2018年02月21日

中学受験、途中で辞めないだろうなぁ・・・と思う理由


我が家の場合は自宅学習で中学受験にチャレンジしましたが、
中学受験勉強をスタートしてから、子供に手間かけるように
なりました



「公文やっときや〜」で終わっていた家庭学習ですが、
勉強時間に付き合って○付けして・・・


そのために仕事時間を短縮して、
晩御飯の時間を早めたりもしました。


子供にべったりだし、べったりでなくても
子供の勉強については得手不得手など
じっと観察していました。


塾に通わせているお子さんの場合も、
塾弁を作ってあげたり、受験勉強しているからこそ
かなりいろいろ手間ひまかけてあげている状態だと
思います。


もし中学受験を辞める事にしたら、
これらの親からの手間やお金をかける事が
スパっとなくなってしまいます。


塾に通われている場合は、塾の友達ともお別れだし、
中学受験塾に通っているという賢いステータスも
なくなってしまいます。


公立中学に行くなら必要のない勉強や
親の手間ひま・お金をかけてあげている事で
親の愛情を感じているし、熱心なご家庭の場合、


賢い学校に入る=親の愛情をもらえる
バカな学校に入る=親に見放される



とお子さんが思っているかもしれません。


そりゃ、もし親に「受験辞めたら?」と言われたとしても
受験を辞めるとは言わないでしょう。


受験が終わってからも、受験前ほどではないけれど
問題集をコピーしたり○つけしたりしていますが、
勉強に限らず試合があれば観に行ってあげるとか、
手間かけてあげないとあかんねんなぁ・・・と思う
今日この頃です。



●2018年受験終了につき、参加カテゴリーを変更しました♪
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

塾に行かずにどうやって受験勉強したの?



中学受験が終わり、塾組のお母さんに
「塾に行かずにどうやって受験勉強したの?」
と聞かれました。


「市販の問題集で勉強したよ」


と答えましたが、
サクラサク中学受験 勉強法については、
積極的には言っていません。
(踏み込んで聞かれたら答えますが)


買って実践して合格しましたが、
何となくこういうマニュアルって怪しくないですか(^^;)


ブログだから書ける事かな〜と思います。


解説の解かりやすさや便利さから言うと
通信教材でも良かったのかなと思いますが、
教材の良し悪しではない良い部分がサクラサクにはありました。
(通信教材との併用もおススメです)


「市販の問題集で勉強した」は真実ですが、
それなら塾に通わず「塾の教材で勉強した」でも
良さそうな気がします。


塾の良さは授業だけではなく、
「偏差値と志望校との関係」など、
いろいろ相談できるところかな?と思います。


「この学校を受けたいのですが偏差値的に届かず・・・」
という質問に対して、過去問と得手不得手など相性を
教えてもらえるかもしれません。


我が家の場合は、サクラサク中学受験勉強法の坂本先生に
困った時は相談しました。
(5回までメールで相談できます)


通信教材でも教材の内容については相談できるかもしれませんが、
下記のような込み入った相談はできないかもしれません。



(サクラサクサイトより引用)
■小6女子のお母さん(小5秋よりサクラサクをスタート)■



<小5、2月のメールより>
> 1月に受けた模試の結果は、初めてのわりにまずまずの出来で
> 偏差値が50前後でした。ただ、行きたい志望校の偏差値は60以上
> のところ。。。ちょっと不安になってしまっています。
> 習い事を辞めないで受験ができるならと、先生のサイトに出会い
> はじめた受験勉強ですが、結局、習い事と個人塾とどちらかを選択
> しないといけないのかな。。両方、中途半端になっちゃうのでは。。
> と悩んでしまいました。



          ↓



そこで私坂本が、志望校が射程圏内であることを伝え、

同時に今後の勉強についての具体的なアドバイスをしました。

すると、その半年後に・・・



          ↓



<小6、8月のメールより>
> 先日7月4日、センター模試を受けました。
> 国語67.7  算数60.5 社会52 理科47.2
> 2課で65.3 4課で59.9とだいぶ上がっていて正直驚きました。
> 志望校は○○中学ですが、試しに過去問をやらせてみたところ、6割
> くらいの出来でした。実際は7割取れないと合格は無理のようですが、
> 今の段階で6割とれたことにまた驚きました。



          ↓



サクラ咲く!合格おめでとう!

第一志望である難関私立女子校に合格したとの連絡をいただきました。
入試直前、インフルエンザにかかってしまい保健室受験だったようですが、
無事に合格したとのご報告。本当によかった!(坂本より)


(引用ここまで)



という感じです。



我が家の場合は、公文を続けるか辞めるか迷い相談しました。
(結論はどちらでもOKでしたが、続ける場合は国語のみがおススメでした。)


過去問の進め方と、合格後に先取り学習についても
相談しましたが、いざという時にプロに相談できるという事は、
かなり心の支えになりました。


あと、勉強の内容についてどうしても困った場合、
「まなびテラス」というオンライン家庭教師サービス(有料)
を使ってプロの先生に教えてもらえる、という点も
心の支えになりました。
※実際には1回も使っていませんが・・・


自分ひとりではいくらいい市販の問題集を使っても
うまく進める事はできなかったですし、
「何とかなるだろう」と思えなかったはずです。


いざという時に相談できる事と、
学習ペースの目安が明確だったこと、
必要な情報を入手して活用できたから、
塾に行かなくても何とかなったのだと思います。


ちなみに必要な情報は、志望校の
・過去問 ・合格者平均点 ・合格者最低点
です。


志望校合格に必要な、


 1.合格力(基礎から積み上げた学力)
 2.ペースメーカー(子供の立ち位置・成績を知る)
 3.データ(志望校の情報をあつめる)



の3つを満たすことができれば、
自宅学習だけでも志望校合格は可能になるのだそうです。


1、については、無理せず解ける問題を増やしていく
2、は模試で(我が家の場合はプレテストで)
3、は志望校の説明会で入手しました。


過去問など思ったようにできなくても、
結局子供に学力にあわせて勉強していくしていくしかないわけで・・・


「塾の通っている子みたいに難しい問題はやってないよ。
 簡単な基礎的な問題ばかりやっていたよ。」



とも答えましたが、塾に通わないからこそ
マイペースに学習を進める事ができ、
結果的にはとても良かったと思います。





サクラサク中学受験 勉強法





●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

プレテストで良かった・・・という話



我が家の場合、プレテスト2回受けましたが、
どちらかのプレテストの時に消しゴムを忘れてしまい、
シャーペンの頭の消しゴムだけがかろうじてある
という状況でテストを受けました。



後日返却された算数の問題用紙を見ると、
なぜか計算式などの書き込みがほぼゼロ。
(消せないので暗算駆使して解いていたようです(汗))


そんなん計算用紙使ってどんどん書いたらいいのに!
って思うのですが、消しゴム忘れのプレッシャーは
思った以上に大きかったようです。


あと、違う学校を受験した男の子の話ですが、
プレテストの時に緊張しすぎて気分悪くなり
保健室に運ばれてしまったようです。
(テスト時間中にまさかの親保健室呼び出し)


その学校は第2志望の学校でしたが、
初めての場所だったので相当緊張したようです。


その子の場合、第一志望校は×だったのですが、
プレテストで気分悪くなった第2志望校に
無事合格しました!


受験前にその話を聞いて、
「受験日当日じゃなくて良かったね。
 これで受験日はリラックスして受験できるんじゃない?」

と話していましたが、まさにその通りの展開になりました。



うちの子もプレテストの失敗から、
消しゴムは2個入れて持ち物を何度も確認していました。


失敗やダメだった事は必ずしも悪い事ではない、
と確信する出来事でした。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする