2017年06月15日

公文式:小3 12月のみんなの進度は?


中学受験のための基礎学習に公文式をする場合、
小3の2月まで(塾に入る前)までに
F教材修了(小学生レベル修了)がベターだと思うのですが、
一体どれくらいの子がどれだけ進んでいるのか?と思い、
うちの子が小3時(2014年12月)の進度表を見てみました。


sP6130665.jpg


全国の公文式やっている子の順位が載っていて、
一番下の○のところが学年相当(小3レベル)のところです。


うちの子は1年先〜2年先未満でずっと推移していまして、
小3の12月はE教材を学習していたようです。


ネットで公文式の体験談見ると、小3でH教材修了という
体験談を見かけますが、そういう子は全国でも結構高いレベルですね。


ちなみにF教材を修了している、という事は、
この表ではG教材を学習していると分布されています。


○より上で進度到達となりますが、小3だとD教材です。


全国レベルで見ると高校レベルも修了している天才もいますが、
そういう子ばかりではありません。


その子のレベルにあわせて進められるのが
公文式の良いところだと思います。



●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


タグ:小3 公文式
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

学校の先生も予備校講師も、教えすぎる



東進の林修先生とキムタツ先生の対談「受験必要論」で、
「学校の先生も予備校講師も、教えすぎる」
という内容が書かれているそうですが、
とても共感しましたのでリンクさせていただきます。
(林先生は公文肯定されています)
http://iwilldoit.hatenablog.com/entry/2015/09/05/144039


中学受験の出題について「何のための難問なのか?」というと、
「どう思考してどう工夫するか?」など思考力を見たいのかなと思います。


でも、中学受験塾で解き方を習い、できるようになるように何度も練習して・・・
算数なのに暗記な感じ(よく出る解き方や計算は覚えておけ)というのは
何となくもったいないような気がします。


算数ってもっと楽しいものじゃないのかなぁ・・・
図形の問題ってパズルみたいでおもしろいやん。


自宅学習だと先生がいないので、問題集の解説を見るしかないし、
親もあんまり教えられないのでつらい部分はありますが、
教えすぎない、という点では意外と良いのかもしれません。


ちなみに私が子供に教える場合は、まずは問題集の解説を一緒に読み、
わからなければ図解して説明する(でもわからん場合もあり)という感じですね。
※サクラサクでは解説が詳しい問題集が選ばれています


逆に私が解説読んでもよくわからない問題もありますが、
子供の方が「あっわかったかも!?」という場合もあり、
その時は私が逆に教えてもらったりしています。
※子供が親に教えるというのはユダヤ式学習法ですね
 サクラサクの坂本先生の著書ですが良い本だと思います


結局、本人が「そうか!」と納得できる形にならなければ
頭に入っていない
ような気がします。


だから「考える」って大事だと思います。



サクラサク中学受験 勉強法では、自分で調べる事も大事だと指導されています。



DVD教材もありますが、参考書で調べる、という事も自学自習の第一歩です。
(サクラサクでは、問題集の解説がわからない時用の
 わかりやすい参考書も指定されています)


どのパズル教材も「親は絶対に教えてないでください」と
書かれているのですが、考えて考えてわかった事は身につくのでしょう。
※どう解けばいいかわからない問題は一緒にやってみたりもしていますが


公文式は計算だけってよく言われますが、
公文式は教えない、という部分は意外と見落としていて、
教えないから身につくという事にも価値があるのではないでしょうか。


逆に教えてもらっていない事はできないって洗脳されている
ような気がして仕方がありません。


これからの時代は、教えてもらったことができる人ではなく、
自分で解き方を考えられる人が求められると思います。


「学校の先生も予備校講師も、教えすぎる」
http://iwilldoit.hatenablog.com/entry/2015/09/05/144039



●いろんなブログ記事で日々いろいろ勉強させていただいています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
タグ:林修 公文式
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

公文3教科学習にどれくらい時間かかりますか?



うちの子は公文で3教科(国語・算数・英語)を学習していますが、
3教科でもそれほど時間取られていないので
できるところまで続けてみよう!という気持ちになっています。


Yahoo!知恵袋で1教科で2時間かかり・・・
という投稿を見かけてびっくりしたのですが、
教室の先生の方針によっても違うのかなと思いました。


ちなみにうちの子の場合、教室に通う時は移動も含めて約1時間、
自宅での宿題は30〜40分というハイスピード(超適当ともいう・・・)です。
※1教科5枚づつ学習しています


そんなんやから進度が遅いねんって思うのですが、
うちの子が通っている公文式ではどんどん進めようとせず、
わからないところは飛ばしてまた前の教材に戻ったり、
という形で学習を進めています。


英語の教材も丁寧にすれば結構手間も時間もかかりますが、
うちの子は最後のページだけ音読するだけという手抜きさ・・・


毎月お金払っているんだから丁寧にやってや!ちゃんとやってや!
とつい口うるさく言ってしまいます(汗)


でもそれくらいゆるいから続けられているのかもしれません〜


●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


タグ:公文3教科
posted by くもんママ at 16:38| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする