2017年11月23日

学費大丈夫なん?と子供に言われた


私立中学受験の心配事は、
学力よりも学費だったりするわけですが・・・


「受験の神様」のドラマを見た後に、
「学費大丈夫なん?」と子供に言われました。


「パパが何とかしてくれるから大丈夫やで〜」


と言ったら、


「ママは?」と言うので、
「ママも働いているやん。
 学費のために貯金しないと〜」
と話をしました。


以前に中学受験について子供と話していた時に、


「何をやるにしても、誰にでも不安はあるよ。
 途中でできなくなったらどうしよう・・・とも思う。

 でも、できそうになってから、と思っていたら
 何もやらないうちに寿命がきて死んでしまう。

 例えばいいアイデアが浮かんだとしたら、
 すぐに形にした人が勝つ。

 それは、できるできないではなく、
 やるかやらないか、だけ。

 やってもやらなくてもいずれ死ぬんだから、
 やってみた方がいいんじゃなの?」



という感じの話をしましたが、
お金があったらやりたい、という事も、
やると決めたらお金がやってくる
、という事が
結構あります。


そうは言ってもお金がないし・・・
と思うだろうけど、やると決めないとお金はやってこない。
順番が逆なんですね。たぶん。


会社勤めで収入が一定だから・・・とかも関係なくて、
私の場合は保険からお金がやってきたり、
自営業の仕事が忙しくなったり。


逆に、決めたけどすごい臨時出費がありどう考えても無理そう、
という場合は、やめとけって止められていると思う。


その前に試験に受からないと入れないわけで、
不合格=止められている 合格=行け行け! 
でしょう〜。


親も金銭面でチャレンジやなぁ〜と思うけど、
ぜひ合格して私立に行ってもらいたいと思っています。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

プレテスト:算数の出題数が微妙に変わっていた


先日プレテスト結果が返ってきて、
算数の小問だけ解きなおしをしていたのですが、
微妙に出題数が変わっている事に気づきました。


今までは、


大問1・・・計算:8問
大問2・・・文章題(小問):6問
大問3〜6:文章題:4問



となっていましたが、
今回のプレテストでは、


大問1・・・計算:8問
大問2・・・文章題(小問):8問
大問3〜5:文章題:3問



と、小問が2問増え、大問が1問減る形になり、
微妙に出題数が変わっていました。


小問だから楽、という事はなく、
大問の(1)(2)の方が簡単な場合もあるので、
難易度はそれほど変わらないと思うのですが、
何となく楽になったような気がします。


やっぱり志望校のプレテストは受けたほうがいい!
と思いました。


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

プレテストの解説会はどんな感じ?


プレテスト返却後に、
各教室に移動して解説会がありました。


各教科30分なので大して解説できないんとちゃうかな〜
と思いつつ・・・なかなか良かったです!


ちなみに親子で参加する事ができたので、
親子で隣同士に座って解説授業を受けました。



●国語の解説について
基本的な点数のつけ方が参考になりました。
例えば答えが「〜〜〜から。」になっていなければ減点、
内容によって部分点が入ったりもする。
「該当する記号をすべて答えなさい」という問題の場合、
該当以外の記号が含まれたら減点、という感じ。

塾で習っている事だと思いますが・・・
という前置き付きでの説明だったので、
塾で先生に言われている事に気をつけて記入すればOKですね。

具体的な解説については、正答率が低い問題の解説がありました。

記号問題については、絶対間違いという選択肢と、
ワナのような選択肢を作っていて、結構みんな引っかかる、と。
惜しい選択肢で間違っても、全然違う選択肢で間違っても
×は×なので記号問題は意外と難しいそうです。

記述問題の方が内容に応じて部分点がもらえたりするので、
しっかりと書く事。
ただし指定の文字数がある場合は、指定の文字数の8〜9割以上は埋める事。
半分くらい空欄の場合は説明不足として読まずに×します、との事でした。

今からの受験対策としては、
いきなり読解できるようになるのは難しいので、
漢字と語句の意味の問題で点数を稼ぐ事。

良い点数の子は漢字や語句も落とさずしっかり
点数取りますし、バカにならない配点です、
との事でした。



●算数の解説について
算数の解説については、正答率が低い問題、
できれば解けて欲しい問題の解説がありました。

正答率が低かったのは、場合の数の問題。
(計算問題の1問です)

・1から200までの整数の中に、2で割り切れて、3で割り切れない
 整数は□個あります・


という問題でした。



小問の文章題も意外と難しい問題が多く、
もっといろいろ解説を聞きたかったです。

参加して良かったと思います(^^)



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする