2017年06月08日

まさかの「分数」解き方間違い



中学受験の計算問題では、分数と小数が混ざった計算が結構出てきます。


公文に行っているし分数は得意!と言っていたうちの子ですが、
まさかの「分数」解き方間違いを見つけました(^^;)


分数の問題については、正攻法の問題は解けていたのですが、
式の途中が□になっている問題については間違えていました。


本人は「計算ミスや」と言っていたのだけど、
そうではなく・・・


例えば、
1/4×□=1/8 という問題があるとすると、

1/4×□=1/8 
□=1/8÷1/4 ←左から右に移動する時に÷になるけど数字はそのまま
 =1/8×4/1 ←右の式を×に直す時に分母と分子を入れ替える
 =1/2

というのが、
□=1/8÷4/1 と、
分母と分子が入れ替わっていました。



割合の問題を解く時に分数が出てくるので
そこで発覚しました。


割合の場合、元にする数=分母、比較する数=分子
なんだけど、何となくあやふやで逆になっていたりも・・・


ありがちな間違いですが、このクセに気づかなかったら
ずっと間違い続けたかもしれないので、
今発覚して良かったと思います。



●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


タグ:分数
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

リビングで学習派?学習机で学習派?


小学校に入学する時に学習机どうしようかな〜
と思いつつ、結局買わずに食卓のテーブルで宿題している我が家ですが、
みなさんどうされていますか?


今6年生なので結局小学生のうちは学習机なしな我が家ですが、
買わなくても今のところ何とかなっている感じです。


時々「自分の机が欲しい〜」と言う時があるのですが、
そういう時は家にある空いている机(座敷用の折り畳みのものなど)を
自分の机、という風にして使っていました。
※自分の部屋のように使っている部屋が和室なので


でも、よくある「ベッドと机が合体しているタイプ」に憧れますよね〜〜〜


ちなみにベッドは親子3人同じ寝室に置いて寝ていますが、
1人で寝たいと言い出したら和室でお布団もアリかもしれません。


中学受験の勉強をそばで見るようになってからは、
リビング学習(食卓で勉強)がベターだと感じています。


リビングなのでテレビなどありますが、
うちの場合はIKEAの扉があるテレビボードなので、
勉強の時は扉を閉じればテレビは見えません。


あと、学習DVDを一緒に見ながら学習もリビングだとやりやすいし、
問題集をいろいろ広げても食卓だと余裕があるので学習しやすい
のではないかと思います。


だから、もし学習机を買うなら
テーブル並に広い面の机がいいのですが、
場所を取るのが歯がゆいところです(^^;)


中高生になって自主的に1人で学習するようになったら、
学習机の購入を検討しようと思っています。


●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

公文式の効用〜毎日の学習習慣


嫌々ながらも続けている公文式、
中学受験勉強に際して辞めようかな〜〜〜と思いながらも
続けている公文式ですが・・・


毎日の学習習慣が身についていた


という点が一番の効用かもしれません。


我が家の場合は月・木が公文なので、
月曜日に火・水の宿題、木曜日に金・土・日の宿題をもらい
毎日学習を続けてきました。


正直言って公文の教室に通うのは苦ではありませんが、
毎日の学習は毎日毎日本当にツライ・・・


やる気もないので進度も遅いし、ほんまに役立っているのか?
と思っていたけど、毎日くもんの宿題をやっていたらから
他の勉強も毎日できているような気がします。


公文が嫌なので、他の勉強の方が簡単に思えたり。
(簡単じゃなくても、今までとタイプが違う学習なので
 気分が変わって取り組みやすい)


国語でいろんな文章を読んだり、算数の計算も
もちろん今まで続けていた成果がでているのかなと思うのですが、
公文の場合は提出日が1週間に2回あるので、
他の通信教育より締め切りが短く管理しやすいと思います。


そして公文がマンネリ化してしまった時は、
パズル教材など公文では絶対にもらわないような教材もあわせてやると
良いかもしれません〜


通信教育でも公文式でも何でもそれぞれ良いのだけど、
結局続けるというところが一番大変で大事なところだと思います。


●みなさんのレベルの高さに気後れしつつ・・・いろいろ読ませていただいています☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする