2017年10月21日

難しくてわからない時、眠くなって寝てしまいませんか???


日々の学習についてですが、
難しくてわからない時、眠くなって寝てしまいませんか???


うちの子は結構そんな感じで、
それまでずっと遊んだりしていたのに、
勉強初めてちょっとして
「お腹すいたー」と何かを食べに行き、
トイレに行って帰ってこなかったりしたあげく、
やっと始めたら「難しくてわからないーーー」とやる気をなくし、
そのうち「眠いーーー」とテーブルに突っ伏して寝てしまう・・・


勉強スタートするまでに莫大な時間をかけ、
やっと勉強をスタートしても中座しまくりで、
挙句の果てに寝てしまったり。


寝てしまった場合は何時になろうと
その日の勉強を終わらせるようにしていますが、
時間がもったいないとイラッとしてしまいます。


時間かけて勉強していてもダラダラ適当だと意味ないし、
しっかり学習できている時間はすごく少ないと思います。


だから(家ではしないから)学校や塾などでしっかり勉強してほしい!
と思うのだけど、それにしても効率悪すぎます・・・


歯がゆい毎日です。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

勉強の仕方をたたきこむ=自分で考える力をつける


榎本先生がおっしゃっていた事ですが、
教室に通い始めてからまずは
「勉強の仕方をたたきこむ」との事です。
(榎本先生のブログはこちら


・その日やる事を指示する
    ↓
・その日やる事を考えさせる
    ↓
・何をやるか計画を立てる



というステップだそうですが、
最後の計画を立てられるようになるまで約半年だそうです。


家でお母さんがいきなり「学習計画立ててみよう」と言っても
絶対にそんな事やらないと思うし、
もし立てても「立てさせられた学習計画」となり
機能しないと思うのですが・・・


その辺りは、
信頼関係のある先生からの指示だからこそできるかな〜?



サクラサク中学受験 勉強法でも学習計画を立てますが、
日々の時間割的な学習計画で、何をやるかは坂本先生の指示通りにやっています。


日々の時間割は、坂本先生がいい感じでマニュアルに書いているから
あっという間に作りましたが、実行となるとなかなか・・・
基本的には時間割は無視されています(^^;)


やる内容の学習計画を自力で立ててもできるかどうかわかりませんが、
(というかできないだろうなぁ・・・と思う)
大人でも何か勉強しようとして計画立てても3日坊主になるので
そんなもんかなと思います。


でも、自分で考えてみる、というところがとてもとても大事なので、
我が家でもそこまでできるようになればいいなぁと思いました。


そういう意味では東大理Vの佐藤ママのやり方は、
自分で考えられない子になるのではないかと、ちょっと心配になります。
(もしかするとお子さん達が自主的に計画されているのかもしれませんが)


確かに親が下準備したり管理した方が効率的なんだけど、
親に管理され、親じゃなくても塾に管理され・・・


そんな感じの学生生活を送ったら
「指示(準備)されていないので何をすればいいかわかりません」
という大人になりそうでとても怖いです。


我が家の場合は、
部活(スポーツ)で中学受験しようという話になりましたが、
スポーツでものすごく考えさせられる、そのプレーに責任が伴う
(自分のプレーで窮地に立つ場合があるので判断力がないとダメ、
自分のプレーのせいで得点されてしまい負ける事もありえる)
という意味でも、部活(スポーツ)してほしいと思っています。
※部活(スポーツ)によってそういう感じでない場合もあると思いますが、
 志望校の部活はいつもそんな声がけをされていました。


指示されずに動ける人間になってほしい
という事なのですが、志望校のポリシーもそんな感じなのです。
(考えて動ける人を育てる、という感じ)


ある塾の話だそうですが、いい大学の学生さんが
塾のアルバイトで来たとき、教室の場所がわからないので立ち往生・・・


わからなければ誰かに聞けばいいのに、
(実際に学生さんの前を通り過ぎたし誰かは通っているはず)
わからない事を聞くこともできない。


勉強の頭は良くても、それではダメでしょう・・・


やりたい事を見つけた時に、自分でしっかり戦略を立てて
行動できるようになってほしい。



そんな風に思っています。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

前に解けた問題が解けない・・・って実はみんなそう


公文でも中学受験勉強でも何でもですが、
前に解けた問題が解けないってなんでやねん????
って思う事が多いのですが、それが当たり前だと知り
ホッとしています。


結局、ひとりで勉強する人が合格する
の本にも書かれているのですが、
講義を聞いただけで頭に残るのは1割、
予習をしていくと3割、
講義の後に演習を入れると頭に定着しやすい

のだそうです。


自宅学習で中学受験をしている時は、


・例題の解説を隠して解く
・間違えたりわからければ答えの解説を見る
・もう一度解いてみる
・余裕があれば似たような問題を解いてみる



という感じで進めていますが、


解説を見る前に1度考えているので(予習のようなもの)
何にもしない状態で解説を見るよりも頭に入るのだと思います。


でも、解説を見て類題を解かせても
だいぶたってから問題を解こうとすると見事に忘れていて
解けません・・・


だから解説全部を見せる前にヒントを与えたり、
視覚的に見せるようにしたり工夫はしていますが、
やっぱり忘れている事も多く、
「こんなに説明したのに〜〜〜〜〜〜」と思ったり(^^;)


忘れてしまって解けないのはそんなもんだ、
と知るとだいぶ気が楽になりました。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 12:00| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする