2017年05月17日

中学受験勉強を始めてから「学校の宿題が簡単すぎる」とか言い出した


毎日の学校の宿題は公文の宿題に比べて簡単なので
あまり負担ではない感じだったのですが、
小5の時の担任の先生が甘すぎて宿題サボりが増え
漢字力がぐんぐん落ちました(^^;)


だから、宿題が簡単=宿題ができている というわけではない
のだけど、中学受験勉強で今までやった算数の復習をしているので、
「これ知っている!」という問題が宿題プリントに多く、
「学校の宿題が簡単すぎる」発言になったようです。


でも結構間違えるんだよね〜〜〜
文章題に慣れていないからひっかかるのね(汗)


問題は「cm」で数字が書かれているけど、答えは「mで答えよ」だったり、
上2ケタの概数で答えよ、とか、小数第一位を四捨五入して答えよ、などなど。
計算の答えをそのまま書いたら×になってしまう問題にひっかけられる(^^;)


でも、何度もやっていくと「あ〜〜〜!またやってしまった!」と
だんだん悔しい気持ちも出てきているような・・・


学校の宿題と家庭学習が相乗効果を発揮していい感じで学習できていると思います。




サクラサク中学受験 勉強法

タグ:中学受験
posted by くもんママ at 10:04| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

学校の宿題プリントの答え、解説ありか?解説なしか?



毎日学校の宿題プリントがありますが、
裏面に答えが書いています。


5年生の時は裏面の答えに解説があったのですが、
6年生になってからのプリントは解説なし。


プリントの使い方としては、
表面の問題を解いて裏面の答えで答え合わせ
という使い方なのですが・・・


解けなかった問題の答えだけわかっても
どうしょうもないんちゃうん?



と思い、担任の先生に聞いてみました。


先生の答えは、
「解説が書いてあると、解説を見て丸ごと写す子がいるので
 できているかできていないのかがわからないから、
 解説を外して答えだけにしました。」



との事でした。


なるほど〜!と思うけど、
「わからなかった問題のフォローはどうしているんですか?」
と思わずツッコミを入れてしまいました。


「わからなかった問題については聞いてもらえれば教えます」
との事ですが、そんなの聞くわけないなん。


だから塾にみんな行くんやなぁ〜〜〜と思った出来事でした。



タグ:学校の宿題
posted by くもんママ at 16:14| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

公文式をやっている子は百ます計算を何分で解けるか?



サクラサク中学受験 勉強法で百ます計算が採用されているので、
最初の頃は毎日やっていました。
(最近はタイムクリアしているのでサボりがちですが・・・)


公文式を続けているうちの子は計算が早い方です。


百ます計算だと、
足し算・・・最高:1分4秒、最低:2分
引き算・・・最高:1分20秒 最低:2分13秒
掛け算・・・最高:1分8秒 最低:1分39秒

という感じです。
※ちなみに間違えると1問+5秒でタイム記録します


最低タイムでもサクラサク基準はクリアしています。
わり算については目標タイム設定されておりません。
(問題数が多く結構時間がかかるし、足し算・引き算・掛け算に比べて難しい)


公文の子でもっと早い子も遅い子もいるかもしれませんが、
参考に載せてみました。



百ます計算
タグ:百ます計算
posted by くもんママ at 08:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする