2014年07月03日

チャレンジ3年生が届きました!



チャレンジ3年生が届きました!



まずはDVD から



DVD では、毎日コツコツやればサッカーもピアノもうまくいくよ〜
という感じで勉強の心構えから語っています。

これは絶対に一番に見ないとダメですね。

あと漢字や九九学習できる機械が良くできていて、
決まった時間にアラーム鳴らす以外にも、
しばらくやってなかったらメールが届いたり
するようです。

親に言われると嫌だけど、楽しい機械だったらいいんですね(^_^)

良くできているなぁと思います♪


posted by くもんママ at 20:45| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

こどもチャレンジ(3年生)を申し込みました


先日旅行に行った時に水族館でスタンプラリーがあり、
個人情報をベネッセに渡した事からDMが届き・・・
(この戦略うまいです。スタンプラリー終わってから、
 景品もらったらあかんとは言えないです)


DMを見るたびに子どもがやりたがるので、
こどもチャレンジをやってみる事にしました。


今すでに公文式をやっているし、毎日学校の宿題もあり
習い事(ピアノ)の練習もあり、平日かなり忙しいので、
これ以上勉強関係は増やしたくなかったのですが、
夏休み学童に行くとみんなやっているみたいで、
1年生の頃からずっとやりたがっていたんですよ。


それにして子供に「やりたい!」って思わせるベネッセのDMは
ハンパなくすごいです。


sDSC05687.jpg


本当に楽しく学習してくれたら親も文句なしですがはたして。


申し込みコースは「基礎コース」と「応用コース」があるのですが、
基礎的な事は公文でやっていると思うので、「応用コース」で
申し込んでみました。


ちなみに月謝は1か月4000円強ですが、半年払い、1年払いにすると
少し安くなるので、半年にしてみました。


支払方法は「クレジットカード」で。


DMに添付のハガキでは、なぜか「クレジットカード」という選択肢がなく、
電話で申し込みもうっとおしいのでWEB申し込みにしました。


また届きましたら体験談書いてみますね〜




posted by くもんママ at 23:49| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

やる気が出る方法を教えてください



やる気が出る方法を教えてください


と、大人の人が成功している人に聞くのだそうです。
私も恥ずかしながら聞いた事があります。


とにかく物事がうまく行く人、仕事をしっかりしている人といのは、
自分がやりたい、やりたくないではなく、
自分が嫌な事でも何でも「人が求めている事」
あっという間にしっかり形にしていくようです。


つい自己都合で、今日は疲れたからできない、
眠いからできない、わからないからできない、など
できない理由はたーーーーーっくさんあります。


あと、やる気がでないからとか(笑)


で、やる気を出す方法ですが・・・








やるからが出る

のだそうです。



まず動いてみるやってみる、宿題なら1枚でもいいからまずやる。


すると・・・?


気が出るのだそうです(笑)


ほんまですよ〜!
大人も子供も試してみてください。




★やる気がでるってことでしょ?


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

posted by くもんママ at 22:58| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

1つでも良くできる教科があれば自信につながる


うちの子は公文の国語・算数・英語をやっていますが、
英語は小さいうちから始めると進むのも早い事もあり、
3学年以上先の学習をしています。


英語めんどい〜って言いながらも、
今のF教材が終わればG(中学レベル)という事で、
「すごいね〜」と褒められる機会が多く、
照れながらも自信につながっているようです。


そういう意味では、やっている子が少ない英語は
狙い目の教科ではないかと思います。


国語・算数も学年よりは少し進んでいますが、
もっと進んでいるお友達もいますし、よっぽど良くできないと
目立てません。


英語を習っているお友達もいますが、
公文の英語をやっている子は少ないし、
他の英語教室の子とは比べられないのでいいかなと思います。


英語を習わせると言えば「英会話」だと思いますので余計です。


もっと英語教材が進んで、英検5級取れたら、
さらに自信につながると思います。


自分の武器を持っている子は強いと思いますので、
公文の英語、おすすめです。


★小学校高学年〜中学生の子が「これなら自分でできる」と思う自学自習法

オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




posted by くもんママ at 23:52| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

3学年先の学習を目指そう


公文式では半年に1回、学力進度を知らせてもらうのですが、
学年以上の学習(例えば小1の子が小2以上の教材を学習)していると
表彰状がもらえます。


そして、3学年以上先になると、その賞状に「3学年以上先」と
印字されます。


3学年でもそれ以上でも「3学年以上先」だと思います。
そしてそれが印字されている子は誇らしげです。


うちの子の場合は、英語だけ「3学年以上先」の学習をしています。


現在小3ですが、今のF教材が終わると、次の教材は中学生レベルのG教材
となり、英検などの受験も徐々に視野に入ってくるのかなと思います。


国語・算数は2学年先の学習をしているのですが、
少し先に進んでいると学校の宿題はラクラクです。(特に算数)


国語の宿題は漢字の書き取りなので手抜きできませんが、
算数の計算については早いようです。


3学年先の学習をしていると、さらに学校の授業や宿題が
楽になるんだろうなぁ・・・と思います。


毎日プリント5枚、本当に嫌々ですが続けているおかげで、
国語・算数・英語(は授業にありませんが)は少し余裕があります。


公文式は基本的には毎日の宿題がメインなので、
どちらかというと「家庭学習」なのですが、
公文に出てこないような問題は学校の宿題で出てきますし
学習塾行かなくても問題ないと思います。
※宿題で間違えれば学校で教えてもらえるので



★小学校高学年〜中学生の子が「自分でできる」自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




posted by くもんママ at 21:50| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

子どもに枠を決めない、大人も枠にハマらない


学習塾コンサルタントの方がブログ記事で、
今話題の?「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
にからめて良い塾の選び方について書かれていました。


ものすごく参考になったのでリンク貼らせていただきますね〜


学習塾の選び方 〜学年ビリのギャルが云々の書籍を参考に…〜





学年ビリのギャルが通っていた塾の勉強方法については
オーソドックスな学習法のようですが・・・


何より


子どもの可能性を信じてあげる、今までの枠をはずせる


というところが重要ではないかと思います。


本人が無理って思った事は実現できないと思いますし、
やる気・モチベーションも上がりません。


正直なところ受験勉強なんて誰でもやりたくありません。


でも、親が、塾の先生が、学校の先生が自分の事を信じてくれたなら、
やってみよう!って思うのではないでしょうか?


成績がずっと悪いからと言って、悪いなりに良い成績にしようという
塾が多いと思います。


塾の先生が「慶応なんて絶対無理!そこそこでいい・・・」と思っていたら、
それまでのような気もします。


もちろん良い結果を出すためには、塾だけではなく親の協力が必要不可欠です。


今までこれくらいだったら、ここまでなら行けるかも?


という、経験の枠ではなく、こうなりたい、という子どもの「希望」の枠に
寄り添っていければいいなぁ・・・と思いました。


親がこうだからこれくらい、なんて事もなく、
子どもの可能性は子ども自身が、親が思っている以上に大きいのです。


★子どもの自学自習サポートのために親ができることをしてあげたいなら・・・


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


posted by くもんママ at 12:08| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

甘いものが自立心を消失させる



子どもに勉強させようとしながら、
自立させたいと思いながら、子どもに甘いものを与えていませんか?



甘いものは百害あって一利なし、
砂糖は猛毒です。


白砂糖やアスパムテールは論外ですが、
はちみつ、黒砂糖、てんさい糖なども×です。


子どもの将来を心配して勉強・スポーツ・習い事もいいですが、
食生活など、子どもの体の健康を第一に考えたほうが
結果的に効率的なのではないかと感じています。


大人もそうですが、基本的に自分の健康には
お金をあまりかけないようにしている方が多いと思います。



健康じゃないと仕事ができない → 健康をなくすとお金もなくなるのに、
病気にならないとお金をかけないんです。



しかも病院に行って薬をもらって飲んでいる・・・
※薬も百害あって一利なしだと思っています



ブラックジョークみたいな世の中ですが、
子どもの将来を思うなら、今の食生活からちょっとづつでも
変えていった方が良いと思います。



健康がなくなると、何もできなくなります。








個人的にはこの本↑がおすすめです。



タイトルの



甘いものが自立心を消失させる



は、この本の文中の言葉です。


posted by くもんママ at 12:54| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

英語を使えるようになるのではなく、英語を使える人を雇えるようになる事が重要


英語教育の必要性はとても感じていて、
子どもに公文の英語をさせていますが・・・


経済的に不自由ない人に子供の英語教育について相談したところ、


英語がしゃべれる = 将来働ける = 安定


というのは間違いで、英語がしゃべれたらOKなら、
アメリカであんなにもフードスタンプ(生活保護)の人がいないはず・・・


英語を使えるようになるのではなく、
英語を使える人を雇えるようになる事が重要



と言われました。


英語を使えるようになっても、英語が使える奴隷になるだけなんですよね。
※ただし奴隷の選択肢が増えます


親の自分も奴隷生活のようなものなのに、
じゃあどうすれば・・・と思うのですが、
個人的にやっている事は、


経済的に不自由じゃない、なおかつ奴隷じゃない人に会う


という事でしょうか?


子連れOKだったら子供も連れて行きますよ〜。


ためになる話を聞くとかではなく、そういう人と一緒の空間にいるだけで
その人の考え方や行動に触れる事ができるからです。


普段の勉強については、自分からできるように持っていきたいと
思っています。


自分から・・・ってところがハードル高いですけど、
子どものお手本になる人がいれば、できるだけ会えるといいですね。


周りがそうだと、自分もそうなるような気がするからです。


★自分から勉強してもらいたいから・・・


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



posted by くもんママ at 14:46| Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

小学校低学年の子どもを歴女にする方法


昨日友人宅へ遊びに行ったのですが、
そこの家の小1男子も小3女子も歴史本(マンガ本ですが)好きだそうで、
熱心に読んでいました。


うちの子も本は好きなのですが、歴史本は全く興味なしなので、
歴史好きになるきっかけは何だったのか聞いてみました。


その答えは・・・


戦国かるただそうです。






かるたのイラストも結構カッコいいし、
好きな戦国武将の名前もどんどん覚えたそうですよ〜
(ちなみに人気は真田幸村だそう)


今どきの学習まんがは、絵も普通のマンガって感じできれいで
普通のマンガ本という感じで読んでいるそうです。










★自分から勉強してもらいたいから・・・


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


posted by くもんママ at 10:18| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

脱洗脳教育論―日本再生のカギはすべてここにある!!




子供達も私たちも学校で、社会で洗脳されています。


この本の教育論については???な所も多かったのですが・・・
脱洗脳は大事だと思います。


解決策で「学校での学習と同じくらい、家庭学習せよ」


と書かれていましたが、さすがに無理でしょ・・・


でもそれくらい時間と期間(小学校〜大学まで10年以上)をかけて
洗脳されているんですよね。


社会常識を疑いたい方には、スライヴという映画をおすすめします。
YouTubeで見れますよ♪







この動画の内容もすべて正しいわけではないと思うのですが、
視野が広がるので良いのではないかと思います。


今の学校教育バリバリで、自分の子供が従順な奴隷にしかなれないのは
ちょっと悲しいので、親である自分も少しでも奴隷から脱出できればなぁ
と思います。



posted by くもんママ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

学校とは●●を作る場所




学校とは●●を作る場所


の●●は何だと思いますか?


「天才」とかだと最高ですけど(笑)、
自分なりの今の答えは「奴隷」です。


はい、私もみっちり●●になるために洗脳されています(苦笑)


学校行って勉強ばっかりして、疑問を解決する力はつかず、
先生の言う事をしっかり聞き、規律を守り・・・


●●の枠から外れたら、変な人になってしまいます。


学校の先生も同じ●●です。
決められている事以外をしようとすると注意されるでしょう。


例えば学校でワクチンを打ちたくないと言ったとしたら、
下手すると親が虐待扱いされる可能性もあります。


ワクチンを打たせない親は児童虐待している、と万一言われて
児童相談所に通報されたら、子供に一生会えなくなります。
※ワクチンについては効果がないどころか超有害! ワクチンの罠
※児童相談所については児童相談所の怖い話をお読みください。


ワクチンでそんな事はないと思いますので極端な例ですが、
秘密保護法や憲法改正の動きなどもあり、
今は非常に怖い世の中だと感じています。


じゃあどうすれば子供にとっていいのか・・・


と自分なりに考えた答えは、


・国語力をつける
・読書好きにさせる ⇒ これは成功
・英語(特に英文を読む力)をつける ※海外サイトの情報を取れるように
・自立心を育てる(何でも人に聞かない、まず自分で考える習慣)



かなぁ・・・と思います。


今はインターネットでいろんな情報を調べる事ができます。


定番の世間一般の常識から外れた、
いわゆる「陰謀論」的な話も検索すればかなりいろいろ出てきます。


いろんな情報があるので、どの情報が正しいのか・・・
正直なところわかりにくいです。
自分もがっつり洗脳されていますから。


自分で調べてみる(できれば賛否両方の意見を調べる)、
正しいかどうか考えてみる、それができる力が身について欲しい
と思っています。


個人的には、この本がおすすめです。







いわゆる「トンデモ本」と言われている本ですが、
トンデモ=嘘 だとなぜ言えるのでしょうか?
いわゆる「常識」は今まですべて正しかったでしょうか?


嘘だと思う人は、その事についてどれだけの情報をもって
判断しているのでしょうか?
実は個人的主観ではないでしょうか?


学力についても、学力が高くて良い大学に行けば
人生安泰で裕福に幸せになれるのでしょうか?


もちろん勉強は大事だと思い、できるだけさせていますが、
子供を不幸にしたくないからさせているのです。


そのために親も無知ではいけません。
お互い子供のためにできる事を考えていきましょう。
posted by くもんママ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

中学(高校)〜子供の将来を決めてしまうのはどうなんだろう?もしうまくいかなかったら・・・


うちの子供はラグビーをやっているのですが、
地元の公立中学にはラグビー部がないので、
中学で本気でラグビーをやりたい子は、
私立中学受験をするようです。


近くにラグビー熱心な私立中学が何校かあるので、
その中から受験する事になりますが、
中学はラグビー推薦とかもちろんないので、
みんなと一緒に中学受験します。


4教科試験のある中学は学力的にハードルが高く、
4年生になったらすぐに塾通いを始めるそうです。


2教科試験(国語・算数)の中学は少しハードルが低く、
5年生からでもがんばれば間に合うかなぁ?という感じのようです。


やりたいスポーツを中学でするためには、学力が必要なんですね・・・


高校受験の場合は逆に選抜チームに選ばれると、
スポーツ推薦で成績が悪くても入れるようです。


ただ、中高一貫校で高校の募集人数が少ない学校については、
スポーツ推薦ももちろんなく、推薦(学力や英検などの資格など)を
狙うしかありませんが、ぐんとハードルが高くなります。


中学でも高校でも、ラグビーメインで学校を選んでしまうと、
もしうまくいかなかった時どうなんだろう・・・?と親としては思ってしまいます。


その話を聞いての個人的意見なのですが・・・


私自身、芸術系の高校に行きたかったのですが、
今将来を決めてしまうのは早いんとちゃう?
高校から大学に行くときに決めてもいいんとちゃう?
と両親に言われ、普通科の高校(進学校)に行きました。


そして、大学受験がせまってきて進路を考えた時、
やっぱり芸大に行きたかったのです。


高3になって先生に相談したら、
「遅すぎるよ!芸大行きたい子は高1から専門学校いって実技やっているんだよ。」
と言われました。


というわけで、高3の1年だけ専門学校に通い、
何とか芸術系の短大に行きました。
(ちなみに今はグラフィックデザイナーやっています)


ちなみに芸大受験には学力は不要でした(^^;)
一応国語・英語のペーパーテストありましたが、簡単でした。


芸術系高校に行ったらもっと良かったのか、
今とそんなに変わらない人生だったのかはわかりませんが、
興味ある事、やりたい事というのは意外と見つけられないものだと
思います。


私自身の体験からいくと、もしやりたい事があるなら、
その道にまず進んでみる事がベストな選択
だと思います。


私立だとお金が・・・とか経済的に無理な場合もあるかもしれませんが、
できる限りやりたい事ができるように進路を進めてあげて欲しいと
願っています。


そして、進みたい進路に行くには、中学受験のように
学力が必要な場合も出てきます。


もしうまくいかなかったから・・・って言っても、今はまだ中高生。
人生いくらでも選択肢があります。


もしその時が来た時、ラグビーの実力、学力、お金の問題が出てきますが、
もしうまくいかなかった時のリカバリーの意味も含めて、
せめて学力には困らない状態にできれば・・・と思います。


ちなみに、中学受験が4教科で、高校受験は推薦のみ(だと思う)学校の場合、
高校〜編入しようと思ったら、英検・漢検・数検の2つを3級以上、
学級委員や生徒会長をやった実績などが必要なようです。


ラグビーをさせたいために中学受験っていきなりハードル高いですよね(^^;)
公立中学でラグビー部がある地域は選択肢があって恵まれていますね。


うちの地域は中学はラグビー部がないので、地域の公立中学に進学した子たちは、
平日は学校の部活(運動部で土日に活動がないもの)+
土日は地域のラグビークラブに通っています。


これはこれでいいんですけど、公立中学に通う場合、
塾にも通っている子が多いと思います。
そこに平日練習のあるスクール(クラブ)の場合、


学校行って部活して?帰宅 → 宿題&塾 
→ 練習(あるサッカークラブの練習は19:00〜21:00)


という生活になるようです。
正直すっごく大変です・・・


私立中学は学費高いですけど、塾に行かせる必要がなく、
学校でみっちり勉強させてもらい、学校で部活できます。
宿題もあると思いますが、塾に行かない分楽です。


もちろん練習環境もいいですし、客観的に見て伸びやすい環境かなと思います。
公立は学費が安い分、親ががんばらないといけないです。


中学受験する場合も親ががんばらないとダメですが・・・(^^;)
親ががんばる時期が早い感じでしょうか。


まだうちは小学校低学年なのでまだまだ先の話だと思っていたのですが、
子供がもしラグビー部がある私立中学に行きたいと言ったら、
小4〜塾通い・勉強三昧の日々です。


意外とあっというまかもしれません・・・



★小学校高学年〜中学生の子が「これなら自分でできる」と思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


posted by くもんママ at 19:15| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

大阪府立高校の入学者選抜(入試)に英語の資格(外部検定)を活用することについて


先日学校(小学校から)、大阪府教育委員会からの

大阪府立高校の入学者選抜(入試)に英語の資格(外部検定)を活用することについて

というプリントをもらいました。


要約すると、平成29年度の入試(現小6の子の高校入試)から、
英語については英検の資格が英語の点数に反映できるとの事です。

資格によって、

TOEFL IBT
60点以上・・・100%
50〜59点・・・90%
40〜49点・・・80%


IELTS
6・・・100%
5.5・・・90%
5・・・80%


英検
準1級・・・100%
2級・・・80%


という感じになっていて、当日の英語の成績か、
上記資格に準じた点数配分か高い方が適用されます。


例えば、100点満点の試験の場合、
TOEFL IBT60点以上なら100点になります。
当日のテストが80点だったとしても100点ですね。


中三で英検2級も結構厳しいのではないかと思うのですが、
受験に反映されるとなるとちょっと本気で英語やらせようと思います。






中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

posted by くもんママ at 11:56| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

勉強は嫌いだけどお手伝いは好きです


くもん何とか続けていますが、毎日宿題させるのが
バトルになりませんか?


「やりなさいっ!」言ったらやりたくなくなるのはわかっているけど、
言わないと絶対にやらない〜〜〜


よくいい大学に入った人にインタビューすると、
「親に勉強しなさいって言われなかったけど自分でやった」
なんて回答が返ってくるそうなんですけど、
どうやったらそんな子になるの???


という話題を3年男の子パパ(美容師)さんと話していたのですが、
やっぱり言わないとやらないので無理やりやらせてるという話でした。


うちの場合、学童に行っているので、6時すぎに帰ってきて
そこ〜夕飯7:30くらいまでに宿題させていたのですが、
お腹がすいているのでイライラしているし、帰ってすぐは遊びたいし、
ご飯の後は眠くなってやらないし・・・と非常に悪循環だったんです・・・


そこでここ数日、家に帰ってから、
@晩御飯の手伝いをさせる(楽しそうな作業(切ったり)をさせる)
 その時にご飯の後すぐ宿題する事を約束させる
Aご飯を食べる
B宿題
という順番にしたら、お手伝いが増えているにもかかわらず、
わりとスムーズに宿題をしました。


ちなみにご褒美(テレビなど)が先で、宿題が後だと
見るのをやめて宿題したくないからさらにバトルになります(^^;)


お手伝いは褒めてあげやすいし、その後の宿題へのやる気にも
つながるような気がします。



★小学校高学年〜中学生の子が「これなら自分でできる」と思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



posted by くもんママ at 20:15| Comment(0) | 日々の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

小学4年になったら公文を辞めさせて塾に入れるべきか、そのままくもんを続けるべきか



うちの子は今小学2年ですが、近所のお友達(同じ年)の子のママは、
4年になったら塾に入れる事を考えているそうです。


私立中学受験を考えるなら4年〜塾必須のようですが、
受験させないならどうなんでしょう?
結局のところ、各家庭の親の方針ですよね〜


うちの場合はですが、塾に入れることは考えていません。
なぜかというと、


勉強はほどほどでいい


と思っているからです・・・


その代わりに、公文は修了まで続けさせるつもりです。


公文は単純計算や書き取りなどで力がつかないと思っている方が多いようですが、
高校教材修了までやらせてみて感じている、言っている言葉でしょうか?


たぶんですが、小学4年までやらせて塾に行かせている子の体験談ではないでしょうか?


実際に修了まではまだまだ先なので、本当にいいのか体験談は語れませんが、
どの教材でも最後までやって身につく力があると思うのです。


「続ける力」、「解らない問題に立ち向かう力」など・・・


でも、学校の勉強わからないとついていけないし・・・とも思うのですが、
そこは家庭学習で何とかしようと思っています。


こういうマニュアルを利用しようと思っているので、塾や家庭教師は選択範囲外です。
オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


子どもの成績は塾や家庭教師が伸ばすものではなく、
あくまで家庭学習が基本であり、塾や家庭教師は
そのサポート的な役割
だと思うのです。


わからない所を自分で教える事はできませんが、
塾ではなく学校の先生に教えてもらえば良いのではないかと思っています。


それも、勉強はほどほどでいいと思っているからできる事かなと思います。


なぜなら目指すところが、
「勉強できていい(日本の)大学に入る → 日本の企業へ」
ではなく、



将来食べるのに困らないように

どこででも働けるように、稼げるように



が目標だからです。


だから、英語ができる方が国際的に選択肢が増えるかな?と思い、
公文の英語をさせたりもしています。


なぜ英会話ではなく公文の英語なのかというと、


英語をしゃべれる人は世界中にたくさんいるので会話だけではダメかも・・・
どちらかというと文章の読み書きの方が役立つのではないか?


と思うからです。


塾ではなく家庭学習で、というのも、家庭学習できる子は自立できると思うからです。


ただ、こういう考えの人は周りにあまりいないので、
密かに同じように思う人が、家庭学習に力を入れる人が増えて欲しい
と願っています。



★子供の将来を考えるからこその家庭学習キット


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」




posted by くもんママ at 20:24| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

英語がしゃべれる人が仕事できるわけではない


今年のGWに海外旅行(セブ)に行った時に、
日本の家電製品や車が韓国製に負けている現実を見たり、
就職先が少ないゆえキビキビ働くフィリピン人(英語ペラペラ)に接し、



英語は必要でしょ!



と思ったのですが、じゃあどう教育していけばいいのかと考えると、


・インターナショナルスクールに入れる(海外の)
・そのために親子移住!?
・夏休みだけ語学留学
・オンライン英会話教室で英語に慣れる



などなど、お金のかかり具合が大〜小までいろいろあるし、
海外移住した場合、日本語教育への不安もありますし、
何となく正解がわからずどうしたものかなぁ・・・
と思っていました。


そういう事を信頼している方に相談してみたところ・・・


・英語はできるに越したことはないけど必須ではない
・英語ができるとお金持ちになれるなら、アメリカ人はみんなお金持ち。
 でも実際は20%?がフードスタンプ(生活保護のような感じ)
・英語ができるよりも、英語ができる人を雇う事ができるように
 なる方が大事。



というわけで、英語教育よりもお金を稼ぐ教育の方が大切かもしれません。


そんな事は学校で教えてくれないし、親が稼いでいないと
子供に教える事もできませんね(汗)


日本の学校教育というのは、会社が使いやすい人材(奴隷)を
作るための教育だと思いますので、そういう意味では、
子供の頃からアメリカの学校に行って、リーダー教育を受ける方が
視野が広がる気もします。


で、自分なりにベターだと思う子供の英語教育については、
今のところ「公文式の英語」がベターだと思っています。


くもんの英語は読み書きが多く国語みたいな感じで、
英検向けの教材です。


英語がしゃべれるのもいいのですが、
インターネットで英語の情報も取ってこれる、内容が理解できる、
これだけでも随分差が出ると思うのです。


日本に住んでいる以上、どうしても英語教育は後手になりますが・・・
ちょっとづつでも英語は続けさせます。




★自立した子供が自立した社会人になるから・・・


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」


posted by くもんママ at 22:11| Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

英語不要論者こそ「売国奴」だ 英語とITは子供の将来に必要不可欠


東洋経済オンラインに

英語不要論者こそ「売国奴」だ 英語とITは子供の将来に必要不可欠

という記事があるのですが、ご覧になりましたか?

英語学習の前に国語をやるべきだ

という論調をバッサリ切り捨てている記事なのですが、
なるほど・・・と、英語学習させつつモヤモヤしていた部分が
少しスッキリしました。

特になるほどな〜と思ったのが、

「言語とはアプリのようなもの」

という部分。


アプリが入っていれば使えるけど、入っていないと使えない。
アプリを入れるのは早い方がいい。
あとから入れるとハード(脳)が固まってしまいうまく作動しない。


という事のようです。


英語学習というのは、単語を覚えるにしてもコツコツ地道な学習が必要ですので、
早くから少しずつでもいいから学習しておくべきだと感じています。


週1英会話教室や、学校の授業でたまに・・・くらいじゃダメです。
毎日学習がポイントだと思います。


できれば英語の授業を受けられる環境がベターだと思うのですが・・・
(インターとか、海外母子移住とか)


そこまでは無理でも、いろんな英語教材がありますし
少しづつでも学習続けていったら、やった分は子供の財産になると思います。


うちは公文の英語だけ毎日やっていますが、
できれば英会話も・・・とも思いますので、
こういう↓ゲームも取り入れていきたいと思っています。


学研 えいご三昧DS
学研 えいご三昧DS [Video Game]






posted by くもんママ at 21:37| Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文では、百マス計算では、考える力がつかない?



ひたすら単純作業の計算というイメージが強い公文式。


計算や漢字の書き取りだけでは考える力がつかない


という事で、お子さんを塾に行かせているご家庭が
多いと思います。


もちろん塾もいいですし、考える力をつける教材もすごく良いと思います。
どんぐりとか良さそうですよね)


でも、考える力というのは、学習の基礎がしっかりできているから
考える余裕が生まれ、考える力もついてくるのではないかと思っています。


単純計算に手間取る子が、難しい問題の解き方を考えられるでしょうか?
漢字やいろんな言葉や言い回しを知っているからこそ、
豊かな表現につながる部分もあるのではないでしょうか?


確かに単純な問題だけでは受験には役立たないでしょうし、
(※中学受験の場合は。高校は公文だけでも大丈夫とのこと)
何度も同じ問題を解くので覚えてしまっていたり、
わけわからないまま教材が進む場合もあります。


公文や百マス計算で考える力はつかないかもしれませんが、
考えるための基礎体力はつくと思います。


筋トレしている子と、筋トレしていない子とでは、
長い目で見ると結果が変わってくると思うのです。


公文に限らず何でもいいのですが、
毎日コツコツ家庭学習こそ一番大切だと思います。



★小学校高学年〜中学生の子が「これなら自分でできる」と思う自学自習法


オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村





posted by くもんママ at 21:16| Comment(0) | くもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

憧れの1年数百円の英語学習



東洋経済オンラインの、

英語不要論者こそ「売国奴」だ 英語とITは子供の将来に必要不可欠

の記事の中で、海外で学んだ中学生の女の子の事が出てくるのですが、
その子がアメリカで使っていたのが、Raz-kids.comというサイト。

絵本のリーディングサイトだそうで、
大人数で使うほど安く使える英語絵本サイトなんですよ。



Raz-kids.com


1人で登録しても1年間で8,000円程度。(1ドル100円として)
人数が9人まで同じ価格だったと思います。
(大人数が別形態の料金ですが安い!!!!)

20人くらい集まれば1年数百円で学習できるなんて・・・
Raz-kids仲間が欲しい今日この頃です(^^;)




1年数百円はさすがに破格すぎですが、英会話も・・・と考え
いわゆる街の英会話教室よりもう少し安く子供も(できれば大人も一緒に)
英語学習できないものか?と思ってちょっと探してみたら、
良さそうなオンライン英会話教室を見つけました。


親子で(兄弟で)英会話を習いたい場合

子供英会話のリップルキッズパーク



こちらの良い点は、レッスンを週1〜5で選べて、
何人で受講してもOKなところ。
しかもこども専門!


例えば週3のコースにして、
月曜・・・兄  水曜・・・弟  金曜・・・母
という感じの受講もOK.


こうすると週1で3人受講することになりますが、
料金は月5,900円(1人2,000円弱)


自分も英語学習したい!兄弟で!という場合に
お財布にやさしくて良いと思います♪


リピート率が良いという点も実績を感じられます。





子供英会話のリップルキッズパーク





あと、子供だけ英会話を習わせたい場合
こちらが良さそうです。





KidsStarEnglish



月3,980円は結構いいお値段かなぁと思ったのですが、
チケット制もあるので、1レッスン400円ほどで受講できます。


あと、講師の方がフィリピン人っていうのもいいですね!


フィリピン人って大丈夫!?って思われるかもしれませんが、
実はフィリピンは非ネイティブスピーカーの国で英語力世界一
なんです。


実際GWにフィリピン(セブ)に行きましたが、
フィリピン人の英語は発音がとてもきれいでわかりやすいです。


それに親切な人が多く(特に子供にやさしいです)、
わからない場合ゆっくり言ってくれたり、言い回しを簡単な言葉にしてくれたり
初心者向けだと感じました。


英語留学がベターでしょうが、日常から英語に親しむのなら
まずはオンラインで十分ではないかと思います(^^)



posted by くもんママ at 23:55| Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文の英語推薦図書ってあるんですね!?


基本的に公文式の英語は、国語と算数と同じくプリントの学習で、
(初めの方の教材は本ですが)


「この本を読むといいですよ」


というような、国語で言うところの「くもんのすいせん図書」は
英語では特に指示されません。


英語の国語と同じような問題なので読むといいのでしょうが、
プリントを解くだけでも25分はかかるそうで(中1レベルだと)
英語本を読むまではなかなか手がまわらない・・・
という状況になるので、本まで指示されないのかなと思います。


ちなみに公文式の英語は、英会話ではなく英検用なんですけど、
受けた子の7〜8割(だったと思う)が合格するほどの
合格率だそうです。


いずれは英語の本も楽しめるようになって欲しい・・・


という密かに願っていますが、力がついてきたら
英語の推薦図書をそっと用意してあげたいと思っています。


ちなみに英語の推薦図書については、公文海外版のサイト
見る事ができます。


うちの子が今やっているE教材で見てみると・・・


Ramona Forever
Ramona Forever [ペーパーバック]



う〜ん・・・難しそうなので日本の教材とは連動していないかな?
でも、一番低いレベルから順番に選んでいけるのでいい感じです♪




posted by くもんママ at 21:08| Comment(0) | くもんの推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする