2017年11月06日

プレテスト(算数)全然できなかった


先日、志望校のプレテスト(2回目)を受けてきました。


前回のプレテストとは違い、
今回は受験コースごとに受験する教室のフロアが違い、
前回とは違い研修ホールではなく教室での受験でした。


受験人数も多かったですし、
前回プレテストとは違った雰囲気でした。


プレテストは18日に返却&解説もあるのですが、
算数が全然できなかったようで、返却がちょっと怖いです(^^;)


国語は結構できた!と自信満々でしたがはたして?


算数については半分くらいしか解けなかったようで、
全部正解だったら正答率1/2で普通科合格平均点になりますが、
間違いが多いとアウト。


DかC判定かも・・・と本人は言っていましたが、
最近は「やっぱり公立にしようかな」と言っているので
落ち込んだり焦ったりという事もなく。


うーん・・・中堅校以下の学校ですし、
最低ラインの計算問題はできているはずなので、
このまま学習を続ければ、
たぶん普通科は合格ラインなんですけどねーーー


親としては私立でも公立でもいい、というスタンスでしたが、
いろいろ知るにつれ「やっぱり私立がいいなぁ〜」
と思うので、子供の気持ちを私立中学に向けられるか?
が今の課題です。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 12:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通科と英数コースでは結構違いますか?



志望校の個別相談で聞いてみた話です。


志望校では普通科と英数コースの2科があり、
英数の場合は毎日授業時間が1時間多いです。
(7時間が基本となります)


それだけで結構学力差がつくような気がしますが、
実際のところどうなんだろう?
という素朴な疑問です(^^;)
(わけわからない質問でスミマセン)


それに対しての答えは・・・


普通科の子でも、
学習態度やテストの成績が悪い場合は補講があるので、
英数の子くらい勉強をする事になります。
(勉強時間が長くなるという意味です)


学習態度についてはクラブの顧問を含めてチェックするし、
勉強をしっかりしないと部活もできません。


今年の●●部のキャプテンは普通科の難関コースの子なので、
普通科だから勉強できない、部活やっているから勉強できない
という事もありません。


結局どのコースでも本人次第なんですよね。



という答えでした。


これって、各中学でも同じ事が言えるような気がします。
どこの学校に行っても勉強する子は勉強するし、
部活だからできない、という言い訳をする子は
部活を辞めても成績が伸びないと思う・・・


しんどい事から逃げようとするうちの子なので、
この話を聞いて、しっかり1人1人を見てくれる
私立はいい!
ととても思いました。


●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

志望校で公文の私立中学サポートについて聞いてみました


公文式の学習到達度テストで合格すると、
私立中学サポートを受けて中学受験できるのですが、
結局のところどんなシステムなのかわからないので、
志望校の個別相談で聞いてみました。


たまたまプレテストを受けに行った時に、
「私立中学サポートで受験しようと思っているんだけど、
その場合3教科受験(英数コース)じゃないとダメみたいで。
公文で国語と算数やっているから逆に2教科のみの受験になるなら
わかるんだけど・・・」と話している親御さんがいらっしゃったのですが・・・



私はそんな話を聞いていなかったし、
そもそも2教科しか学習していないので今更3教科は厳しいし、
それなら公文の私立中学サポートを受けずに受験の方がいいわけで。


一応学習到達度テストは合格したものの、
情報が入ってこないので、志望校で聞いてみたのでした。


結局のところ、公文の私立中学サポートというのは
どういう制度?なのでしょう?



という問いに対して、


公文の私立中学サポートを受けて受験の場合、
絶対にA日程・B日程両方受験してください、
そして合格したら絶対に入学してください、

と指導されるはずです。


つまり、A日程・B日程両方受けるという事は専願であり、
さらに公文の私立中学サポートまで受けるという事は、
熱望度が高い、という判断をします。



という感じの答えでした。


公文を使った「青田買い」という感じでしょうか?


私立中学サポートを受けたから合格に近づくというわけではないけれど、
それだけ熱望する子に入学してもらいたい
、という事です。


例えば私立中学サポートを受けない場合でも、
プレテストを受けている、文化祭に来てくれている、
中学受験講座にも参加している、と、行事参加率が高いと
それだけ熱望している受験者なので、そういう子には
学力を上げて合格してもらいたい、と思うのが人情ではないでしょうか?


もし本番の試験で合格ギリギリラインだった場合、
合格最低点を下げてでも合格にしてあげたい、と
思うかもしれませんよね。


たぶん勝手に生徒が集まる難関校では
そういう評価は一切なく当日の実力で合否が決まると思いますが、
そうでない中堅校以下の私立中学の場合、
生徒集めが厳しいはずです。


どうせ合格ギリギリラインの子を取るなら、
公文で鍛えられていて規定の学力がある子に入ってもらいたい、
と思うのは自然ではないでしょうか。


だから、どの学校がいいか迷う場合は
逆に公文の私立中学サポートは使わない方が自由度が上がるので
いいと思います。


我が家の場合は、子供が「やっぱり公立にしようかな」
と言ったりしているので、もし公文の私立中学サポートを
使う場合は、本気でその学校に入ると決めた時、
という事になります。


本気でその1校に入りたい、という子にぴったりなのが
公文の私立中学サポート
だという事です。



●クリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする