったらダメだと、
家事をしない自分は受け入れてもらえないだろう、
役立たずと言われないように頑張っているでしょう。



あと、みんな強烈に洗脳されている部分があり、
マイナスの会話は共感できず、勝手にプラス変換してしまうようです。



生きていく中で枠組みがあり、



・迷惑かけてはいけない
・普通でなければならない
・楽しい事のために嫌な事を我慢しなければならない
・人に甘えてはいけない
・しっかりしなければいけない
・マナーがなっていない人はダメ



などなど。



弱音を吐いたら「そう言わずに頑張っていこうよ」とか、
とにかくプラスの事を言わないと思ってしまいます。
弱音を否定していますよね。



こうしてみたら?あーしてみたら?とか解決策を言ってしまって
吐いた弱音を何も聞いていないし無視しています。
(「そうやね、しんどいんやね」などが正解です)



失敗してはいけないと親が思っていて、
子どもが失敗しないように教えるのでチャレンジできなくなります。




・ゲーム課金はダメなこと
・先生から評価される事は良いこと
・悪い友達と付き合いをやめさせなければ・・・



この枠組みを取れますか?
自力では無理でしょう・・・
だって枠組みにすら気づいていないからです。



そうは言っても親は子供を「ちゃんとした大人に育てる義務がある」
と私は思っていますし、悪い事ダメな事は注意しないとダメじゃないの?
と思います。(だから私もホンモノ共感できていません)



じゃあ具体的にどう声がけしていけばいいの?
という内容については高額セミナーで、という事になるのですが、
自分はできていない、という事に気づけただけでも良かったです。



そんなわけで、もし興味ありましたらこちらをどうぞ。
http://jisinkodomo.com/




●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

不登校専門カウンセラーのセミナーに行きます


ブログご無沙汰しておりました。
表題の通り、不登校専門カウンセラーのセミナーに行きますが、
子どもは不登校ではありません。



でも、体調が悪くなることが多くストレスに弱い子です。
7月期末試験前日からの虫垂炎〜手術、
先日は胃腸炎になり体育祭を欠席しました。



体調なので仕方がないと言えば仕方がないのですが、
小学生の頃からちょくちょく体調が悪くなり学校を休んでいました。


学校嫌いで家にずっといたい、というような子です。
ほっておいたら引きこもり一直線かも(^^;)



学校生活は普通に頑張っているようです。
部活も体調良い日は参加しています。



成績はそれほど悪くもなく良くもなく普通、
部活は虫垂炎で体力が落ち試合に参加できず
他の子に引き離されていますが仕方がありません。



「学校行かずに勉強せず部活もせずゴロゴロしたい」
という願いは虫垂炎になる事で叶えました。



とにかく前向きではないし、日々やりすごしている感じです。
私立に行ってこれだから公立だともっと悲惨だったかもしれません。



ちなみに不登校の原因の1つと言われている親子関係については良好です。



ママ大好きで反抗期とは無縁です(今のところ)。
母がお出かけする時「俺も行く」と言う事が多いです。
面倒な事も結構つきあってくれます。



声掛けも気をくばっているつもりですが、
性格が慎重で後ろ向きなので積極性に欠け・・・
一歩間違えれば不登校になりそうな子なのです。



不登校にお悩みの方にセミナーの事をお伝えしたくて
久しぶりにブログを書きました。東京と大阪であります。



詳しくは下記リンクをどうぞ。
http://jisinkodomo.com/





●まだ先ですが大学受験カテゴリーにも登録してみました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする