2015年01月22日

タブレット学習(チャレンジタッチやスマイルゼミ)の良いところ



タブレット学習(チャレンジタッチやスマイルゼミ)の
良いところ



前回記事で良いところいろいろ書きましたが、
一番は手軽さかなと思います。


sPC250012.jpg


オフラインで外出先でも使えるし、
(スマイルゼミの場合。チャレンジタッチもアプリは利用OK)
暇な時間に暇つぶしにできるのは結構いいですよ!


大人が暇つぶしにスマホ使うような感覚ですね〜


お遊び感覚でやらせたいなら、タブレット学習良いと思います♪





★ スマイルゼミは全額返金でお試しできますよ ★

posted by くもんママ at 17:35| Comment(0) | スマイルゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

チャレンジタッチと城南マナビックス、それぞれの良いところ



チャレンジタッチと城南マナビックス、
それぞれの良いところ



スマイルゼミもチャレンジタッチとほぼ同じ感じなので、
スマイルゼミと城南マナビックスとの比較として読んでいただいても
大丈夫です。


○チャレンジタッチ(スマイルゼミ)が城南マナビックスより
 良いところ


・タブレットなので、パソコンより気軽に使える
・(スマイルゼミの場合)オフラインでも使える
・親が近くにいない場合でも学習内容・時間を把握できる
 (メールで届く)
・(スマイルゼミの場合)朝日小学生新聞が読める
 (チャレンジタッチは小学生新聞的なマンガなどがある)
・(スマイルゼミの場合)発展クラスで中学受験の問題も体験できる
・自分専用の端末(タブレット)なので、いつでもどこでも使える
・タッチペンで漢字を書く学習ができる



○城南マナビックスがチャレンジタッチ(スマイルゼミ)より
 良いところ


・専用タブレットではないので、手持ちのPCで学習できる
 もし専用タブレットが壊れた場合の保険に入らなくてもいいから
 さらに学習費用が安くつく
・毎月更新ではなく、1年分まとめて学習できるので、学習ボリュームが多い
・今使っている教科書に準じた内容で予習・復習ができる
 (教科書を登録する)
・ポイントが貯まったらもらえる景品がかなり豪華!(3DSなど)
 ポイント目当てに頑張る
・パソコンなのでマウスを使ったり、数字を入力したり、
 自然にPCに慣れる事ができる


という感じでしょうか?


子供が楽しいのはチャレンジタッチやスマイルゼミ、
親として学習内容などで見ると城南マナビックスの方が
良いと思います。


もし試しにやってみるなら、


(1)城南マナビックスの無料体験で学習してみる
1日15分からの学習習慣!城南マナビックス



(2)続きそうならそのまま申込みする


(3)パソコンはイマイチだと思ったら、お試し期間で終了して、
   スマイルゼミに乗り換える
  (2週間無料お試しがありますが、まずは資料請求がおすすめ)
◆スマイルゼミ◆



(4)2週間お試しして良ければ続ける


(補足)もし現在チャレンジ(紙)をしている場合は、
    チャレンジタッチへ切り替えてお試しがおすすめです

    チャレンジをしていない場合は、スマイルゼミをおすすめします




posted by くもんママ at 21:10| Comment(0) | 城南マナビックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

城南マナビックスはじめました!

sPC170004.jpg


城南マナビックスはじめました!


現在チャレンジタッチをやっているのですが、
1か月分があっという間に終わってしまうので、
補足的な感じで城南マナビックスを始めてみました!


城南マナビックスは、パソコン学習で、
チャレンジタッチやスマイルゼミのような専用タブレットじゃないので、
ちょっとハードルが高い感じです。


でも、小3だと学校のパソコンの授業でPCに触ったことがあるし、
親が使うパソコンに秘かに憧れがあったりもするので、
結構うれしそうにパソコンを起動してやっています。


学習内容は、チャレンジタッチに比べてかなり量が多く、
学習も基本的には教科書に沿った内容なので(教科書メーカーを設定します)
自分が習った内容の復習や、次習う内容の予習が自然にできるところが、
「塾っぽい」というか、かなり実践的な感じです。



1日15分なのであっという間に終わるので、
それほど苦痛ではありません。


あと、ログインしたり、学習に応じてポイントが貯まり、
貯まったポイントでプレゼントがもらえるサービスもあるので、
欲しいもの目当てにログインしています(^^;)


勉強内容は結構難しいものの、100点取ると
ほめ言葉が出たりするので、結構うれしいようです。


パソコンだしどうかなぁ・・・と思ったのですが、
1週間お試しして良い感じだったので続けています。


値段も1か月3,000円くらいなので、塾よりも安いし、
学習ボリューム(5教科)から見てもかなりお得だと思います♪





1日15分からの学習習慣!城南マナビックス


posted by くもんママ at 22:42| Comment(0) | 城南マナビックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

2062年では英語は全く重要でない



最近2062年から来たという未来の人(通称:2062氏)の
予言?を見つけたのですが、おもしろいので教育の部分だけ
一部転載させていただきますね。
http://matome.naver.jp/odai/2135864379268336501?&page=4より)


個人的には英語の部分が衝撃的で、


Q.国際化するにつれて英語が重要になってくると思いますが
未来でも地味に勉強して習得していますか?

A.まったく重要ではない。



という答えの通り、母国語で充分だとの事です。


あと、


・(2062年では)応用力が重視されている

・Q.男女交際において何がもっとも重要視されるか
A.脳



というのもおもしろいな〜と思いました。


2062年だと自分の孫〜ひ孫世代かなと思いますので、
今の子供への教育はやっぱり英語いるのかなぁ?と思ったりもしますが・・・


テクノロジーが進化して、母国語がしっかり話せれば、書ければ、
勝手に翻訳してくれる技術ができるのかもしれませんね。


あと、個人的に気になる予言としては、


・書籍を大切に


との事で、データが消失する危機があるのか?
あと、緑化計画のため新しい紙の生産が中止になり、
紙が貴重になるような感じです。


だから、紙の本は流通していないし、今ここにある本というのは、
48年後に貴重なものになっているようです。


おもしろいので、もし興味ありましたら、
「2062氏」で検索してみてください(笑)


タグ:2062氏
posted by くもんママ at 16:49| Comment(0) | 2062氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

チャレンジタッチ → スマイルゼミに変更を検討中です




チャレンジタッチ → スマイルゼミ


に変更を検討中です。


子供は現在小3で、紙のチャレンジをやり始めたのですが、
案の定、やらないようになり・・・
(だから反対したのにっ!)


チャレンジタッチにすればやるようになるかも?


と思い、チャレンジからチャレンジタッチに変更したんですよ。


すると・・・


あっという間に1か月分を学習して
チャレンジタッチのゲームに夢中(^^;)



すごく簡単というわけではないと思うのですが、
うちの場合1か月の教材を3〜5日間くらいで終わらせてしまいます。

紙のチャレンジはぜんぜんやらない上に、
丸つけも面倒なので親も放置気味になりましたが、
チャレンジタッチはその場で○×わかるしすごく楽。


ただし、どうにも簡単なのか、量も少ないのか、
1か月分の学習としては物足りない感じです。


そんな時に見つけたのがスマイルゼミ



チャレンジタッチと同じような感じなのですが、
スマイルゼミの場合


(1)発展クラスがあるので学習量が多い(発展クラスはその分少し高めです)
(2)発展クラスで中学受験対策の学習を体験できる
(3)漢字検定の学習ができる
(4)朝日小学生新聞の抜粋版が読める
(5)英語学習がチャレンジタッチより学習的な内容



という感じで、チャレンジと同じ学年の学習でも、
よりたくさん使えそうな感じです。


あとハード的な事を比較すると、


(1)6か月以上受講すると実質無料になるチャレンジタッチの方が安い
(2)年1,800円(税別)で安心サービスがあるのはどちらも同じ
(3)スマイルゼミはオフラインでも使える(おでかけモード)
   ※チャレンジタッチはオンラインのみ
(4)スマイルゼミはインターネット接続で検索できる
  (Yahoo!きっずで検索できる)
(5)スマイルゼミはLINEのようなアプリで親子やりとりできる
   チャレンジタッチはメッセージをタブレットに送付できる(メール)



という感じで、本体はスマイルゼミの方が高いけど、
ソフトはスマイルゼミの方が充実しているように感じます。


あと、学年の学習が簡単なので1学年上を受講できないか聞いてみましたが、


(1)チャレンジタッチは申込み学年を途中変更可能
   ただし、変更はきりの良い月(4月〜)となってしまう
(2)スマイルゼミも4月〜の分として変更
   ただし学年を選んだら1年はその学年の学習になってしまう
(3)復習については、受講している月はさかのぼってみることができますが、
   受講していないものはさかのぼって受講できない
   (たぶんどちらとも)



チャレンジタッチの学年変更の時に聞いたのですが、
1学年上の学習は結構難しいようで、現学年の学習をおすすめします
との事でした。


スマイルゼミの資料請求でいただいたカリキュラムを見ても、
確かに1学年上になると、小数点など習っていない単元もあり
結構厳しい感じ・・・
(解き方のヒントでわかるそうなのですが)


うちの場合は公文式で算数・国語とも1学年上の学習をしているので
何とかなるかも?と思ったのですが、公文式で2〜3学年先の学習をしていないと
1学年上の学習は厳しいなぁ・・・と感じました。
(1学年上と言っても実質は半年〜9か月先の学習なので)


でもどちらも学年問わず学習可能なので、
1学年上の学習をさせたい方に良いと思います。


というわけで、チャレンジとチャレンジタッチを比較すると
個人的にはチャレンジタッチの方が断然おすすめで、
チャレンジタッチとスマイルゼミで悩んでいる場合は、
スマイルゼミの方が良いと思います。


スマイルゼミの発展クラスについては、
標準クラスを受講しておいても、発展クラスレベルになると
お知らせが届くので、その時に考えても良いと思います。


チャレンジタッチにはそういうクラスがないので、
先にタブレット学習を知っていれば、この2つでなら
スマイルゼミを選びます。







タブレット学習は本当におすすめです!!!



posted by くもんママ at 21:23| Comment(0) | スマイルゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

英検準2級を目指す方向けの英語ニュースアプリ



英検準2級を目指す方向けのニュースアプリ


という事で、こちらのアプリが紹介されていました。
News-O-Matic, Daily Reading for Kids


子供向けにおもしろいニュースが紹介されていて、
読んで楽しい内容だそうです♪


ご参考まで!



中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

posted by くもんママ at 00:00| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

家庭学習がきちんとできる子とできない子、違いはどこか?



家庭学習がきちんとできる子とできない子、
違いはどこか?



プレジデントオンラインの記事に、
「「帰宅後5分間」の使い方が勝負!【1】学習計画を立てる」
という記事がありました。


家庭学習がきちんとできる子とできない子、違いはどこか?
教育心理学の専門家に聞いたら、その差は意外に単純なことでした!



というわけで、リンク貼りますね〜
http://president.jp/articles/-/13966



ポイントは、


帰宅後すぐ、最初の3分で学習計画を立てる


そしてすぐに学習をスタートする事です。


大人でも仕事の時に、今日やる事を箇条書きにしてからやると
すごくスムーズに行くのですが、同じ感じですね〜


わざわざ書くほどのない事でも、書いてからやるのがポイント。


子供の学習計画も、口で言うだけではなく、
紙に書いてからやると良いと思います。


ご参考まで♪


★小学校高学年〜中学生の子が「これなら自分でできる」と思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


posted by くもんママ at 18:26| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

くもんの英語ってどうなの?



公文式と言えば、算数・国語なので、


くもんの英語ってどうなの?


って思いますよね?


うちの子はくもんの英語やっていますが、
ECCなどの英会話ではなく、あえて公文の英語を選びました。


くもんの算数・国語をもともとやっていたという事もありますが、
明確な理由があってあえて公文式の英語をやらせています。


ちなみに同じく同じ年のご近所さんは、
くもんの算数・国語を同じくしていますが、
英語は英会話のある教室に行かせているようです。


英会話、英語をしゃべれるようになるように・・・
という意図だと思います。


そう、公文式の英語は、基本的に読んで聞いて音読なので、
英会話はないんですよね〜



なぜそうなのか?それでもなぜ公文式を選んだのか?は、
Yahoo!知恵袋にビンゴな回答があったので、そのまま転載させていただきますね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135661861;_ylt=A7YWPRBZgmxUjF4AU4dwAPR7?pos=8&ccode=ofv




公文式の英語というと、「読み書き」をイメージしがちですが、
現在は「聞く」という学習も充実しています。
学習プリントには音声CDが付いていて、その音声CDを何度も聞いてプリントを終了していくのです。

担当者の方は、
「音声CDを教材に入れてから子どもの英語能力がグーンと伸びました。」と言っていました。

やはり子どもは音から学ぶという証拠ですね。
さらに公文式の英語学習は「音読」することが特徴的。
声に出して読みたい英語は、有名な英文学の作品です。

公文式で学習する子どもたちが使用しているイーマスターという
音声を聞く道具。操作も簡単。
(※補足:今はイーペンシルという音声学習機材を使います)

「話す」ことに観点を置いた学習は?

一般的な英語教室では「リピートする」「リズムよく発音する」「話す」ことに重点を置いているので英語のリズムを身体で表現する活動が多く見られます。
一方、公文式の教室では、子どもたちは座って英語プリントをする姿があります。

公文式の英語プリントでは、「話す」ことに比重を置いた教材がありません。
これは、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などの「スキル」は、英語初学者のうちに個別に鍛えるものではなく、「話すべきときに話せるだけの英語の基礎力」を高めておくことの方が重要
だと公文が考えているからです。


自分の言葉で「話す」というトレーニングは別の機会に設定しなければなりませんね。
このため公文式教室では、英語キャンプを設定しています。
前回の記事でご紹介したように毎年夏に行われる英語キャンプで英語を話す機会を得ることができます。
キャンプではそれまでの学習成果がはっきり表れ、コミュニケーションしている姿を見ることができます。


良い点は、毎日英語を聞いてプリントをする!


この量を終わればかなりの実力がつく。
小学2年生でも中学3年生でも同じプリントをすることができるのが公文式英語の特徴。
公文式の他の教科と同様に、英語プリントも毎日やります。

この毎日が英語力を確実にアップさせる良い方法なのでしょう。
毎日英語を聞く、書く、音読する、この地道な作業が子どもの日常生活に浸透していき、最終教材までたどり着くという図式です




という事で、公文式ではあえて英会話はありません。
英語が得意な先生もいるので、会話も教材に入れられますが・・・
公文の先生は日本人で発音がネイティブではないので
入れない方がいいのかも〜


音読は毎回テストがあるので(所定のページを所定の秒前後で読めたら合格)、
まったく英語を発音しないというわけではありません。


でも、私も知恵袋回答者の方と同じく、


プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などの「スキル」は、
英語初学者のうちに個別に鍛えるものではなく、
「話すべきときに話せるだけの英語の基礎力」を高めておくことの方が重要



と感じています。


英会話は基本的には毎日しゃべらないとできるようになりません。
週1〜2日くらい英会話教室に通ってもしゃべれるようになりません。


英会話もさせたければ、スカイプなどを使ったオンライン英会話教室を
利用した方がいいと思います。


大人でも英語留学が流行っていますが、英語の基礎力がなければ
やっと英語に慣れた段階で留学期間が終わることになります。


英語留学をするにしても、なるべく語彙を増やして、
基本的な文法くらいはマスターしておくべきなのだと感じます。


実際に海外旅行に行ったときに、英単語さえ覚えていれば、
ちゃんとした文章になっていなくても何とかなったりします。


日本語でも単語だけの会話って意外と多いですよね?
きちっと教科書に出てくるような会話をいつもしているわけでは
ありません。


自分が中高英語をやってまったくしゃべられないからと言って、
まったく無駄なわけではありません。


英語が全く通じない国に行くと、日本人は結構英語知っているなぁ・・・
と感じます。英語の数字すら通じないんですよ。


日本の英語の授業なんて無駄だと忌々しく思う気持ちは私も同じですが、
英検など文法関係を重要に思っていない人が多いように感じます。


今はメールで英語のやり取りができれば、海外の企業とも
仕事できるのではないでしょうか?


電話でしゃべる、実際に会う事より、まずはメールだと思います。


あと、海外のサイトを苦なく読めると強いと思います。
もちろん受験英語にも役立ちます。


あえて英会話ではなく英語学習、結構良いと思っています。



ちなみに公文の英語は英検合格率高いのですが、
くもんじゃなくても、英検対策できますよ〜〜〜


幼稚園・小学生向け

幼稚園・小学生でも合格できる!英検5級合格ノウハウ


中学生向け

中学2年で英検準2級に普通に合格する方法



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



posted by くもんママ at 17:14| Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

公文プリントでタワー



公文式を始めて約5年…やったプリントでタワーを作ってみたら、
こんなに高くなりました!

左が算数、右が国語と英語(約3年)です。

毎日の積み重ねは偉大ですね〜


posted by くもんママ at 13:54| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

公文プリントの定番隠し場所

昨日から新学期スタート、行く前に「名札がない〜」と騒動になったのですが、
名札を探す過程で文具を入れている書類ケースの下から
公文の宿題プリント2日分(10枚)発見(^_^;)

昔ソファーの下とか本棚の本と本の間から出てきたけどまたか!

6時半からの妖怪ウォッチまでにこの10枚やらないとテレビ見せない!
と言ったら6時頃から半分泣きながら宿題やっていました。

そして昨日分の宿題は昨日終わらず…

ずるしたら自分に帰って来るんやなぁ…
とちょっとは思ってくれただろうか?

posted by くもんママ at 07:28| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

子供が宿題をしない



子供が宿題をしなくて困っています。


普段の学校の宿題は行く直前にやったりしていて、
夏休みの宿題も学童に行っていて周りがやっているから
何とか提出できていますが、それ以外の宿題は極力やらないように
頭使っているようです。


「宿題やった〜?」


と聞くと「やった」と言い、


「宿題いつやるの?」


と聞くと「あとで」「ご飯食べてから」「今でしょ!?」
と言いつつ一向にしません。


やったとしても内容がひどくて、
空白がいっぱいあったり、裏面やっていなかったり・・・


あまりにヒドイので公文の先生からお手紙が来たほどです。


その場しのぎでごまかして、全然やりません。


「宿題やったらテレビ見ていいよ〜」


も、妖怪ウォッチのある金曜日のみ有効です。
※ちなみに録画はしていません。


楽しい事をエサにすると、
それがないとやらないようになりそうで嫌なのですが、


「やらなかったらマンガ捨てるよ!」


みたいな言い方は逆効果なのはわかるのですが、
つい言ってしまいます。


宿題やらない理由が2パターンあって、


(1)ただ単にやりたくない
(2)わからないからやりたくない



があるようです。


「宿題をやらないのは、やる理由がないから。
 目標ができて、その成績では無理だとわかったら勉強する」



という意見もありますが、逆に成績で無理だから・・・
と簡単にあきらめてしまうような気もします。


勉強する理由は子どもにも話しましたが、
小3男子には難しく、馬の耳に念仏状態です。


わかっていても、ヤバイと思わないとやらないのです。
(大人も同じですが(汗))


それぞれの対策方法として考えているのが


(1)ただ単にやりたくない
→ プロのノウハウを教えてもらう

オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」

(2)わからないからやりたくない
→ 記憶術を身につける

川村明宏のジニアス記憶術


です。


記憶術についてはどうなの?って思ったのですが、
ジニアス記憶術の場合ゲーム感覚でできるという点と、
何歳からでもできるから自分もやると一石二鳥


という思惑もあります(^^;)


社労士試験勉強に苦戦している旦那にも使わせると
一石三鳥!?


記憶力が良くなると勉強だってよくわかるようになるはずですし、
そうなると勉強自体が楽しい事になっていくのではないかと思います。


もし小さいうちから記憶術を身につけていたら・・・?


あれほど受験勉強に苦しまなかったかもしれません。


★子供が自分から宿題をするようになるノウハウ
オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」

★子供の記憶力アップから学力の向上を目指す
川村明宏のジニアス記憶術




posted by くもんママ at 18:09| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

習い事よりももしかすると・・・


うちは今子供が小3なのですが、家族で旅行に行けるのも
小学生のうちかな?と思い(中学になると部活や塾で忙しく)
今、できるだけ旅行に行くようにしています。


マイレージの貯まるカードを使って無料航空券を取ったり、
お金もできるだけ安く行けるように考えて出かけています。


sDSC03412.jpg
北海道:釧路湿原


DSC04678.JPG
沖縄:石垣島


DSC01992.JPG
熊本:阿蘇 米塚


sCA392061.jpg
長野:上高地


sCA392227.jpg
岐阜:奥飛騨温泉郷


100_1919.JPG
香川県:小豆島


CA390089.JPG
神奈川県:鎌倉

IMG_0643.JPG
長崎:軍艦島


この景色を実際に見たり感じたりした事があるのは、
もしかしてすごい経験なのかも・・・(覚えているのか?というのもありますが)


個人的にはデザインの仕事をしているのですが、
いろんな所へ行っていろんなものを見るようになってから
デザイン力が上がったような気がします。


デザイン経験やデザイン物をたくさん見て・・・というのもありますが、
パソコンに向かっているだけでは身に付かないものがあるのだと思います。
(感性ってやつでしょうか?)


夏季講習に行かせるなら、近場でもいいので家族旅行はいかがでしょう?


子供達の一生の思い出という財産になると思います。






タグ:習い事
posted by くもんママ at 21:41| Comment(0) | 旅行をしよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

朝30分早起きして30分散歩すると・・・


今週月曜日〜朝30分早起きして、30分散歩しています。

はじめは1人で歩いていたのですが、
子供にそのことを伝えると、


「僕も行くから起こして〜」


と言われ、昨日〜一緒に散歩しています。


ちなみに散歩行こうか?と誘っていません。


逆に「僕も誘ってよ」と言われたので、
「だって寝てるやん・・・」と、どちらかというと
断りの体制でした(笑)


2日間子どもと一緒に散歩してみて、
朝の時間が増えたのと、子どものお腹がすくのが
良いなぁ〜と思います。


だいたい6:20頃に家を出て、家に帰ってくるのが
6:50頃なのですが、


・散歩に行くとお腹が空くので朝食を積極的に食べるようになった
(普段は起きてすぐだとお腹すいていないのでほとんど食べず)

・時間があるので、少しでも宿題する時間がある

・パパより早起きなので自信につながる



という感じで、なかなかいい感じです。


朝のくもんタイムを作るまでには至っていませんが、
少し早起きして歩く事で、時間の余裕が生まれています。


もし実践される場合は初めから子供を誘わずに、
親が淡々とやってみる事をおすすめします。



★ 早起きも自立学習への近道だと思います ★


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


posted by くもんママ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

暗記の才能は開花させることができる



子どもの記憶力はすごい!って言われていますが、
個人差があるような気がします。


うちの子はホントに普通ですが・・・


一度聞いた事を忘れずに覚えているなど、
もう「才能」でしょう。


スポーツの才能、芸術的な才能など、
いろんな才能がありますが、


記憶(暗記)の才能は伸ばすことができるんです


これ、ちょっとすごいですよね。
記憶術を知っているか、知らないか、
それだけで人生が大幅に変わると思います。


もちろん大人になってしまってからでも大丈夫ですが、


もし子供の頃に記憶術を身につけたら・・・?






川村明宏のジニアス記憶術




posted by くもんママ at 20:01| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶が得意なタイプ?ひらめきタイプ?



勉強は毎日の学習でちょっとづつ力をつけることができますが・・・


自分が学生の頃、


どう考えても頭のできが違う


という同級生はいませんでしたか?


努力がどうこうというレベルではなく、
明らかに違う才能だと感じませんでしたか?


例えば芸術的な仕事の場合はひらめき力も結構大事かなと
思います。


いろんなものを見て聴いて、とにかく練習して身に付くものも
ありますが、あきらかに才能のある人(=天才)がいます。


じゃあ、うちの子はどのタイプなの?


という事が、実は遺伝子検査でわかるんです。


得意分野がわかれば、苦手な事を頑張らせてしまわず、
伸びそうな事に力をそそぐ事ができるのだそうです。


子供の才能がまさか遺伝子検査でわかるとは・・・



お子さまの能力を遺伝子検査により「学習」「身体」「感性」の3分野を12遺伝子を解析致します。...



posted by くもんママ at 19:48| Comment(0) | 遺伝子検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿題貯めまくって怒られながら公文の図

1406072565861.jpg
わからないから
やったと言ってごまかしつつ
やらずに3日分ため込み〜

バレて怒られながらやっています。

同じようにやっても、自分から早くしたらほめられ、
宿題貯めていたら叱られ…

怒られても平気なのがすごいなあ〜
posted by くもんママ at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

こんなに頑張っているのに一体何なんだろう?



先日公文の宿題をやっていない息子に
切々と勉強する理由を説明しましたが、難しすぎたのか・・・


今日は宿題せずに3DSやっていたので、
ちょっといろいろ嫌になり夕飯を作りませんでした。
(最後の最後には作りましたが)


親が塾(くもん)代を捻出するために必死で働いているのに、
仕事を早く切り上げご飯の準備しようとしたら3DSかよ〜


変な例えですが、節約したり時には働いたりしながらも、
家の事や子育てを必死でやっている奥さんの事を尻目に
自分の楽しい事(飲み・パチンコなどの趣味・時には風俗・浮気など?)を
している旦那みたいな感じで、本当に、


こんなに頑張っているのに一体何なんだろう?


と、ちょっとむなしくなりました。


宿題をしていない事よりも、自分の事しか考えていない所が
イラッとするんですよね〜


周りの事を気にしすぎる子供も心配ですが、
そのまま大人になったら何もできない大人になりそうで・・・


こんなんじゃ世間のみなさまに迷惑をかけてしまう・・・


子供に怒っても、普通に言ってもすべて無視されているかのような状態は、
自分が思っている以上にストレスのようです。



★子供が自分から勉強になるために


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」





posted by くもんママ at 22:26| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

宿題をごまかす息子



毎日、


学校の宿題やった〜?
くもんの宿題やった〜?
ピアノやった〜?
チャレンジやった〜?



と、宿題三昧のうちの息子ですが、
返事は良くて、毎日


ちゃんとやったよ〜


と言っていました。


しかし、今日くもんの先生からお手紙をいただき、


くもんの宿題は抜けている部分があり全部できていないので
家庭でもチェックしてください。

英語のファイルは毎回必ず持たせてください。

→実はファイルなくして英語の宿題全くやっていない事が発覚・・・


と、口からのでまかせがバレました。


小学生男子ならではな気もしますが、本当にバカです。


いずれバレるのに平気で嘘つきます。


毎回しっかり目の前でやらせて全部チェックすれば良いのですが、
日々忙しくて放置していたのと、


チェックされないとできない大人になったらマズイでしょ



という思いもありチェックしていませんでした。


時々こういう事が発覚して怒られるのに、
なぜ怒られているのか説明しても全く理解していないようです。


今日も2時間くらい説明しましたがわかっていないでしょう・・・


そしてまた失った信頼を取り戻すのは大変です。


勉強ができるできないより、


まずは毎日言われたことをちゃんとやる。
言われなくてもちゃんとやる。
やると言った事は約束を守る(やる)。



という事は人間として超基本だと思うのです。


指示待ち、やれない理由ばかりを言う大人にはなって欲しくありません。


宿題できない理由ば〜〜〜〜っかり言っても、
宿題は終わりません。


理由を考える暇があるなら、どうやったらできるか考えろ


って感じですが、本当に頭おかしいんとちゃう?
と辛口な小言になってしまいます。


信頼してチェックしなければ手を抜き、
手を抜いて何よりも大切な信頼を失っている事にすら気づかず、
口で説明してもたぶんまだ理解できず。


自分の事が大切で、自分が一番で、自分が良ければ良くて、
親がどんな思いで習い事の月謝を支払っているかを想像もできず・・・


親が死んで初めて親のありがたみがわかるのでしょうか。


親のために公立へ行こうと思って自学自習法を編み出した
下記の家庭教師さんのように、早く気付いてほしいと思います。




オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



posted by くもんママ at 23:07| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

育脳していますか?




うちの子はすでに8歳なので今さらなのですが・・・


0〜5歳までの子どもの教育って重要ですよね?
(特に脳の活性化とか・・・)


でも、0〜3歳児って赤ちゃんみたいなものだし、
その当時、どう教育すればいいかわからなかったです。


ちなみにうちの場合は4歳〜くもんに通わせましたが、
それまでの〜4歳までの期間がもったいなかったなぁ・・・


と今さらながら思います。


以前からあったのかわかりませんが、
こういうのも↓あるんですね〜







育脳のWEBスクールもあるようです。




最新の脳科学を取り入れた!くぼたのうけんWEBスクール 無料体験実施中!



自力ではどうすればいいかわからなかったので、
結構良さそうだなぁ・・・と思いました(^^)




posted by くもんママ at 22:36| Comment(0) | 育脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

職人育成〜日本人はすでに負けている


先日久しぶりに仕事で建築関係の会社さんへ行ってきたのですが、
今の建設業界の現状話が、日本の将来を先取りしているように
感じました。


現在建設関係の仕事は、関東ではいくらでもあり、
人手は足りず、特に現場を束ねられる40代がいなくて、
60代でも現役で飛び回っている状況です。


海外(東南アジア)からの人材も入ってきているようで、
溶接工についてはベトナムで研修をして職人育成もしているようです。


そして、そのベトナム人溶接工はちょっとすごいんです。


手先が器用というだけではなく、熱意・ハングリー精神がハンパない。


講習の時には必ず質問が出るし、講習後も講師を捕まえて離さない、
自主的に練習もし、土日も講師を捕まえにくる・・・


日本人の職人が10年かかって習得する技術をわずか1年で
習得するのだそうです。


職人なんて子どもにはならせないし!って思うかもしれませんが、
そういう事ではなく、このハングリー精神で何でもやられたら
何でも負けてしまいます。


すでに日本人は東南アジア諸国の人に負けているんです。


特に会社に雇われている人は危険で、
ある日、東南アジアの人たちに職を奪われてしまう
という事は十分にあり得ます。


じゃあどうすればいいのか?と言うと、


大人については、副業でいいので、自力で稼ぐスキルを身につける
(自宅にある不用品を売る〜で良いと思います)


子どもについては、自立させるようにする


ではないかと思います。


子どもと一緒にヤフオクで不用品を売るのも楽しいと思います♪


子どもを自立させるには、自分でさせてみる事が大事ではないかと
思います。


子ども一人で遠くに行かせてみるなど・・・


今は物騒な世の中だからと、何でも親が送迎したり、
登下校も見守り隊の方にお世話になったり、
子ども一人では行動させない傾向になっています。


確かにそうなのですが、いつでも大人に守ってもらった子供は
どんな大人になるのか・・・


親が見ててくれないからできない、一緒にやってくれないから、
誰かと一緒じゃないとできない、そんな大人になります。


日本人は子どもの頃から骨抜きにされています。
外国人も身近にいないのでまともにお付き合いできません。


人口がどんどん減っていき、弱い守られている日本の子どもたちは、
人口がどんどん増えている東南アジアの子どもたちに淘汰されるでしょう。


増税や社会保障の削減、そして徴兵制度?
予防接種や不要な薬で身体を弱らせられ、反撃もできません。


子どもが生き残っていける日本人になれるよう、
子どもを自立させましょう。


★自学自習は自立へのスタートです


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



posted by くもんママ at 00:03| Comment(1) | 会社が求める人材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする