2014年06月20日

やる気が出る方法を教えてください



やる気が出る方法を教えてください


と、大人の人が成功している人に聞くのだそうです。
私も恥ずかしながら聞いた事があります。


とにかく物事がうまく行く人、仕事をしっかりしている人といのは、
自分がやりたい、やりたくないではなく、
自分が嫌な事でも何でも「人が求めている事」
あっという間にしっかり形にしていくようです。


つい自己都合で、今日は疲れたからできない、
眠いからできない、わからないからできない、など
できない理由はたーーーーーっくさんあります。


あと、やる気がでないからとか(笑)


で、やる気を出す方法ですが・・・








やるからが出る

のだそうです。



まず動いてみるやってみる、宿題なら1枚でもいいからまずやる。


すると・・・?


気が出るのだそうです(笑)


ほんまですよ〜!
大人も子供も試してみてください。




★やる気がでるってことでしょ?


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 22:58| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

子供がかわいそうかな?ではなく、自分が不安で自信がない・・・




小さいのに勉強させるのはかわいそうかな?

子供を海外留学させるのは無理かな?




という感じで、勉強や習い事など多かれ少なかれ
悩みがあると思うのですが・・・



子供が・・・と言いつつ、自分が不安で自信がない



のではないかと、最近ふと思いました。


私たちも失敗しないように、人に迷惑かけないようにと
育てられてきているので、自分がやった事がない事は
子供ができるかどうか不安です。


親を軽々乗り越えていって欲しいのに、
自分ができない事、できなかった事をさせるのは
不安で仕方がありません。


自分の失敗は自分でフォローできますが、
子供には失敗させたくないと思ってしまいます。


最近子供をバスに1人で乗せたのですが、
少しの距離でも親も子も不安な気持ちになりました。


でも、


大丈夫!1人でも絶対できるから!


と、不安など顔に出さず送り出すには演技力がいります(笑)


バスでさえそんな状況でしたが、親が不安な顔をしていると
子供も不安になるので、自信なくても「大丈夫!」っていう
顔をしていこうと思います。


大丈夫、きっと「できると思える」ようになります。




★小学校高学年〜中学生の子が「これならできる」って思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



posted by くもんママ at 21:23| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

子供に選択肢を広げてあげたい



子供に選択肢を広げてあげたい


と思って、ついいろいろさせてあげなあかんのかな〜
と思って、習い事が増えていく感じですが・・・


親が子供に望むような選択肢を作ろうとしていないか?


と、ちょっと思う事がありました。


私自身はグラフィックデザイナーをしているのですが、
高校受験の時に芸術系の高校に行きたいと言ったら、


「高校は普通の高校の方がいいんじゃない?
 選択肢も広がるし、将来の事はまだ決められないし」


という感じで言われ、「そうかも」と素直に思い、
普通の高校へ行きました。


進学先は普通の高校と言っても、いわゆる進学校だったので、
勉強大変でしたね〜〜〜



そんなわけで、まあそこそこ勉強ができる子だったのですが、
高校2年後半〜3年になって進学先を考えた時、
やっぱり芸術系の大学に行きたかったんです。


で、高校3年になって美術の先生に相談したら、


「なんでもっと早く言わないの〜!
 芸大に行く子は高1から専門学校に通って毎日デッサンしてるんやで」


と。


逆に普通の大学を薦める先生からが、
「え〜!?もったいないなぁ・・・」
と言われましたが。


芸術系の世界には、いわゆる勉強なんて何にも関係ありません。
感性と基礎力(デッサンや色彩構成)の勝負です。


高校は「おっ!あそこの高校か!」と言われるような高校で、
進学先は「そうなんや(知らんし)」という芸術系短大な私ですが、
別に人生後悔していませんし、やっぱり好きなのか
仕事嫌になっても嫌いになれず、今や自営で仕事している状況です・・・


もちろん芸大にも学科試験はあるので、勉強は無駄ではないのですが、
いくら学科が良くても、実技がダメだったら落ちてしまう世界です。


デザイナーなんて才能のある人にしかできないでしょ


なんて声も時々聞きますが、そんな事はありません。
正直なところ私はあんまりセンスはないし、本当に普通の人です。


でも、めちゃくちゃ超プロになるのは無理だとしても、
プロにはなれます。


プロとはその仕事でお金をもらう人だと思っていますが、
量こなしているとできるようになります。
お金をもらって経験積ませてもらって、ありがたいですね。


もし、お子さんが将来、スポーツとか、音楽とか、デザインとか、


「そんなんで食べていけるの?」


という事に興味を持ったら・・・


かなり勇気が要りますが、背中を押してあげて欲しいなぁ・・・思います。


勉強ができて増える選択肢、英語ができて増える選択肢もありますが、
技能系の場合、早いめからやっておいた方がいいですよ。


親が期待しすぎて子供がやりたくないのにさせるのはダメですよ〜


やりたい!って思える事に出会えるって、
意外と少ないじゃないですか。


勉強もしつつ大変だけど、子供がそう言いだす前に、
学力はある程度つけておいてあげたいなぁ・・・と思うのです。



★小学校高学年〜中学生の子が「これならできる」って思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」






posted by くもんママ at 08:30| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする