2017年07月16日

学校の漢字テストで90点取ったねんっ(喜)


先日、学校の漢字テストで90点取ったねんっ(喜)
と、息子から褒めて褒めて〜〜〜攻撃を受けました(^^;)


クラスの子のほとんどが90点以上だったというテストなので、
どうなるかと思いましたが、ギリギリ90点クリア!


まだまだ漢字できなさ度高いですが、
4月からコツコツ学習してきた成果がやっと出てきた
と思います。


坂本先生のおかげや〜!うれしいわぁ〜
と喜んでおりました。
※坂本先生は小学漢字教材の著者であり、
サクラサク中学受験 勉強法開発者です



ちなみに使ったのは下記の問題集なのですが、
書いて覚えるタイプではないので息子にあっているようです。



小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集



学習成果は3〜4か月後に出る、という事をどこかで読みましたが、
本当にそうなんや!と今回思いました。


やっぱり成果が出るとうれしいですね〜(^^)
「漢字もっと頑張ろう」って思ってくれたらいいなぁ〜


今は上記問題集の中学受験版で学習しています。
出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集



●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
ラベル:漢字
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

(算数)図を描いてみればわかるよ(ニヤニヤ)by息子


学校で出た問題(算数)を、


「俺がクラスで一番最初に解けたねん!
 ママも解いてみて〜」



と言いながら持ってきました。


問題はこれです。


深さ10メートルの井戸の底に
カエルがいます。
カエルは朝3メートル登って、
夕方2メートルずり落ちる。
井戸から出るまで何日かかるでしょう。



私:えっと結局1日で1m登るという事は10m?


子ども:図を描いてみればわかるよ(ニヤニヤ)


私:えっ?(というわけで図を描くと・・・)
  8日かな。8日目はずり落ちないの?


子ども:8日目の朝、井戸の上に乗るからずり落ちないねん。


私:なるほど〜!確かに!


子ども:先生に確かめたら正解やったから、
クラスで一番賢い●●くんに教えたねん。
そしたら●●くんがクラスの賢い女子に教えて、
どんどんクラス中に広がっていったねん。
普通一番最初に解けるのは一番賢い奴やと思うやろ?(ニヤニヤ)


私:俺が一番最初に解けた事は他の子は知らないの?


子ども:●●くんだけ知ってるで。


私:俺はクラスで賢くないの?


子ども:俺は普通やで。


私:算数の一番賢いクラスに行かないの?


子ども:今のクラスがちょうどいいし、
あのクラスは嫌な奴がいるから行きたくないねん。
嫌な奴と一緒にいたくないやん。
でも、分数なら賢いクラスの奴にも負けないと思うよ。
(※分数だけは自信あるんです)


という感じで、
思いがけずクラスの雰囲気も何となくわかって良かったです(^^)


文章題を解く時に「とにかく図を描いてみよう〜」とよく言いますが、
まさか子どもに言われる日がくるとは・・・(笑)


子どもは、算数好きになっていってると思います。


●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!


図書館で予約していた
「勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!」
やっと読みました〜!



感想は、もっと早く読めば良かったっ!です(笑)


ざっくりと内容を書くと、子供にお気に入りの手帳を選ばせて、
そこにやる事を書き(宿題→HW など簡単に書けるようにする)
できた事はマーカーで消し、できた事に応じてポイントが貯まるシステムです。


ちなみにやる事は勉強に限らず、
お手伝い(風呂洗いなど)や習い事などにも設定します。


親がやって欲しい事にはちょっと高くポイント設定したり、
100点のテスト1枚でボーナスポイントがついたり・・・
やる内容やポイント数、貯まったポイントの交換レートなどは
その子にピッタリの内容で考えます。


ちなみにポイントはお小遣いに交換できたり、
お菓子やアイスなどちょっとしたご褒美と交換できたり、
それも親子で相談の上決めますが、欲しい「モノ」はNGだそうです。


欲しいモノをGETしてしまったらその後やる気がなくなる、
という事があるからだそうです。


お小遣いに交換の場合、お金目当てにならないか?と
心配になりますが、ずっと続けているうちにお金お金ではなくなるそうですし、
自分が「やった事」に対してポイントが貯まっていくと励みになるそうです。


テスト100点取ったら欲しいモノを買ってあげる、
何か資格試験に合格したらご褒美、という事は
結構されているご家庭も多いと思うのですが、
「成果ではなくやった事(プロセス)を評価する」という事は
抜け落ちていました。


我が家の場合は、早寝早起きやお風呂掃除、
学校の宿題、公文の宿題、サクラサクの勉強、
習い事(スポーツ)にポイントがつきます。


あと、本のやり方とは違うのですが、
できたらやった事とポイント数を記録していく形にしました。
(先に計画しない)


サクラサクで中学受験勉強を始めた頃、
中学受験勉強は意欲的に取り組むけど、
それ以外の学校の宿題や公文は嫌がりました。


なぜかというと、サクラサクの学習はやった事が目に見えてわかり、
シール50個でご褒美がもらえるからです(笑)
※下記はサクラサクの合格マップです



sP5230431.jpg



それ以外の学校の宿題や公文はいくらがんばっても
シールが1つも貯まらない・・・


それがこの手帳システムを導入すると、
今までやってもシールがもらえなかった事もシールがもらえる!
という感覚です。


ポイント交換レートはまだはっきり決めていないのですが、
お手伝い・日々の習慣は1ポイント、
宿題・勉強・習い事は2ポイント、
100点を取ったなどのボーナスは5ポイント としました。


1ポイント2円で計算したとして、100点で10円って安い(^^;)


もっと高くしてもいいんだけど、
子供に聞いたら「1ポイント1円でどう?」と言っていました。


ポイントが貯まるっていうところが楽しいようですね(^^)
小さいお子さんでも実践されている方いますよ〜


あと、嘘(やっていない事)を書いたら、
貯まったポイント1か月分没収、としました。


ルールに沿って日々やるべき事をやれば評価される、
それが目に見えてわかるシステムが手帳です。


お手伝いも積極的にするようになったと思いますし、
とってもおすすめです!




勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!



●役立つ中学受験ブログ記事が見つかります♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村


ラベル:子供用手帳
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする