2018年02月26日

自宅学習で苦労するところ


自宅学習で、というか、
塾に通っていても同じ苦労をもっと味わったと思うのですが・・・


間違った問題のやり直しを嫌がるので
苦労しています。


あっている問題は「俺って天才!」と言い、
間違っている問題は「たまたま間違えただけ」
と、どこをなぜ間違えたのか、なっかなか見てくれません・・・


中学受験勉強でお世話になったマニュアルの
サクラサク中学受験 勉強法の最初に、


勉強はわからないことをわかるようにする事


と書かれており、
「坂本先生もわからないところをわかるようにするって言ってるやん」
と諭したり、一旦嫌だと思うとどうしょうもないので、
翌日にお直しにしたり・・・


公文のお直しも「絶対あってるし!」と
同じところ何回も×になって帰ってきて効率悪すぎます(汗)


間違った問題の答えを消して書き直すのも嫌みたいなので、
新たにコピーして間違った問題の番号に○をつけたり、
時には消すのを手伝ってあげたりもしています。
(もうすぐ中学生なのに・・・)


サクラサクの坂本先生の勉強方法では、
間違った問題番号に○をつけるのですが、
見た目がマイルドなので、×よりもやる気になるような気がします。


間違った問題を貯めておく「お宝ノート」も作ったのですが、
そのノートを見直さないので結局活用できずでした。


サクラサクでは問題集を解くときは「ノートに解く」が基本ですが、
コピーしてやる方が楽だし部分的に切ったりもできるので
今の学習も「コピーして解く」を基本にしています。


ただ、コピーしても「これ前にやったーーー」と覚えていたりするので、
全く同じ問題ではなく類題でやり直しがベストなのかもしれません。
(手間かかる子や・・・)



●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by こあら(旧くもんママ) at 00:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

勉強の結果だけではなく勉強量を見える化する



サクラサク中学受験 勉強法に基づいて
中学受験勉強をしていますが、サクラサクでは
勉強した量に応じてシールを貼り、シールが貯まったらご褒美!
という感じでプロセスも見える化されています。


sP5230431.jpg
※合格マップです


問題集1冊終わったらシール1個ではなく、
ある単元が終わったらシール1個などなので、
(P1〜P5でシール1個など)
比較的シールが貯まりやすいです。


テストでいい点数を取ったらご褒美というのは
よくあると思うのですが、
点数でご褒美だと結果しかみないので
その場で終わり、という感じがします。


どれだけ勉強したかが目に見えてわかると、
「これだけ勉強したんだ」という感じで
自信にもつながると思います。


公文式でも溜まったプリントをタワーにして
写真を撮ったりしましたが、同じような感じです。


今までやった問題集やプリントをまとめてタワーにして
量を確認するといいと思います〜(^^)




●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by こあら(旧くもんママ) at 12:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

結局、ひとりで勉強する人が合格する




結局、ひとりで勉強する人が合格する
を読みました。


講義を聞くとわかりやすいし勉強した気になるのですが、
聞くだけでは定着しないので、
予習してから講義を受けてわからないところを確認する
そもそも塾への往復時間や、
わかっている部分の講義を受ける時間がもったいないので、
参考書を読んで理解できないところだけを解決する方が効果的
など、私が思っていることと同じ事が書かれていました。


塾の費用が1コマいくら、で設定されているから、
なるべくたくさん講義を受けてもらわないと儲からない
という収益構図のせいで講義が多いのですが・・・


講義だけではなく演習時間もしっかりある塾がいいな〜
とか、自分ひとりで勉強というのはかなり強い意志が必要なので、
勉強管理者としての塾(ライザップ的な感じ)がいいかな
など、自学自習だけではなく、塾を選ぶ際の参考にもなる本でした。


Amazonの評価はあまり良くないのですが、
個人的にはおすすめです(^^)


結局、ひとりで勉強する人が合格する


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by こあら(旧くもんママ) at 12:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする