2014年04月21日

脱洗脳教育論―日本再生のカギはすべてここにある!!




子供達も私たちも学校で、社会で洗脳されています。


この本の教育論については???な所も多かったのですが・・・
脱洗脳は大事だと思います。


解決策で「学校での学習と同じくらい、家庭学習せよ」


と書かれていましたが、さすがに無理でしょ・・・


でもそれくらい時間と期間(小学校〜大学まで10年以上)をかけて
洗脳されているんですよね。


社会常識を疑いたい方には、スライヴという映画をおすすめします。
YouTubeで見れますよ♪







この動画の内容もすべて正しいわけではないと思うのですが、
視野が広がるので良いのではないかと思います。


今の学校教育バリバリで、自分の子供が従順な奴隷にしかなれないのは
ちょっと悲しいので、親である自分も少しでも奴隷から脱出できればなぁ
と思います。



posted by くもんママ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

学校とは●●を作る場所




学校とは●●を作る場所


の●●は何だと思いますか?


「天才」とかだと最高ですけど(笑)、
自分なりの今の答えは「奴隷」です。


はい、私もみっちり●●になるために洗脳されています(苦笑)


学校行って勉強ばっかりして、疑問を解決する力はつかず、
先生の言う事をしっかり聞き、規律を守り・・・


●●の枠から外れたら、変な人になってしまいます。


学校の先生も同じ●●です。
決められている事以外をしようとすると注意されるでしょう。


例えば学校でワクチンを打ちたくないと言ったとしたら、
下手すると親が虐待扱いされる可能性もあります。


ワクチンを打たせない親は児童虐待している、と万一言われて
児童相談所に通報されたら、子供に一生会えなくなります。
※ワクチンについては効果がないどころか超有害! ワクチンの罠
※児童相談所については児童相談所の怖い話をお読みください。


ワクチンでそんな事はないと思いますので極端な例ですが、
秘密保護法や憲法改正の動きなどもあり、
今は非常に怖い世の中だと感じています。


じゃあどうすれば子供にとっていいのか・・・


と自分なりに考えた答えは、


・国語力をつける
・読書好きにさせる ⇒ これは成功
・英語(特に英文を読む力)をつける ※海外サイトの情報を取れるように
・自立心を育てる(何でも人に聞かない、まず自分で考える習慣)



かなぁ・・・と思います。


今はインターネットでいろんな情報を調べる事ができます。


定番の世間一般の常識から外れた、
いわゆる「陰謀論」的な話も検索すればかなりいろいろ出てきます。


いろんな情報があるので、どの情報が正しいのか・・・
正直なところわかりにくいです。
自分もがっつり洗脳されていますから。


自分で調べてみる(できれば賛否両方の意見を調べる)、
正しいかどうか考えてみる、それができる力が身について欲しい
と思っています。


個人的には、この本がおすすめです。







いわゆる「トンデモ本」と言われている本ですが、
トンデモ=嘘 だとなぜ言えるのでしょうか?
いわゆる「常識」は今まですべて正しかったでしょうか?


嘘だと思う人は、その事についてどれだけの情報をもって
判断しているのでしょうか?
実は個人的主観ではないでしょうか?


学力についても、学力が高くて良い大学に行けば
人生安泰で裕福に幸せになれるのでしょうか?


もちろん勉強は大事だと思い、できるだけさせていますが、
子供を不幸にしたくないからさせているのです。


そのために親も無知ではいけません。
お互い子供のためにできる事を考えていきましょう。
posted by くもんママ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

なんで勉強せなあかんの?



子供に「なんで勉強せなあかんの?」って
聞かれませんか?


くもん教室でその事を先生に相談すると、
「『将来役に立つから』という感じで言っていたんですけど、
 子供が中学生になってからやっと、
 『くもんやってて良かった!』と言うようになりました。
 やっぱりいずれ実感することなんですね〜」
という感じで話していたんですけど、
何となく答えじゃないんですよね。


「なんで?」って聞かれたら、
「子供の仕事は勉強やから」
「勉強しないと将来困るから」
「なんででも、とにかくやらなあかんことやねん」
という感じで答えていたんですけど・・・


昨日すごくシビアに「なんで?」に答えたら、
子供が泣いてしまいました。
でも納得したみたいです。


私の答えは・・・


「あのな、大人になったら自分で働いて、お金をもらって、
 家を借りて、自分の力で生活せなあかんねん。

 ママが生きている間はひとりじゃないかもしれなけれど、
 いずれみんな死ぬねん。

 もしパパやママが死んでいなくなっても、
 お仕事してお金をもらって生きていけばいいねんけど、
 もし、その時に病気とかして動けなかったりしたら
 どこの会社でも働かせてもらわれへんやろ?

 もし病気じゃなかったとしても、もし勉強していなくて
 何も知らない人だったら、働かせてくれるかなぁ?
 もっと頭のいい子を雇うよね?

 だから、大人になってからちゃんとお仕事できるように、
 いっぱい勉強せなあかんねん。

 それに子供の方が大人よりもいろんな事をすぐ覚えられるねん。
 大人になってから勉強してもすぐ忘れてしまうねん。
 子供の時にいっぱい勉強しとく方がいいねん。
 だから勉強は子供の仕事やねんで。」


という感じで答えました。


どうでしょうか?
だいたいそんな感じですよね(^^;)


そう、一人で生きていけるようになるために、
勉強させたいんですよね〜。


親の顔色見て勉強するんじゃなくて、
勉強は自分のためになるって、いつか実感してほしいなぁ・・・


くもんの勉強は「自立した」とか「自分で考えて」という種類の
勉強ではないんですけど、そこへたどり着くまでの筋トレだと
考えてやらせています。


自立した人間になるには、読解力(国語力)が必要です。
(※言われたこと、書いてあることを理解できなければ、
 考えることもできません)


国語でも算数でもできるようになるまで、同じ問題を
何回も何回も何回も何回も嫌になるほど解きます。


仕事もやったことない事は初めからちゃんとできないけど、
ずっとやっているうちに(量をこなすと)プロになります。
(※もちろん質が大事ですが、まずは量です)


どんな事でも嫌ってほどやって、やっと身につきます。
逆に量をこなしていないものは、ほどほどです。


ほどほどの仕事ではお客様をほどほどにしか
喜ばせることができないと思っています。


というわけで、実は大人になってからも
お客様のために勉強せなあかんねんけど、
「子供の頃がんばったから、大人になってもがんばれる」
みたいな、そういう経験をさせてあげたいです。


スポーツもいいですよね〜


自分自身は子供の頃から何でもほどほどだったのですが、
やっぱり頑張った経験(受験勉強など)は、自信につながったと
思います。


仕事も積み重ねですね〜。


親が死んでしまうということを考えると悲しいですが、
自分は今なんとか自立して仕事していますし、
育ててくれた親には、今さらながら感謝です。



★小学校高学年〜中学生向けですが・・・

オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」





 
posted by くもんママ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする