2017年10月14日

過去問は12月から


学び場IINAの榎本先生の場合ですが、
過去問は12月からで11月までは分野別の学習
するそうです。
榎本先生のブログはこちらです


早くから過去問をする塾もあるそうですが、
早くにやると過去問を覚えてしまっていて意外と解けるのだそうです。
(でも実際の実力は伴っていないという事かと・・・)


総問(総合問題集)もあまり良くなくて、
すべての分野が仕上がっている子向けなので、
仕上がっていない場合は分野別にしっかり固める必要があります。



サクラサク中学受験 勉強法の場合は
過去問は9月からという指示をされていますが、
過去問を何度も解く事はせず、
苦手分野の抽出のために過去問を使う、というスタンスです。


過去問を解ける解けないより、苦手分野克服の方が大事なのです。


榎本先生の場合はどんな感じで過去問演習されるかわかりませんが、
分野別学習をしっかりしてから、というスタンスに共感しました。


過去問と同じ問題が出るわけでもないので、
過去問はほどほどで良いのではないかと思いました。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

最近偏差値が上がった私立中学は危険です



関西の某難関校の話ですが・・・


昔はそうでもなかったのに、
最近偏差値が上がった私立中学。


なぜ偏差値が上がったのかというと、
単純に「偏差値が高い子がたくさん入学するようになったから」
だそうです。


学校の経営がうまいんだろうな〜と思います。


そういう学校は、学校の授業内容については
昔の偏差値低い時のままなので、
学校だけではダメで塾に通っていたり・・・
という場合もあるようです。


じゃあどんな私立中学がいいのかというと、
「やっぱり伝統校が強い」のだそうです。
昔から評判の良い学校ですね。


じゃあ、「入る時の偏差値の割に大学進学実績が良い学校」
が勉強の面倒見の良い学校かもしれない・・・とも思ったのですが、
偏差値の割に大学進学実績が良い学校は
学校の宿題が多くてめちゃくちゃ過酷な可能性もありますので
それはそれで怖い感じもします。


京都なら●南より●☆の方が面倒見が良くておすすめだそうです。
迷った時は「伝統校」ですよ(^^)



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ中学受験をさせようと思いましたか?



昨日は「榎本先生を囲む会」に参加してきました。
ご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました!
(榎本先生のブログはこちらですhttps://ameblo.jp/sunsuninja/


聞いたお話で覚えている事を断片的になりますが
書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。


榎本先生にはじめに
「なぜ中学受験をさせようと思いましたか?」と聞かれました。


もちろん各ご家庭いろんな事情や動機があるのですが・・・
中学受験というのは、人生の中でいろんなチャレンジがある中での
ごくごく一部の出来事です。


公立中学ではなく私立中学という事は、
環境を買う、という感じです。


勉強で頭がいい子が集まる学校では、
成績で切磋琢磨するライバルたちに囲まれるのかな。


同じ価値観のご家庭も多いと思いますし、
公立にはないケアもあるのかなと思います。


ただ、いい大学に行かせたいから偏差値高い中学
というのはちょっと危険です。


学校によっては、
偏差値が高い=塾で上位クラスの子を集める営業力がある
(学校のカリキュラムが素晴らしいのではなく塾のおかげ
=私立中学に通いながら塾通いの毎日になる)
という事もありますし、
頭のいい子はどの学校に行っても頭がいいんです。


例えばうちの場合は、公文式を4歳からさせていますが、
4歳から始めたら3学年先を学習できるかも?
と思いましたが、そんな事にはならず、
ずっと1〜2学年先を学習しています。


後から始めた子にあっという間に追い抜かれたりも
しています。


公文だから先取りできるのではなく、
頭のいい子だから公文で先取りできるんです。


難関校に滑り込んで苦労するより、
その子にあった学校を選んだ方がいい。


行かせたい学校がある、だからそのために勉強する
の方がいいのですが、じゃあどう選べばいいかは
なかなか難しいと思いますが・・・


偏差値で「ここだったら行けるかも」ではなく、
どんなに高い目標でも行きたい学校に向かって頑張る
の方が健全ですね。


榎本先生の塾に通っている子に
「なんで勉強してるん?」と聞くと、
「何のために勉強しているかわからない」とみんな言う

と聞きました。


何のためかわからない事を頑張るのは大人でもつらいです。


将来勝てるためにいい学校というのは本当によくわかるのですが、
何か子供が将来やりたい事にリンクできるといいのかな〜


例えば、将来は海外で仕事をしたい=海外に強い大学に行く
=その大学に入りやすい中高一貫校を選ぶ
 という感じ。


と書きつつ、将来何をしたいか決めている子はほぼいないだろうし、
だから選択肢に幅をもたせたい=学校の選択肢が広がっていく
のかなと思いながらお話を聞いていました。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする