2017年04月13日

中学受験対策で百ます計算


中学受験の勉強のため、
サクラサク中学受験 勉強法のマニュアルを見ながら
いろいろ問題集を準備していますが、
そのうちの一つが有名な百ます計算。


計算の正確さとスピードは基本のようで、
サクラサクのマニュアルでは●分を切ったら合格
(間違った場合は+5秒)という感じで目標タイムがあり、
毎日計算しています。



百ます計算


計算力も大事だけど、百ます計算はだんだんとタイムが上がって
成果が目に見えるし自信をつけるのに良い感じです。


使う教材の中で一つでも自信ついたものがあればやる気につながるなぁ
と思いました。



百ますが多い場合は、プレ百ます計算から始めます。
※高学年の子でも計算苦手な場合はプレがおすすめ


勉強のウォーミングアップ的な感じで、
学校でもやっていたと思うのですが、結構燃えるので
やっぱり良い教材だと思います(^^)




サクラサク中学受験 勉強法







posted by くもんママ at 18:01| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

6年生4月からの中学受験勉強で塾なし自宅学習を選んだ理由



「やっぱり中学受験にチャレンジする」と子供が決め、
親も「お金もかかるけど何をしてでも私立中学に行く事をサポートする」
と覚悟を決めた5年生の3月末。


ネットで学習でも中学受験合格した人のブログをいくつか見て、
おすすめの問題集を買ってみたり、本屋さんで問題集を探して買ってみたり。


親子で膝をつきあわせながら問題を解いたりしてみたものの、
いきなり中学受験勉強しても問題が解けないし、
あまりにできないと「もう無理」と一気にやる気ダウン・・・


小学5年生6年生の基礎学習をしっかりしないとダメだと思ったんだけど、
どの問題集を選んでどう進めていけばいいかわかりません。



公文式で現在中一レベルの問題を解いているので、
基礎学力少しはあるのですが、漠然と問題集を解いても
本当にそれでいいのかわからないし、
スタートが遅いからこそ確実に進めていきたい
歯がゆい思いをしていました。


塾も一応考えたのですが、自宅近くに中学受験コースがある塾がなく、
電車バスで通うとなると、片道45分、往復で90分通学に時間がかかります。


プラス塾の授業時間と自宅で塾の宿題や復習をするというのは、
かなりハードスケジュールです。
塾通いで中学受験勉強されているご家庭の大変さがわかります。


塾に通うと、どう計算しても寝るのが遅くなるので睡眠時間が少なくなる。
結果的にしんどいばかりで学習効率が悪くなる可能性もあります。


あと、中学受験のため塾に通っている子は、5年生の3月までに
6年生の基礎の学習はすべて終わっていて、受験対策をスタートしていると思います。


そんなところにいきなり入っても、塾では落ちこぼれですし
授業についていけず、わからない→やりたくない になると思うのです。


公文式をやっていたメリットとしては、計算の基礎力がついているので
そこは飛ばせるのと、国語教材でいろんな文章を読んできているので
文章を読んで問題を解くのはそれほど苦痛じゃないという事です。
(国語の中学受験対策用の問題をやってみたら間違えだらけですが)


個別学習塾だとそのあたり個別で対応していただけると思うのですが、
それだったら自宅でもできるのではないか?と思ったのでした。


そして、中学受験のブログなどいろいろ見ているうちに、
坂本七郎さんのブログを見つけました。





私が自分で本屋さんで見つけた上記問題集の筆者の方でした。


坂本さんのブログで、
坂本さんが中学受験勉強法の教材を販売されている事を知り、
「塾通うより安いし、自宅学習すると決めたから、坂本さん方式でやってみよう」
と、下記勉強法で学習する事を決めました。



サクラサク中学受験 勉強法


勉強のやり方、使う教材、教材の順番、勉強計画の立て方など、
教材の事だけではなく、それ以外の大切な部分についても
丁寧に書かれています。


息子と一緒に勉強法のマニュアルを音読して読みましたが、
やる気になり、1日のスケジュールを早速作っていました。


まだ教材がないからできないよ〜と言っているのにやる気満々です。


とは言っても、やっとやっとスタートラインです。
基礎学習が他の子よりもスタートが遅れているけど、
夏休みまでに基礎完了を目標に進めていくことにしました。


無理はしたくないので理科・社会は捨てて、
国語・算数だけで受験できる学校を目指します。


毎日勉強大変だけど、この勉強法を身につける事ができたら
大学受験の時に自力で勉強できるはずです。


静かにワクワクしています(^^)



サクラサク中学受験 勉強法





posted by くもんママ at 10:24| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

公文式の算数〜中学受験問題にチャレンジ


公文式の算数はやっているので計算は得意だけど、
図形が苦手な息子。


図形がわからないから、と、
中学受験用の図形の問題集↓(でる順シリーズ)を買ってみたものの
難しすぎて解けません(^^;)





解説があるからいけるかな〜と思ったけど、
ある程度図形問題を理解していないと解説読んでもわからんね。


ただでさえ苦手なのに問題が難しすぎると
全く何もできないので、得意な計算からチャレンジしてみる事にしました。


選んだ問題集はこちらのらくらくシリーズの計算↓



らくらく算数 計算 (2週間でつかめる受験算数のコツ)

初めに買った図形の問題集(でる順シリーズ)は、
塾なし自宅学習で受験勉強した人のブログで紹介されていて
良さそうだなぁ〜と思って購入したのですが、
今の段階では大失敗です。


買いなおした「らくらくシリーズ」は本屋さんで見つけたのですが、
例題があって、それに対する解説が細かく書かれている横に
類似の問題があり、例題を見ながら解けるようになっています。
(公文っぽい感じですよね)


中学受験の計算問題なのでテクニックが必要な問題が
いろいろ載っているのですが、問題集自体が薄いので
「これからできそう」っていう気持ちになりやすい(笑)


息子は初め、
受験計算問題をテクニックを使わず真正面から計算問題解いていて、
それでも解けるのですが、問題がややこしいので計算ミスしやすいんです。


1問につき最低5回くらいは計算しないといけないので、
途中で+−×÷を間違えたり、計算ミスをしたり結構ツライ。


テクニックを使うと計算が単純になるのでミスしにくくなるんですね。
(どのテクニックで解けるか、パッとみてわかるようになったら良いと思う)


そして、コツがつかめてきたらちゃんと解けます。
受験の計算問題のように1問で何度も計算しないといけない問題も、
公文で嫌というほど計算問題解いてきたので、
計算自体は苦痛じゃない感じです。


公文は中学受験に通用しない、と思われていると思うし、
公文だけでは確かに無理なんだけど、
公文で培ってきた計算力のおかげで意外と解ける
という事にちょっと感動しました。


実際、この問題集を始める前に受験する中学の算数を解いてみて
ほとんど解けなかったのだけど、問題集を何ページかしてから
再度チャレンジすると解ける問題がでてきました。
(しかも問題集より受験問題の方が簡単だったり)


そうなってくると、勉強すれば大丈夫や、と思えますね。


しばらくこのらくらくシリーズで、中学受験問題の基本を
勉強していこうと思っています。




らくらく算数 計算 (2週間でつかめる受験算数のコツ)

posted by くもんママ at 17:08| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする